技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

次世代バイオプラスチックの台頭と破壊的イノベーションのすすめ

受講特典: アーカイブ配信付き (視聴期間: 2023年4月20日〜28日を予定)

次世代バイオプラスチックの台頭と破壊的イノベーションのすすめ

オンライン 開催

概要

本セミナーでは生分解性プラスチックについて、基礎研究から技術・事業開発まで約30年間に及ぶ実績と知見を有する世界的第一人者が、生分解性プラスチックの基本特性、材料設計、成形加工、市場動向、最新の法規制動向を解説いたします。

開催日

  • 2023年4月19日(水) 13時00分 16時30分
  • 2023年4月20日(木) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 生分解性プラスチック・バイオプラスチック・ポリ乳酸に関連する技術者
    • 自動車分野
    • 電気・電子分野
    • スポーツ分野 など
  • 生分解性プラスチック・バイオプラスチック・ポリ乳酸に関連する分野のマーケティング担当者、事業企画担当者、経営者

修得知識

  • イノベーションの正しい理解と遂行するために求められる資質と能力
  • 21世紀の地球環境保全と資源循環型社会に向けての国内外動向
  • 新規バイオプラスチックの素材・技術・市場開発最前線
  • ポリ乳酸の高性能・高機能化技術の進展と新規製品開発動向

プログラム

 20世紀前半に初めてナイロンが発明されて以降、安価な石油を原料に数多くのプラスチックが開発されてきたが、地球環境・資源・廃棄物問題が顕在化した今日、持続可能な開発目標 (SDGs) としてのバイオプラスチックに係るグリーイノベーションが渇望されている。しかるに、シュンペーターにより初めて提唱されたイノベーションなる概念は単なる技術革新と誤解され、その本質が正しく理解されていないように思われる。従来の既成概念や価値観を根底から覆す真の創造的破壊に繋がる破壊的イノベーションは顧客ニーズから生まれるのではなく、供給者自らがイニシアティブを握り顧客にはないニーズを創発することである。
 本セミナーでは、次世代バイオプラスチックの中でも世界的に新設・増産計画が相次ぐポリ乳酸を中心に、新規素材・技術・市場開発の最前線を探査する。技術開発における“死の谷”を乗り越え、“ダーウインの海”を泳ぎ切ることのできるイノベータに求められる資質と能力、そして次世代バイオプラスチック事業とは?

  1. イノベーション (Innovation) とは? (1日目)
    1. J.A.シュンペーターによるイノベーションの概念提唱
      • イノベーションとは需要家側のニーズから生まれるのではなく、供給者である企業家側がイニシアティブを握り需要家側の目に見えないニーズを創発することである!
    2. 破壊的イノベーションと持続的イノベーション
    3. 経営の神様P.F.ドラッカーの「イノベーションと企業家精神」とは?
      • 企業家の責務とは秩序を破壊し解体する創造的破壊である!
    4. C.M.クリステンセンの「イノベーションのジレンマ ー 技術革新が巨大企業を滅ぼす時」
      • なぜ優良企業が、優れた経営が失敗するのか?
    5. イノベーションを阻む見えない「ガラスの壁」をブレイク・スルーするには!?
      • チャレンジング・スピリット … 挑戦者魂、鈍感力、挫折力
      • フロンティア・スピリット … 好奇心、開拓者魂
      • リーダーシップ … 統率力、人間的魅力
    6. イノベーションプロセスと技術経営
    7. 個々の技術力に勝る日本企業が、何故事業で敗れるのか?
      • WhyやWhatを語らない「How to病」の日本!
    8. 「PDCAサイクル」の進化形、機動戦を勝ち抜くための「OODAループ」とは?
    9. イノベーションとビジネスモデル
  2. 持続可能な開発目標 (SDGs) としてのグリーン・イノベーション
    1. 地球環境・資源・廃棄物問題の抜本的解決のために
      1. 石油由来合成高分子化合物が内包する地球環境・資源・廃棄物問題とは
        • 原料枯渇問題 … 50年後に枯渇、そこに至る迄に需給関係から価格高騰必至
        • 地球温暖化問題 … 焼却に伴う温暖化ガスの増大
        • 廃棄物問題 … 海洋プラスチック汚染問題等
      2. 海洋プラスチック汚染問題の正しい理解と生分解性プラスチックの役割
        • 海洋プラ濃度の経年変化 (累積増加) 曲線
        • 海洋汚染問題に対する短期的視点と長期的 (グローバルな) 視点
        • 海洋自然生態系が許容し得る海水中の生分解速度 … ポジティブコントロールとは
      3. 地球上に生命が誕生して38億年、地球はなぜ廃棄物で埋もれなかったのか?
      4. 自然生態系が有する真のリサイクルシステムとしての炭素循環へのリンク
    2. バイオプラスチックの識別表示と環境負荷低減効果
      1. 日本バイオプラスチック協会 (JBPA) 識別表示制度 (2021年改訂)
      2. 生分解性プラ 2生分解性バイオマスプラ 3バイオマスプラ
      3. カーボン・フットプリント … LCAによる環境負荷の客観的・定量的評価
    3. 世界の法規制と業界動向
  3. 日目:2023年4月20日 10:30~16:30
  4. 次世代バイオプラスチックの創製と技術開発最前線
    1. バイオマス資源
      1. 可食バイオマス … デンプン他 (トウモロコシやサトウキビ他)
      2. 非可食バイオマス
        • リグノセルロース
          • 茎や葉
          • 雑草
          • 稲わら
          • 廃木材
        • ヒマシ油、廃植物油、その他
    2. バイオリファイナリーと新規プラットホームケミカルの進展
    3. バイオポリエチレン (bio-PE)
    4. バイオポリプロピレン (bio-PP)
    5. バイオポリエステル (bio-PES)
      1. 生分解性バイオポリエステル
      2. ポリ乳酸 (PLA)
        • 生分解性が求められるバイオリサイクル材と長期使用耐久性構造材料の両面展開が可能、 世界的に新設・増産計画が相次ぐ (3年後に約50万トン/年)
      3. ポリブチレンアジペート・テレフタレート系 (PBAT, PBAT+PLA)
      4. ポリブチレンサクシネート系 (PBS, PBSA)
      5. 微生物産生ポリエステル (PHBV, PHBH) 、その他
        • 過去40年間、数多くの企業が微生物産生ポリエステルへの参入と撤退を繰り返し、未だ本格的に工業化されない核心的理由とは?
      6. 非生分解性バイオポリエステル
      7. バイオポリエチレンテレフタレート (bio-PET)
      8. ポリトリメチレンテレフタレート (PTT)
      9. ポリエチレンフラノエート (PEF)
        • PET対比でガスバリア性に優れるPEFはPETボトル分野を制覇できるか否か?
    6. バイオポリアミド (bio-PA)
      1. ポリアミド11 2ポリアミド10T 3その他 (ポリアミド4, 56)
        • 超高耐熱性や低吸水率、電気特性に優れた次世代スーパーエンプラの呼び声高いPA10Tとは
    7. バイオポリカーボネート (bio-PC)
      • 光学特性や表面硬度に優れた新規エンジニアリング・プラスチック
    8. バイオポリウレタン (bio-PU)
  5. ポリ乳酸 (PLA) の高性能・高機能化/分解制御技術と製品開発最前線
    1. PLAの基本特性
      1. 植物由来生分解性樹脂/熱可塑性脂肪族ポリエステル (Tm:170°C, Tg:58°C)
      2. 安全性、食品衛生性、抗菌・防カビ性
    2. PLAレジンメーカー
      1. ニートレジン … ネイチャーワークス、トタル・コービオン、豊原集団他
      2. コンパウンドレジン (高性能・高機能化PLAレジン) … ユニチカ
    3. PLAの高性能・高機能化技術 … 石油系汎用プラスチックと同等以上
      1. 耐衝撃性 … 可塑剤又は耐衝撃性改良剤、PLA+PBAT又はPBSブレンド体
      2. 耐熱性、成形加工性 … 分散型又は溶解型核剤、結晶化促進剤、マルチ機能改質剤
      3. 寸法安定性 (低熱収縮率、経時変化なし) … 造核・結晶化促進剤
    4. PLAの分解 (開始・速度) 制御技術 … 製品寿命の制御 (短期使用から長期使用まで)
      1. 生分解機構 … 非酵素分解/加水分解型 (2段階2様式の特異的な生分解機構)
      2. 分解開始の制御 … 自動スイッチオン機構内蔵 (Tg=58°C ← 堆肥化温度)
      3. 分解速度/製品寿命の制御
      4. Sタイプ (残留ラクチド:多) … 分解速度速い/製品寿命短い
      5. Mタイプ (残留ラクチド:少) … 中程度
      6. Lタイプ (COOH末端基封鎖) … 分解速度遅い/製品寿命長い
    5. ポリ乳酸の様々な使用環境下への応用展開と使用後のリサイクル過程における (非) 分解挙動
      1. 生体内 … 生体内分解吸収性医用材料 (タイプS) →自然消滅
      2. 自然環境下 (土壌、海水中) … 農林・園芸・土木・水産資材 (タイプM) →自然消滅
      3. 通常環境下
      4. 短期使用 (使い捨て~3年前後) … 容器・包装資材、生活・衛生雑貨、衣料 (タイプM)
        →バイオリサイクル (堆肥化、バイオガス化) 又はケミカルリサイクル (原料ラクチドへの還元)
      5. 長期使用 (5~10年、10年以上) …
        リターナブル食器、産業資材、電気・電子機器筐体・部品、自動車内装材 (タイプL)
        →マテリアルリサイクル
    • 質疑応答

※1日目と2日目のプログラムの区切りは多少前後する可能性もございます。

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 64,600円 (税別) / 71,060円 (税込)
複数名
: 37,500円 (税別) / 41,250円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 37,500円(税別) / 41,250円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 64,600円(税別) / 71,060円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 112,500円(税別) / 123,750円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 20,000円(税別) / 22,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/4/23 ナノ触診原子間力顕微鏡 (AFM) による高分子材料の解析技術 オンライン
2024/4/24 樹脂材料のEV駆動モータ/パワーデバイスへの実装に向けた高電圧絶縁特性の基礎と評価法 オンライン
2024/4/24 プラスチック用添加剤の基礎と選び方・使い方のポイント、その注意点 オンライン
2024/4/24 熱分析による高分子材料 (プラスチック・ゴム・複合材料) の測定・解析の基礎とノウハウ オンライン
2024/4/24 ヒートシールの基礎と材料設計および品質管理・不具合対策 オンライン
2024/4/24 高分子の絶縁破壊メカニズムとその劣化抑制技術 オンライン
2024/4/24 高分子材料の粘弾性の基礎と応力/ひずみの発生メカニズムとその制御・評価技術 オンライン
2024/4/24 天然植物繊維を強化材とする複合材料の基礎と応用 東京都 会場
2024/4/25 5G高度化とDXを支える半導体実装用低誘電特性樹脂・基板材料の開発と技術動向 オンライン
2024/4/25 プラスチックフィルムの表面処理・改質技術と接着性の改善評価方法 オンライン
2024/4/25 レオロジー測定・データ解釈の勘どころ オンライン
2024/4/25 押出成形のDX化と活用技術 オンライン
2024/4/25 結晶性高分子における力学物性と高次構造の関係 オンライン
2024/4/25 食品用器具及び容器包装のポジティブリスト制度について オンライン
2024/4/25 破壊工学の基礎と高分子材料での実践 オンライン
2024/4/25 高分子結晶化のメカニズムと評価法 オンライン
2024/4/26 バイオマスプラスチックの設計と低環境負荷、機能性の両立 オンライン
2024/4/26 ポリマーにおける相溶性・相分離メカニズムと目的の物性を得るための構造制御および測定・評価 オンライン
2024/4/26 ポリマーアロイの基本、構造・物性および新規ポリマーアロイの材料設計の必須 & 実践知識 オンライン
2024/4/26 高屈折率材料の基礎と技術応用超高屈折率材料への分子設計 オンライン