技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

微粒子/ナノ粒子の分散安定化に向けたSP値 (3D、4DSP値) の基礎と活用

微粒子/ナノ粒子の分散安定化に向けたSP値 (3D、4DSP値) の基礎と活用

~溶解度パラメータの微粒子分散系への活用 / 化合物および粒子表面のSP値の求め方 / 粒子分散液におけるぬれ/分散化のための良溶媒の選択 / 粒子分散液における分散剤の選択法と新規開発例 / キャピラリー懸濁液における第二流体の選択法~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、HSP値・拡張HSP値の由来、および化合物や粒子のHSP値・拡張HSP値について最新の求め方を説明いたします。
また、HSP値ではHSP距離やHansen球、また拡張HSP値ではEED (Exchange Energy Density) などを利用した、ぬれ/分散、溶解および吸着間のバランスの取り方と、その結果に基づく溶媒/樹脂や分散剤/バインダー、および表面改質法の最適選択法について、多くの分散系調製例をもとに解説いたします。

開催日

  • 2023年1月31日(火) 10時00分 16時00分

受講対象者

  • 微粒子分散に関連する技術者、開発者、研究者
    • 粉体
    • 高分子
    • 塗料
    • インク
    • 機能性材料
    • 接着剤
    • エラストマー
    • 医薬品
    • 化粧品食品
    • サプリメント など

修得知識

  • 化合物および粒子表面のSP値の求め方
  • 粒子分散液におけるぬれ/分散化のための良溶媒の選択
  • 粒子分散液における分散剤の選択法と新規開発例
  • キャピラリー懸濁液における第二流体の選択法
  • ポリマーコンポジットにおける付着/分散性と表面改質法

プログラム

 溶解度パラメータ (SP値) の考え方は“Like likes like”で表されますから、SP値の近いもの同士は、よく溶け合い、よくぬれ、よく付きます。ヒルデブランドが非極性の正則溶液を対象に定義したSP値 (1次元,1DSP値) は、ハンセンにより極性材料にも適用可能な3DSP値 (HSP値) に拡張、広く採用されてきました。さらにカルガーやビルボアらは酸塩基性を考慮した4DSP値を提唱し、より多様な材料への展開を試みています。
 本講では、先ずSP値 (1D~4D) の由来と様々な求め方を説明します。粒子分散液はたいてい粒子、溶媒および分散剤/バインダーからなりますが、溶媒によるぬれ性と分散剤の溶解性・吸着性とはトレードオフ関係にありますから、両者のバランスを考慮した溶媒や分散剤の選択が欠かせません。また粒子分散液の類例に、ポリマーコンポジット (樹脂中への分散化例) や分散剤を使用しないキャピラリー懸濁液などがありますが、樹脂とフィラーとの付着性の評価やキャピラリー懸濁液における第二流体の選択法などを含め、様々な事例におけるSP値の適用法をわかりやく説明します.

  1. SP値の基礎
    1. ヒルデブランドのSP値とハンセンのHSP値
    2. SP値の図示化法と相互作用距離 (ハンセン距離)
    3. 4DSP値とEED (交換エネルギー密度)
  2. 化合物のSP値の求め方
    1. 化合物のSP値の原子団寄与法による計算
      1. フェドース法
      2. バンクレベレン・ホフティザー法
      3. ホイ法
      4. ステファニス・パナイオトウ法
      5. 市販ソフトウェアHSPiPの利用
    2. 化合物のSP値の測定法
      1. 溶解/膨潤法とハンセン球/ダブルハンセン球の利用
      2. インバースガスクロマトグラフィー法
      3. ファントホッフの法則と拡張ハンセン法
  3. 粒子表面のSP値の測定法
    1. インバースガスクロマトグラフィー法
    2. 低磁場パルスNMR (TD-NMR) 法
    3. 凝集・沈降法
      1. 界面沈降法
      2. フロック径法
    4. 接触角法
  4. 粒子分散液・キャピラリー懸濁液の分散安定性
    1. 粒子分散液の調製工程と課題
    2. ぬれ/分散化の評価と良溶媒選択
    3. 粒子間に働く相互作用力
      1. フアンデルワールス力と有効ハマカー定数
      2. 静電反発力とDLVO理論
      3. 枯渇力と疎水性引力
    4. 高分子分散剤による立体反発安定化
      1. 浸透圧効果と体積制限効果
      2. 高分子ブラシによる立体反発安定化
    5. キャピラリー懸濁液の安定性
      1. キャピラリー懸濁液のゲル化と安定性
      2. SP値を利用した第二流体の選択
  5. 高分子分散剤の選択指針
    1. 分散剤の構造と選択指針
      1. ブロック型/クシ型分散剤と高性能分散剤の開発例
      2. 相溶鎖の伸張性と良溶媒の選択
      3. 自己組織化単分子膜と高分子ブラシの形成
    2. 分散剤の吸着等温線と最適添加量
    3. 分散剤選択におけるSP値の役割
      1. 溶媒,分散剤および粒子間のSP値のバランス
      2. ダブルハンセン球を用いたカーボンブラックの最適分散剤の探索
      3. 4DSP値を用いた難分散性有機顔料の最適バインダーの探索
  6. ポリマーコンポジットにおけるフィラーの付着/分散性と表面改質法
    1. 相互作用距離を利用した付着/分散性の評価と応用例
    2. ハンセン球の重なり度を利用した付着/分散性の評価と応用例
    3. 付着/分散性改善のための表面改質法
      1. 表面改質の目的と手法
      2. 界面活性剤のHLB値と応用例
      3. カップリング反応法と 表面グラフト重合法
  7. 粒子分散液の分散・安定性試験法とチキソ剤の選択
    1. 湿潤点・流動点
    2. フロック径と超音波スペクトロスコピー
    3. レオロジー特性
      1. チキソトロピー・逆チキソトロピー
      2. 動的粘弾性
    4. チキソ剤の働きと選択指針
  8. まとめ
    • 質疑応答

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 34,200円 (税別) / 37,620円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 34,200円(税別) / 37,620円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/6/17 ブリードアウト・ブルームの基礎と制御方法 オンライン
2024/6/17 プラスチック・ゴムの劣化メカニズムと劣化評価法および高耐久性設計 オンライン
2024/6/17 分子動力学 (MD) 法の基本原理・具体的な技法から高分子材料開発への応用 オンライン
2024/6/18 ナノカーボン材料 (カーボンナノチューブ・グラフェン) の分散技術・凝集制御における物理化学の基礎と分散状態の観察・評価 オンライン
2024/6/18 高分子絶縁材料の劣化メカニズムと部分放電計測ならびに寿命評価 オンライン
2024/6/19 粘弾性測定を用いた材料物性評価 オンライン
2024/6/19 ポリウレタン技術 入門講座 オンライン
2024/6/20 高分子結晶化の基礎と制御および分析技術 オンライン
2024/6/20 架橋剤を使うための総合知識 オンライン
2024/6/21 熱分析入門 オンライン
2024/6/21 粉体の取り扱いとトラブル対策 オンライン
2024/6/21 分散剤の使い方、選択と配合技術 オンライン
2024/6/21 エポキシ樹脂の耐熱性向上と機能性両立への分子デザイン設計および用途展開における最新動向 オンライン
2024/6/21 ゴム・高分子材料のトライボロジー特性と接触面の観察および評価方法 オンライン
2024/6/21 アニオン重合の基礎知識と高分子の精密制御 オンライン
2024/6/21 分子動力学 (MD) 法の基本原理・具体的な技法から高分子材料開発への応用 オンライン
2024/6/24 粘着剤の基礎知識と評価法 オンライン
2024/6/25 粉体・粒子を密充填するための粒子径分布、粒子形状、表面状態の制御 オンライン
2024/6/25 フィラーの分散・充填技術およびナノコンポジットの研究開発動向 オンライン
2024/6/25 高分子の粘弾性挙動と時間-温度換算則の活用事例 オンライン