技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

GFRP & CFRPのリサイクル技術の動向・課題と回収材の用途開発

GFRP & CFRPのリサイクル技術の動向・課題と回収材の用途開発

~Trends and issues in GFRP & CFRP recycling technology and development of applications for recovered materials~
GFRP & CFRPのリサイクル技術の動向・課題と回収材の用途開発の画像

ご案内

 熱硬化性樹脂複合材料の代表的な製品としては、不飽和ポリエステル樹脂/ガラス繊維複合材料 (GFRP:Glass Fiber Reinforced Plastics) 、エポキシ樹脂/炭素繊維複合材料 (CFRP:Carbon Fiber Reinforced Plastics) が挙げられる。GFRPは1940年代には主に輸送機器用途に開発され、小型船舶の船体、自動車本体及び部品、小型飛行機の機体などに使用され始めた。日本へは終戦後に初めてその技術が導入されたが、1960年代には、漁船、浄化槽、浴槽、パネルタンクなどが開発され、1970年代に急速に需要を伸ばした。その後も需要は拡大し続け、特に最近では中国を中心とするアジアでの伸びが大きい。
 一方、CFRPは非常に高価であったため、1970年代には釣り竿、ゴルフクラブ、テニスラケット、バドミントンラケット、卓球ラケット、スキー、自転車などのスポーツ・レジャー用品などにしか使用されなかった。しかし、2000年に入ると価格もだいぶ下がり、航空機の胴体や主翼などの一次構造材に使用されるようになってきた。また、高級乗用車、電気自動車の主要部品などにも使用されている。2020年以降は大幅に需要が拡大すると期待されている電気自動車の車体、洋上風力発電機のブレード、燃料電池自動車の水素タンクなどへの利用が広がり、CFRPの需要も急速に伸びると予想されている。
 これらのFRP製品はその特長である高強度、耐熱性、難燃性、耐薬品性などが原因となって、リサイクルを困難にしている。しかしながら、生産量が増えるに従い、廃棄物処理も大きな問題となってきた。1970年代から数々のリサイクル技術が検討されてきたが、2010年までに実用化されたのは、セメントの原燃料化技術だけである。2010年以降はFRPのリサイクル技術に関わる研究開発者の数も増え、少しずつ実用化され始めた。2015年以降は特に回収炭素繊維の再利用技術の開発が進み、自動車部品、ノートPCの筐体、建材、ベンチ、スポーツ用品、航空機部品、自転車部品、鉄道車両部品などへ利用が検討され、その一部は実用化された。
 本書では、国内外で試みられてきた一連のFRPリサイクル技術を紹介する。本書では分かりやすくするために、通常、マテリアルリサイクル、ケミカルリサイクル、サーマルリサイクルと大別されるリサイクル技術を、さらに細かく、マテリアルリサイクル、熱分解法、超臨界流体法、加溶媒分解法、その他の回収技術、易分解性樹脂、再利用技術に分類し、年代順に紹介する。最後の結言で、それぞれのリサイクル技術を実用化した企業をまとめた。

目次

第1章 緒言

  • (1) 複合材料の定義と分類
  • (2) 米国の各種FRPの市場
  • (3) バサルト繊維 3) , 4)
  • (4) プラスチックリサイクル技術の分類

第2章 GFRPリサイクル技術の動向

  • (1) GFRPの歴史
  • (2) 国内のGFRP出荷量と用途
  • (3) 欧州のGFRP生産量
  • (4) GFRPの廃棄物処理
  • 1. 国内のGFRPリサイクル技術
    • 1.1 マテリアルリサイクル
      • (1) アサオカ 株式会社 と群馬工業高等専門学校
      • (2) いすゞ自動車 株式会社
      • (3) 石川島播磨重工業 株式会社
      • (4) 株式会社 名機製作所
      • (5) 宇部日東化成 株式会社
      • (6) 広島大学,㈲徳毛レジン,広島県工業研究センター
      • (7) シャープ 株式会社
    • 1.2 熱分解法
      • (1) 工業技術院北海道工業開発試験所
      • (2) 三菱重工業 株式会社
      • (3) 株式会社 東芝
      • (4) ㈶日本化学繊維検査協会
      • (5) 日本電気 株式会社
      • (6) 静岡県立大学,日清オイリオグループ 株式会社 ,神奈川県産業技術センター
      • (7) 水産総合研究センター,九州大学,福岡県リサイクル総合研究センター,大分県産業科学技術センター
      • (8) 工業技術院四国工業技術試験所, 高知県工業技術センター
      • (9) 信州大学
    • 1.3 超臨界流体法
      • (1) 株式会社 神戸製鋼所
      • (2) 工業技術院物質工学工業技術研究所,熊本県工業技術センター
      • (3) 工学院大学
      • (4) 静岡大学
      • (5) 大阪府立大学,松下電工 株式会社
      • (6) 山口県産業技術センター,山口大学
    • 1.4 加溶媒分解法
      • (1) 松下電器産業 株式会社
      • (2) 三菱電機 株式会社
      • (3) 和歌山県工業技術センター
      • (4) アースリサイクル 株式会社
      • (5) 千葉大学,産業技術総合研究所,中国工業 株式会社
      • (6) 日立化成 株式会社
    • 1.5 その他の回収技術
      • (1) 崇城大学
      • (2) 信州大学
    • 1.6 再利用技術
      • (1) 株式会社 クボタ
      • (2) ㈳強化プラスチック協会, 株式会社 富士田 商事
      • (3) 大日本インキ化学工業 株式会社
      • (4) 田村石材 株式会社
      • (5) 和歌山県工業技術センター, 株式会社 京屋,福岡県工業技術センター
      • (6) 日立化成 株式会社
      • (7) 株式会社 国土社
      • (8) 宮崎大学
      • (9) 大阪大学, 株式会社 INAX,ニチアス 株式会社
  • 2. 海外のGFRPリサイクル技術
    • 2.1 GFリサイクル
      • (1) PPG Industries Ohio, Inc. (US)
      • (2) Vetrotex France S.A. (FR)
      • (3) Solvay S.A. (BE)
      • (4) Johns Manville (US)
      • (5) Befesa Medio Ambiente (Befesa 環境) (ES)
    • 2.2 マテリアルリサイクル
      • (1) ECO Wolf Inc. (US)
      • (2) ERCOM Composite Recycling GmbH (EU)
      • (3) Fibron GmbH (DE)
      • (4) Phoenix Fibreglass Inc. (CA)
      • (5) R. J. Marshall Company (US)
      • (6) New York State College of Ceramics (US)
      • (7) Centre des Mate´riaux de Grande Diffusion (Large Diffusion Materials Center) (FR)
      • (8) The Composites Innovation Centre Manitoba Inc. (CA)
      • (9) Astoria Industries of Iowa, Inc. (US)
      • (10) University of Bristol (GB)
      • (11) The University of Manchester (GB) , Pforzheim University (DE)
      • (12) GEES RECYCLING S.r.l. (IT)
    • 2.3 熱分解法
      • (1) Richard A. Wallace (個人) (US)
      • (2) The Budd Company (US)
      • (3) Stevens Institute of Technology (US)
      • (4) S-P Reclamation, Inc. (US)
      • (5) University of Nottingham (GB)
      • (6) The University of Leeds (GB)
      • (7) ReFiber ApS (DK)
      • (8) REFORM (EU)
      • (9) ACMA,IACMI,CHZ Technologies, LLC (US)
      • (10) University of Strathclyde (GB)
      • (11) KOREC S.R.L. (IT) -CO2 雰囲気
      • (12) Jean J. O. Gravel (個人) (CA)
      • (13) Celanese Mexicana S.A. (MX)
    • 2.4 超臨界流体法
      • (1) Modar Inc. (US)
      • (2) Nantes Thermokinetics Laboratory (FR)
      • (3) Aalborg University (DK)
    • 2.5 加溶媒分解法
      • (1) Ashland Oil, Inc. (US)
      • (2) DSM Research (NL)
      • (3) University of Connecticut (US)
      • (4) Siemens AG (DE)
      • (5) International Business Machines Corporation (US)
      • (6) Hongik University (KR)
      • (7) Chinese Academy of Sciences (CN)
      • (8) Technical University of Denmark (DK)
      • (9) University of Southern Denmark (DK)
    • 2.6 その他の回収技術
      • (1) Novacor Chemicals SA (CH)
      • (2) The University of Borås (SE)
      • (3) Commissariat à l’énergie atomique et aux énergies alternatives (CEA) (FR)
    • 2.7 易分解性樹脂
      • (1) University of Southern California (US) , Adesso Advanced Materials Inc. (CN)
      • (2) Aditya Birla Chemicals (TH)
    • 2.8 再利用技術
      • (1) European Composites Recycling Services Company (EU)
      • (2) Ryds Battindustri AB (SE)
      • (3) Hambleside Danelaw Ltd. (GB)
      • (4) Conenor Ltd. (FI) , Tecnalia Corp. (ES)
      • (5) Conenor Ltd (FI)
      • (6) Flexipol (NL)
      • (7) Global Fiberglass Solutions Inc. (US)
      • (8) General Electric Company (US) , Global Fiberglass Solutions Inc. (US)
      • (9) Loughborough University (GB)
      • (10) Università Politecnica delle Marche (IT)
      • (11) Technical University of Lisbon (PT)
      • (12) National Center for Metallurgical Research (ES)
      • (13) Europian Composites Industry Association (EU)
      • (14) Fiberline Composites A/S (DK)
      • (15) Mixt Composites Recyclables SASU (FR)
      • (16) Reprocover (BE)
      • (17) TECNALIA Research & Innovation (ES)
      • (18) Janicki Industries, Inc. (US) , Global Fiberglass Solutions, Inc. (US)
      • (19) Global Fiberglass Solutions Inc., Washington State University (US)
      • (20) Washington State University (US)
      • (21) Hebei University of Science & Technology (CN)
      • (22) Extreme Eco Solutions (NL)

第3章 CFRPリサイクル技術の動向

  • (1) 炭素繊維強化プラスチック (CFRP) の出荷量
  • (2) CFRPの用途
  • (3) Boeing787に使われている材料
  • (4) PAN (PolyAcryloNitrile) 系CFの製造法
  • (5) CF製造時のエネルギーとCO2排出量
  • (6) CF廃材の種類
  • (7) CFRP廃材のリサイクルに適用可能な技術
  • (8) 各種CFRPリサイクルの比較
  • 1. 国内のCFRPリサイクル技術
    • 1.1 マテリアルリサイクル
      • (1) ACA 株式会社
    • 1.2 熱分解法
      • (1) 炭素繊維協会
      • (2) 東レ 株式会社
      • (3) 三菱レイヨン 株式会社
      • (4) 三菱ケミカル 株式会社
      • (5) 高安 株式会社
      • (6) カーボンファイバーリサイクル工業 株式会社
      • (7) 株式会社 リーテム,富士加飾 株式会社
      • (8) ㈶ファインセラミックスセンター
    • 1.3 超臨界流体法
      • (1) 静岡大学
      • (2) 熊本大学
    • 1.4 加溶媒分解法
      • (1) 東京工業大学
      • (2) 大阪府立大学
      • (3) 産業技術総合研究所,東邦テナックス 株式会社
      • (4) アースリサイクル 株式会社
      • (5) 日立化成 株式会社
    • 1.5 その他の回収技術
      • (1) 八戸工業高等専門学校
      • (2) 成蹊大学
      • (3) 信州大学
      • (4) 埼玉県産業技術総合センター
      • (5) 株式会社 ミライ化成
    • 1.6 易分解性樹脂
      • (1) 物質・材料研究機構,新構造材料技術研究組合
    • 1.7 再利用技術
      • (1) 愛媛大学,東レ 株式会社
      • (2) 宇宙航空研究開発機構
      • (3) 阿波製紙 株式会社
      • (4) 三菱重工業 株式会社
  • 2. 海外のCFRPリサイクル技術
    • 2.1 CFリサイクル
      • (1) HADEG Recycling GmbH (DE)
      • (2) Procotex Corp. SA (BE)
      • (3) Sigmatex Ltd. (GB)
      • (4) Hexcel Reinforcements UK Ltd. (GB)
      • (5) Carbon Fiber Remanufacturing LLC (US)
    • 2.2 マテリアルリサイクル
      • (1) Fiberline Composites A/S (DK)
      • (2) Airbus SE (FR)
      • (3) ROTH International GmbH (DE)
    • 2.3 熱分解法
      • (1) Karborek Recycling Carbon Fibers (IT) ,Italian National Agency for new Technologies Energy and the Environment (IT)
      • (2) ELG Carbon Fibre Ltd. (GB)
      • (3) Carbon Conversions Inc. (US)
      • (4) REFORM (EU)
      • (5) Aachen University (DE)
      • (6) University of Concepción (CL)
      • (7) Alpha Recyclage Composites (FR) , Toulouse University (FR)
    • 2.4 超臨界流体法
      • (1) The University of Nottingham (GB)
      • (2) Harbin Institute of Technology (CN)
      • (3) Vartega Inc. (US)
      • (4) Cranfield University (GB)
      • (5) Washington State University (US)
      • (6) Korea Institute of Science & Technology (KR)
    • 2.5 加溶媒分解法
      • (1) Adherent Technologies, Inc. (US)
      • (2) Advanced Plastics Technologies, Ltd. (GB)
      • (3) Siemens AG (DE)
      • (4) Ningbo Institute of Materials Technology & Engineering (CN)
      • (5) University of Chinese Academy of Sciences (CN)
      • (6) The Boeing Company (US)
      • (7) Shocker Composites LLC (US)
      • (8) Indian Institute of Technology Madras (IN)
      • (9) Global Fiberglass Solutions Inc. (US) , Washington State University (US)
      • (10) Nuremberg Institute of Technology (DE)
      • (11) CatackH, Co., Ltd. (KR)
      • (12) Korea Institute of Science & Technology (KR)
    • 2.6 その他の回収技術
      • (1) Vetrotex France SA (FR)
      • (2) DaimlerChrysler AG (DE)
      • (3) Shenzhen University. (CN)
      • (4) Shenzhen University (CN) , University of Manchester (GB)
      • (5) Kunming University of Science and Technology (CN)
      • (6) The Fraunhofer Institute for Chemical Technology ICT (DE)
    • 2.7 易分解性樹脂
      • (1) The Netherlands Organization for Applied Scientific Research (NL)
      • (2) Connora Technologies Inc. (US)
      • (3) Adesso Advanced Materials Wuhu Co., Ltd. (CN)
      • (4) Adesso Advanced Materials Wuhu Co., Ltd. (CN) , Connora Technologies Inc. (US)
      • (5) Connora Technologies Inc. (US) , Aditya Birla Chemicals Ltd. (TH)
      • (6) Mallinda LLC (US) , The University of Colorado Boulder (US)
    • 2.8 再利用技術
      • (1) Imperial College London (GB)
      • (2) North Carolina State University (US)
      • (3) CFK Valley (DE)
      • (4) SGL Automotive Carbon Fibres GmbH (DE)
      • (5) Triumph Composites Systems Inc. (US) , Washington State University (US)
      • (6) Steelhead Composites, LLC (US) , Vartega Inc. (US) , Michelman Inc. (US)
      • (7) Composite Recycling Technology Center (US)
      • (8) Dell Inc. (US) , Saudi Basic Industries Corporation (SA)
      • (9) The Boeing Company (US) , ELG Carbon Fibre Ltd. (GB)
      • (10) Adesso Advanced Materials Wuhu Co., Ltd. (CN)
      • (11) Vartega Inc. (US) , Janicki Industries Inc. (US)
      • (12) Composite Technology Center (DE) ,Airbus SE (FR)
      • (13) Alchemy Bicycle Company (US) , Vartega Inc. (US)
      • (14) The Fraunhofer Institute for Chemical Technology ICT (DE)
      • (15) Vartega Inc. (US) , Braskem SA (BR)
      • (16) CarloRatti Associatti,Italo Rota (IT)
      • (17) Vartega Inc. (US)

第4章 結言

  • 1. 結論
    • 1.1 GFRPリサイクル技術
    • 1.2 CFRPリサイクル技術
  • 2. 今後の技術課題
    • 2.1 回収技術
    • 2.2 加工技術
    • 2.3 再利用技術
  • 参考文献

執筆者

柴田 勝司

溶解技術 株式会社

代表取締役

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

A4判 並製本 211ページ

ISBNコード

978-4-910581-23-1

発行年月

2022年6月

販売元

tech-seminar.jp

価格

70,000円 (税別) / 77,000円 (税込)

案内割引について

シーエムシーリサーチからの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。

  • Eメール案内を希望する方 :
    • 冊子版: 63,000円(税別) / 69,300円(10%税込)
    • 冊子版 + PDF版 (CD) セット: 81,000円(税別) / 89,100円(10%税込)
  • Eメール案内を希望しない方 :
    • 冊子版: 70,000円(税別) / 77,000円(10%税込)
    • 冊子版 + PDF版 (CD) セット: 90,000円(税別) / 99,000円(10%税込)

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/4/24 天然植物繊維を強化材とする複合材料の基礎と応用 東京都 会場
2024/5/13 車載用プラスチックの基礎と最新動向 オンライン
2024/5/15 環境法のポイント 超入門 オンライン
2024/5/16 繊維リサイクルの最新動向と課題・今後の方向性 オンライン
2024/5/20 廃プラスチックの最新リサイクル技術の動向 オンライン
2024/5/21 高分子材料のモノマー化、解重合反応とケミカルリサイクルの動向 オンライン
2024/5/22 マーセル化による天然繊維の樹脂複合化と特性改善 オンライン
2024/5/29 高分子複合材料のレオロジーとメカニズムに基づく材料設計 オンライン
2024/5/30 炭素繊維強化プラスチック (CFRP) オンライン
2024/5/30 プラスチックの高度マテリアルリサイクルと高度成形プロセス オンライン
2024/5/30 微生物による二酸化炭素固定、カーボンリサイクルの現状と将来展望 オンライン
2024/5/31 熱硬化性樹脂複合材料 (GFRP & CFRP) の基礎とリサイクル技術 オンライン
2024/6/4 マーセル化による天然繊維の樹脂複合化と特性改善 オンライン
2024/6/10 PFOA・PFOS等を含めたPFAS (有機フッ素化合物) における規制動向、その企業対応 (2024年版) オンライン
2024/6/11 高分子複合材料のレオロジーとメカニズムに基づく材料設計 オンライン
2024/6/12 熱硬化性樹脂複合材料 (GFRP & CFRP) の基礎とリサイクル技術 オンライン
2024/6/14 サステナブルパッケージ・循環型ポリマー利用に向けたシール技術動向と対策 オンライン
2024/7/5 サーキュラーエコノミーが目指す持続可能な社会におけるプラスチックの使い方 オンライン
2024/7/23 プラスチック廃棄物が抱える問題と高分子複合材料メカニカルリサイクル技術 オンライン
2024/7/30 次世代モビリティまでも俯瞰した車載用プラスチックの現状と動向 オンライン

関連する出版物

発行年月
2024/2/29 プラスチックのリサイクルと再生材の改質技術
2023/12/15 欧州のリサイクル 総合分析
2023/6/14 車載用リチウムイオン電池リサイクル : 技術・ビジネス・法制度
2023/4/6 電池の回収・リユース・リサイクルの動向およびそのための評価・診断・認証
2022/12/31 容器包装材料の環境対応とリサイクル技術
2022/10/5 世界のプラスチックリサイクル 最新業界レポート
2022/5/31 自動車マルチマテリアルに向けた樹脂複合材料の開発
2022/5/31 樹脂/フィラー複合材料の界面制御と評価
2021/12/24 動的粘弾性測定とそのデータ解釈事例
2021/8/2 CFRP (炭素繊維強化プラスチック) 〔2021年版〕 (CD-ROM版)
2021/8/2 CFRP (炭素繊維強化プラスチック) 〔2021年版〕
2021/7/28 プラスチックリサイクル
2021/6/4 CFRPの用途別動向とビジネス戦略の再構築
2020/12/25 CFRP/CFRTPの界面制御、成形加工技術と部材応用
2018/11/19 炭素繊維・炭素繊維複合材料の未来
2016/11/1 世界の炭素繊維・応用製品の市場実態と展望 2017
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/1/25 炭素繊維 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/1/25 炭素繊維 技術開発実態分析調査報告書