技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

マレイン酸変性による樹脂複合材料の界面密着性向上

マレイン酸変性による樹脂複合材料の界面密着性向上

~グラフト量、分子量、融点の調製 / 密着性、分散性向上へ向けて / 共重合樹脂、GFRP、バイオコンポジットなどを例に、変性条件を解説~
東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、マレイン酸変性のメカニズムから変性条件、その効果を詳解いたします。
また、分子量/グラフト量バランス、ベース樹脂の違いによる、複合材料の物性への影響について解説いたします。

開催日

  • 2023年12月12日(火) 10時30分 16時15分

修得知識

  • 無水マレイン酸変性PPの相溶化剤としての機能
  • セルロース/PP複合化に関する研究
  • 酸変性樹脂相容化剤の役割
  • バイオコンポジット (セルロース系フィラー充填プラスチック複合材料) の界面とフィラー分散性の評価法
  • 酸変性樹脂の役割と研究法
  • フィラーと酸変性樹脂の結合の検出 (分子レベル)
  • 複合材中でのフィラーの分散性の簡便な定量評価

プログラム

第1部 ポリプロピレン系複合材料における無水マレイン酸変性PPの機能と役割

(2023年12月12日 10:30〜12:00)

 ポリプロピレン(PP)系複合材料設計において「相溶化剤」は必須添加剤であり、一般に無水マレイン酸変性PP(MAPP)が使用されている。MAPPは“たかが“添加剤ではあるが、分子量/グラフト量バランス、ベース樹脂等の違いにより、複合材料の機械的物性に大きな影響を与える。昨今、活発に研究開発が進められているセルロースナノファイバー(CNF)やミクロフィブリル化セルロース(MFC)とPPの複合化においてもCNF、MFCの分散性向上や界面結合形成等の重要な役割を担っている。
 本講演では、無水マレイン酸変性PPの相溶化剤としての機能について、また、当研究室で行っているセルロース/PP複合化に関する研究内容について紹介する。

  1. 無水マレイン酸変性PP (MAPP)
    1. グラフト反応メカニズムとその構造
    2. 分子量/グラフト量バランス
  2. MAPPの添加効果
    1. ガラス繊維強化ポリプロピレン (GFRPP)
    2. ウッドプラスチック (WPC)
    3. 各種フィラーとの複合材料
  3. セルロース/PP複合材料の開発
    1. 研究の背景 (バイオエコノミー,海洋プラスチック問題)
    2. セルロース/PP複合化の課題と解決へのアプローチ
    • 質疑応答

第2部 フィラー充填プラスチックにおけるマレイン酸変性樹脂の役割解明のための実験的アプローチ

(2023年12月12日 13:00〜14:30)

 フィラー充填プラスチックの相容化剤として用いられる酸変性樹脂は、効いて当たり前と捉える向きも多い。しかし、確かな実験事実を得るには困難が伴う。最近演者らは、酸変性樹脂とセルロース系フィラーの結合を分光学的に解明し、フィラーへの酸変性樹脂の濡れ性の評価とその物性への影響を明らかにしており、ごく最近は複合材中でのフィラーの分散性の簡便な定量評価法を提案している。
 本セミナーでは、これらの分子レベル〜nmレベル〜μmレベルに至るスケールで、相容化剤の働きをなるべく定量的に解明しようとしている最近の演者らの研究例をご紹介する。

  1. 酸変性樹脂の役割と研究法
    1. 酸変性樹脂の役割はわかりきったことなのか?
    2. 酸変性樹脂のはたらき;どう効いているか?
    3. セルロース系フィラーと酸変性樹脂は共有結合しているのか?
    4. そもそも酸変性樹脂の挙動は簡単に分析できるのか?
    5. 一般的な研究例と最近の意欲的な取り組み
  2. フィラーと酸変性樹脂の結合の検出 (分子レベル)
    1. 相互作用サイトの濃縮 (酵素分解、溶媒抽出)
    2. 分光測定に必要な前処理
    3. 分光測定のデータ紹介
      • FT-IR
      • NMR (特に膨潤体NMR法)
  3. フィラー表面への酸変性樹脂の濡れ性評価 (nmレベル)
    1. 示差走査熱量計による簡便法:昇降温測定
    2. モルホロジー観察 (走査型電子顕微鏡、蛍光顕微鏡)
    3. フィラー共存下での酸変性樹脂の結晶化挙動の解析
    4. フィラー表面への酸変性樹脂の濡れ性と力学物性・破壊挙動の対応
  4. 複合材中でのフィラーの分散性の簡便な定量評価 (μmレベル)
    1. 試料の前処理
    2. フィラー分散性のパターン分類 (ポワソン型/集中型/規則型)
    3. 実際の観察とデータ整理
    4. フィラー分散性と力学物性の対応
  5. 酸変性樹脂研究の新たな展開:リサイクルに向けた取り組み
    • 質疑応答

第3部 両末端マレイン酸変性PPを用いた共重合樹脂の合成と各種アクリル酸類を用いた新規変性PPの開発

(2023年12月12日 14:45〜16:15)

 ポリオレフィンの精密熱分解により得られる二重結合含有ポリオレフィンの解説を行い、その機能化についてまとめる。特に本講演ではマレイン酸変性PPを用いた共重合樹脂の合成とその特性について概説する。さらに当社で開発が進められている各種アクリル酸類を用いた新規変性PPの合成とその特性について触れる。

  1. ポリオレフィン (PO) の精密熱分解
    1. POの精密熱分解について
    2. ポリプロピレン (PP) の精密熱分解とその生成物
    3. その他のPOの精密熱分解とその生成物
  2. 二重結合含有POの機能化
    1. 二重結合の官能基化
    2. 官能基化POを用いた共重合樹脂の合成とその特性
    3. マレイン酸変性PPを用いた共重合樹脂の合成とその特性
    4. マレイン酸と各種アクリル酸類を導入するための新しい方法
    • 質疑応答

講師

  • 青木 憲治
    静岡大学 グローバル共創科学部
    准教授
  • 寺本 好邦
    京都大学 農学研究科 森林科学専攻
    准教授 博士
  • 佐々木 大輔
    株式会社 三栄興業 柏テクニカルセンター
    センター長

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 50,000円(税別) / 55,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 60,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方
  • 支払名義が企業の場合は対象外とさせていただきます。
  • 企業に属し、大学、公的機関に派遣または出向されている方は対象外とさせていただきます。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/2/26 樹脂・ゴム材料中におけるブリードアウト&ブルーム現象の発生メカニズムの解明と防止・対策技術 オンライン
2024/2/26 高分子材料の物性分析、分子構造解析技術の基礎と材料開発、物性改善への応用 オンライン
2024/2/26 熱伝導性フィラーを用いたポリマー系コンポジットの設計・開発ノウハウ オンライン
2024/2/26 CFRPリサイクルとLCA オンライン
2024/2/27 プラスチック/フィルムにおける応力・ひずみ発生のメカニズムとその評価、応用 オンライン
2024/2/28 半導体製造用ナノインプリント技術の開発状況と課題、対策 オンライン
2024/2/28 高分子材料 (樹脂・ゴム材料) 中におけるブリードアウト & ブルーム現象の発生メカニズムの解明と防止・対策技術 オンライン
2024/2/28 フィラーの最密充填と表面処理技術 オンライン
2024/2/28 ポリマーアロイにおける相溶性の基礎と構造・物性制御 オンライン
2024/2/28 樹脂の硬化反応におけるレオロジー解析 オンライン
2024/2/28 流動場での、高分子の結晶化挙動の基礎と成形プロセス中の結晶化解析事例 オンライン
2024/2/28 再生医療のための機能性高分子バイオマテリアルの基礎と最新動向 オンライン
2024/2/28 プラスチックリサイクル技術の現状・課題・最新動向 オンライン
2024/2/29 高分子・複合材料の熱膨張メカニズムと低膨張化 オンライン
2024/2/29 高分子成形加工を理解するための高分子レオロジー入門 オンライン
2024/3/1 架橋技術 オンライン
2024/3/5 粘弾性挙動によるプラスチック成形品の残留応力の発生と解放のメカニズム オンライン
2024/3/6 イオン交換樹脂を使いこなすための必須知識と応用のポイント オンライン
2024/3/6 高分子材料のレオロジー (粘弾性) の基礎と動的粘弾性測定 オンライン
2024/3/8 機械学習による高分子の劣化診断、予測技術 オンライン

関連する出版物