技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

化学プロセスのコスト計算とコスト削減のポイント

化学プロセスのコスト計算とコスト削減のポイント

~実際に工業化する場合の固体投入の意外な問題点と対策とは~
オンライン 開催

アーカイブ配信で受講をご希望の場合、視聴期間は2023年1月26日〜2月10日を予定しております。
アーカイブ配信のお申し込みは2023年2月6日まで承ります。

概要

本セミナーでは、連続プロセス・フロー合成プロセスのスケールアップに関する基礎知識から分かりやすく解説いたします。
工場建設コスト、エネルギーコスト、廃液処理コストを含めたコストの計算方法を詳細に解説いたします。

開催日

  • 2023年1月25日(水) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 工場建設コスト、人件費の概算方法
  • 廃液処理コストの概算方法
  • 溶媒の選択、回収方法に関する知識
  • 可溶性貴金属触媒を用いる反応の使用量削減方法
  • 連続プロセス・フロー合成プロセスのスケールアップに関する基礎知識
  • 製造現場で使用される連続プロセス・フロー合成プロセス装置に関する知識

プログラム

 化学品・医薬品の生産コストは、原材料のコスト (変動費) だけではありません。エネルギーコスト、排液処理コスト、工場建設固定費、人件費、などもコストに含まれます。
 そこで本セミナーでは、まず工場建設コスト、エネルギーコスト、廃液処理コストを含めたコストの計算方法を詳細について解説します。次に、変動費のかなりの部分を占めることになる貴金属触媒を用いた反応のコスト削減について詳細に解説します。最近固定費を削減する方法として、連続プロセスの導入の検討が進んでおります。しかし、実際に工業化する場合に固体投入の連続化など意外な問題点が発生します。連続プロセスの機器とともにこれらの問題点の解決方法について詳細に解説したいと思います。

  1. コスト計算
    1. 変動費計算
      • 原料単価の調べ方
      • 変動費計算の例 2つのパラセタモール合成プロセス
    2. 固定費計算
      • 工場建設費用計算 0.6乗則をベースに
      • 人件費の考え方
    3. 固定費と変動費の関係
  2. 溶媒コスト
    1. 溶媒別回収方法
    2. 溶媒の選択の基本
  3. エネルギーコスト
    1. 加熱・冷却のコスト 変動費と固定費別に
  4. 廃棄物処理コスト
    1. 排水処理コスト
    2. 廃溶媒処理コスト
  5. 貴金属触媒の考察
    1. 水素添加反応
    2. ハイドライド還元と接触還元
    3. 可溶性触媒反応
      • 可溶性触媒反応の反応機構の最新情報とその解釈
      • 可溶性媒反応のコストダウン
      • PdNPsを使う系
      • Pd complex を使う系
      • Niを用いる系
  6. フロー合成、連続合成の考察
    1. バッチとの比較
    2. フロー・連続プロセスのメリット
    3. 工業化の問題点とその解決方法
      • 固体原料の取り扱い
      • 固体析出による系の詰まり
        • Oscillatory Buffled Reactor
        • AM tech. CofloreTM
    4. フロー・連続合成の装置
      • ミキサー (反応装置)
      • 熱交換器
      • 連続抽出装置 (液液相分離)
      • 溶媒濃縮装置
      • 連続濾過装置
      • 連続乾燥装置
    5. セミバッチプロセス
      • 溶媒交換プロセスの連続化
    • 質疑応答

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 45,000円(税別) / 49,500円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

ライブ配信対応セミナー / アーカイブ配信対応セミナー

  • 「Zoom」を使ったライブ配信またはアーカイブ配信セミナーのいずれかをご選択いただけます。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

ライブ配信セミナーをご希望の場合

  • セミナー資料は、郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

アーカイブ配信セミナーをご希望の場合

  • 当日のセミナーを、後日にお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
  • 配信開始となりましたら、改めてメールでご案内いたします。
  • 視聴サイトにログインしていただき、ご視聴いただきます。
  • 視聴期間は2023年1月26日〜2月10日を予定しております。
    ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
  • セミナー資料は別途、送付いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/4/15 先端半導体製造におけるシリコンウェーハ表面のクリーン化技術および洗浄・乾燥技術 (2コースセット) 東京都 会場・オンライン
2024/4/15 半導体製造ラインのウェーハ表面洗浄・乾燥および汚染除去技術の基礎から最新動向まで 東京都 会場・オンライン
2024/4/17 撹拌・混合の基礎とトラブル対策およびスケールアップ オンライン
2024/4/18 半導体の洗浄技術の基礎、付着物の有効な除去とクリーン化技術 オンライン
2024/4/18 ペロブスカイト太陽電池における塗工・乾燥のスケールアップ オンライン
2024/4/19 細胞培養バイオリアクターの設計とスケールアップの基礎と最新技術 オンライン
2024/4/19 化学プロセスのスケールアップとトラブルシューティング事例 オンライン
2024/4/22 溶融製膜/溶液製膜によるフィルム成形技術の基礎と実際 オンライン
2024/4/23 化学プロセスの開発・設計の基礎とシミュレーション技術によるスケールアップの効率化・最適化 オンライン
2024/4/24 基礎からよくわかる濾過のメカニズムと理論、および濾過試験と解析・評価手法 オンライン
2024/4/24 超音波洗浄の基礎・メカニズムから効果的な活用方法 オンライン
2024/4/26 化学物質を扱う研究所における法規制に準拠した「薬品管理」の進め方 オンライン
2024/4/26 塗布膜乾燥プロセスの解明・考察・本質の理解と塗布膜の設計、不良・欠陥対策への応用 オンライン
2024/4/26 スプレードライ (噴霧乾燥) の基本原理、運転管理と実用総合知識 オンライン
2024/4/26 洗浄技術と洗浄プロセス最適化の総合知識 オンライン
2024/4/26 超音波洗浄の基礎と効果的な活用方法 オンライン
2024/4/26 撹拌・混合の基礎とトラブル対策およびスケールアップ オンライン
2024/4/29 化学プロセスの開発・設計の基礎とシミュレーション技術によるスケールアップの効率化・最適化 オンライン
2024/5/2 超音波洗浄の基礎・メカニズムから効果的な活用方法 オンライン
2024/5/7 ペロブスカイト太陽電池における塗工・乾燥のスケールアップ オンライン

関連する出版物

発行年月
2023/11/30 造粒プロセスの最適化と設計・操作事例集
2023/9/29 先端半導体製造プロセスの最新動向と微細化技術
2023/5/31 塗布・乾燥のトラブル対策
2023/4/28 ケモインフォマティクスにおけるデータ収集の最適化と解析手法
2022/8/2 カーボンニュートラルのためのグリーン燃料と化学品
2022/6/17 経験/査察指摘/根拠文献・規制から導く洗浄・洗浄バリデーション:判断基準と実務ノウハウ (追補版)
2022/5/31 分離工学の各単位操作における理論と計算・装置設計法
2022/2/28 撹拌装置の設計とスケールアップ
2021/11/30 撹拌技術とスケールアップ、シミュレーションの活用
2021/3/30 経験/査察指摘/根拠文献・規制から導く洗浄・洗浄バリデーション:判断基準と実務ノウハウ
2020/5/29 凍結乾燥工程のバリデーションとスケールアップおよびトラブル対策事例
2020/1/30 凍結乾燥の最適な条件設定による品質の安定化 - ラボ機と生産機の性能の違いを反映させたスケールアップ -
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集
2018/12/27 押出成形の条件設定とトラブル対策
2017/9/25 乾燥技術の基礎とトラブル対策
2014/11/14 撹拌操作・スケールアップの基礎とトラブル対策
2014/9/30 液体または蒸気による洗浄技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/9/30 液体または蒸気による洗浄技術 技術開発実態分析調査報告書
2014/9/15 活性汚泥処理 技術開発実態分析調査報告書
2014/9/15 活性汚泥処理 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)