技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ISO 13485:2016が要求する医療機器サンプルサイズの根拠を伴う統計学的手法

ISO 13485:2016が要求する医療機器サンプルサイズの根拠を伴う統計学的手法

~サンプルサイズの根拠, その計算法と実計算例 / 統計的手法におけるサンプルサイズの計算方法・実計算例とサンプルサイズの減少方法~
オンライン 開催

アーカイブ配信で受講をご希望の場合、視聴期間は2022年11月8日〜21日を予定しております。
アーカイブ配信のお申し込みは2022年11月8日まで承ります。

概要

ISO 13485:2016年版では「適切な場合」に「サンプルサイズの根拠を伴う統計的手法」が求められております。
本セミナーでは、サンプルサイズの計算原理、それに基づく根拠の考え方、さらにその減少方法までを解説いたします。

開催日

  • 2022年10月27日(木) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 統計学の基礎
  • サンプルサイズの計算方法、その減少法
  • ISO 16269-6 によるサンプルサイズ設定方法
  • リスク分析のサンプルサイズへの反映

プログラム

 ISO 13485:2016年版に基づいて2021年3月にはいわゆるQMS省令が改正され、日本でも「サンプルサイズの根拠を伴う統計的手法」が求められることとなった。ISO 13485:2016のサンプルサイズに関する要求事項を理解するには、ISO /TC210がとりまとめた「ISO 13485:2016実践ガイド」が大変参考になる。
 サンプルサイズの根拠が必要な統計学的手法には、一般的によく知られている平均値の差や標準偏差の比の検証・検定に加え、ISO 16269-6に示されたロット内適合品の割合の統計学的推定法も必要になってくる。なお、ISO 16269-6についてはJIS抜き取り試験との目的・方法の相違点についても説明する。
 サンプルサイズについては、その理解のための最低限の統計学のおさらいをし、ISO 13485:2016が求める統計手法は何かそのサンプルサイズの根拠とは何かについて延べ、それぞれのサンプルサイズの計算原理、さらに実際の計算方法について計算実例を示し解説する。

  1. ISO 13485:2016・改正QMS省令の求めるサンプルサイズと統計学手法
    - ISO/TC210の「ISO 13485:2016実践ガイド」を踏まえて –
    1. サンプルサイズの根拠を伴う統計学手法が要求される3局面
    2. プロセスバリデーションとISO 13485:2016
    3. リスクマネジメントとISO 13485:2016
  2. プロセスバリデーション
    1. プロセスバリデーションとは
    2. IQ, OQ, PQ
  3. リスクマネジメント
    1. リスクマネジメントのフロー
    2. リスク評価の手法
    3. リスクコントロールとその検証
  4. サンプルサイズ計算理解に必要な統計学
    1. 確率密度関数と推計統計学
    2. 連続変数の5つの確率密度関数~統計量の分布~
    3. 非心分布
    4. 離散変数の確率密度関数
    5. 正規分布と不適合率
  5. 統計的手法
    1. 共通の手法
      1. 区間推定とα
      2. 有意差検定に必要な帰無仮説・対立仮説
    2. プロセスバリデーションガイダンスの統計的手法
      1. 品質工学手法とロバスト設計
      2. OQで必要なトレランス解析による規格適合率推定 (ISO 16269-6)
        - JIS抜き取り試験 (JiS Z9015, JIS Z9004) との違い –
      3. 設計移管後の品質管理手法
    3. 設計開発バリデーションにおける手法の例
  6. 統計的手法におけるサンプルサイズの計算方法・実計算例
    1. 区間推定のサンプルサイズ計算方法と計算例
    2. 差あるいは比の検定におけるサンプルサイズ計算方法と計算例
    3. 母集団の規格適合率 (ISO 16269-6) の推定
      1. 連続変数のサンプルサイズ計算法と計算例
      2. 離散変数のサンプルサイズ計算法と計算例
  7. サンプルサイズの減少方法
    • 質疑応答

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 34,200円 (税別) / 37,620円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 34,200円(税別) / 37,620円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

ライブ配信対応セミナー / アーカイブ配信対応セミナー

ライブ配信またはアーカイブ配信セミナーのいずれかをご選択いただけます。

ライブ配信セミナーをご希望の場合

  • 「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

アーカイブ配信セミナーをご希望の場合

  • 「ビデオグ」を使ったアーカイブ配信セミナーとなります。
  • 当日のセミナーを、後日にお手元のPCなどからご視聴ができます。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 視聴テスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 視聴期間は2022年11月8日〜21日を予定しております。ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/12/12 CSR/CTDの統計的記述を理解するために必要な統計解析の基礎 オンライン
2022/12/13 医療材料開発のためのハイドロゲルの基礎および設計・評価のポイント オンライン
2022/12/14 新医療機器監督管理条例の実施に伴う中国NMPAへの申請のポイント及び実務対応 オンライン
2022/12/15 デジタルヘルスケア・新医療機器・DTx開発における薬機法対応とビジネス戦略のポイント オンライン
2022/12/15 分野別最新医療技術の現状と事業化戦略の勘所 オンライン
2022/12/16 「医療分野における仮名加工情報の保護と利活用に関する検討会」における議論と医療情報利活用促進に向けた取組み、課題と今後の方向性 東京都 会場・オンライン
2022/12/16 臨床試験におけるサンプルサイズ設計の基礎と具体的な事例による実践 オンライン
2022/12/16 医療・ヘルスケア分野におけるデータ利活用に関する政策動向とルール オンライン
2022/12/19 実験計画法の最適化と材料開発への応用 オンライン
2022/12/19 医療機器設計開発プロセス 入門講座 オンライン
2022/12/19 臨床試験を成功に導くためのサンプルサイズ設定のポイント オンライン
2022/12/19 医療機器の安全管理情報 (GVP省令・MDR) に関する収集範囲、その方法と安全確保措置の判断基準 オンライン
2022/12/20 中国における薬事規制 / 薬価・保険制度と現地対応ノウハウ オンライン
2022/12/20 分析法バリデーションのための統計解析入門と各パラメータの具体的な計算方法 東京都 会場・オンライン
2022/12/20 プログラム医療機器の該当性判断におけるグレーゾーンと事業化にむけて超えるべき壁への法的助言 オンライン
2022/12/21 サイトQA員に求められる監査能力養成セミナー オンライン
2022/12/22 安定性試験の統計解析 (経時変化の程度と規格外れのリスクをデータから推定) オンライン
2022/12/23 臨床試験におけるサンプルサイズ設計の基礎と具体的な事例による実践 オンライン
2022/12/23 QMSの要求をふまえた設計管理及びリスクマネジメント手法、ユーザビリティ手法を利用した設計インプットの確立とバリデーションの実施 オンライン
2022/12/26 デジタルヘルスケア・新医療機器・DTx開発における薬機法対応とビジネス戦略のポイント オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/12/31 機械学習・ディープラーニングによる "異常検知" 技術と活用事例集
2022/9/30 5G時代のデジタルヘルスとその事業化
2022/8/31 医療機器の設計開発における統計的手法とそのサンプルサイズ設定
2021/11/10 医療機器製造におけるバリデーション基礎講座
2021/10/18 医療機器の設計・開発時のサンプルサイズ設定と設定根拠
2021/10/15 医療機器のプロセスバリデーション (PV) と工程管理
2021/6/28 AI・MI・計算科学を活用した蓄電池研究開発動向
2021/3/15 体温計 (CD-ROM版)
2021/3/15 体温計
2021/2/25 CAPA規程・手順書・様式
2021/2/1 ISO13485:2016対応 QMSひな形集一式
2021/2/1 QMS (手順書等) ひな形 災害対策計画書 (サイト毎)
2021/2/1 QMS (手順書等) ひな形 災害対策ガイドライン
2021/2/1 QMS (手順書等) ひな形 災害対策ポリシー
2021/2/1 QMS (手順書等) ひな形 災害時システム対策本部行動基準 (サイト毎)
2020/10/28 QMS/ISO要求をふまえた医療機器「プロセス」「滅菌」「包装」「ソフトウェア」バリデーションの進め方
2020/7/31 生体情報センシングと人の状態推定への応用
2020/4/30 生体情報計測による感情の可視化技術
2019/11/21 医療機器企業におけるリスクマネジメントセミナー (オンデマンド)
2019/11/21 医療機器企業におけるリスクマネジメントセミナー (DVD)