技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

物理劣化・物理再生理論による高度マテリアルリサイクルプロセス

物理劣化・物理再生理論による高度マテリアルリサイクルプロセス

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、マテリアルリサイクルに関する研究について解説するとともに、最近のリサイクルに関する研究開発状況について概説いたします。

開催日

  • 2022年8月5日(金) 13時30分 16時30分

受講対象者

  • プラスチックのリサイクルに関心のある方
  • 高分子の力学物性の発現メカニズムに関心のある方
  • 高分子の自己再生能力に関心のある方

修得知識

  • プラスチックの物理劣化・物理再生メカニズム
  • プラスチックのマテリアルリサイクル
  • プラスチックの力学的特性発現メカニズム

プログラム

 現在プラスチックによる地球環境破壊が深刻な問題としてクローズアップされている。一方で、安価で清潔・安全・安心な生活を維持継続するためには、プラスチックは欠かせないものであり、全世界的にその需要そして生産量が減少することはないと思われる。従って、増加し続ける廃棄プラスチックの処理問題解決には、効率的かつ効果的なリサイクルプロセスの研究開発が欠かせない。また資源循環が目に見えて分かりやすいマテリアルリサイクルは、循環型経済社会の確立のためにも欠かせない。しかし従来廃棄プラスチックは再生不可能な化学劣化により物性低下が生じでいるとされ、本格的な再利用はなされてこなかった。福岡大学は、この物性低下原因が内部構造変異による物理的なものであり、再生手法の最適化により物性向上が可能であることを見出し、そのための再ペレタイズプロセスを開発している。
 本講演ではこれらの研究について解説するとともに、最近のリサイクルに関する研究開発状況について概況する。

  1. 循環型経済・カーボンニュートラルとぷらすちっくのマテリアルリサイクル
  2. 日本のプラスチックリサイクルの現状について
  3. 物理劣化・物理再生理論
    1. 物理劣化メカニズム
    2. 高分子の自己再生能力と物理再生メカニズム
    3. 高分子の力学的特性発現メカニズムとメソ構造
  4. 実用的な高度再生プロセス
    1. 樹脂溜まり部のある二軸押出機によるペレタイズプロセスと物性
    2. 二軸押出機によるペレタイズプロセスと内部構造
    3. 射出成形プロセスと物性

講師

  • 八尾 滋
    福岡大学 工学部 化学システム工学科
    教授

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 40,000円 (税別) / 44,000円 (税込)
複数名
: 18,000円 (税別) / 19,800円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

シーエムシーリサーチからの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。
また、2名様以上同時申込で全員案内登録をしていただいた場合、1名様あたり半額の 18,000円(税別) / 19,800円(税込)となります。

  • Eメール案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 36,000円(税別) / 39,600円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 36,000円(税別) / 39,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 54,000円(税別) / 59,400円(税込)
  • Eメール案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 80,000円(税別) / 88,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 120,000円(税別) / 132,000円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 24,000円(税別) / 26,400円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/8/24 バイオプラスチックの基礎と開発事例および試験・評価法 オンライン
2022/8/24 非可食バイオマスを含むバイオプラスチックの最新動向 オンライン
2022/8/25 固体触媒を利用したバイオマスプラスチック原料の環境低負荷合成 オンライン
2022/8/26 ライフサイクルアセスメント (LCA) の初歩 オンライン
2022/8/26 バイオプラスチックの基礎と応用、開発・利用動向と開発事例 オンライン
2022/8/29 生分解性プラスチックの土壌・海洋生分解と具体的な実験手順・ポイント オンライン
2022/8/29 脱炭素におけるバイオマスの最新動向と今後のビジネス・チャンス オンライン
2022/8/29 マイクロ波を利用したポリエステルのリサイクル法 オンライン
2022/8/30 自動車分野におけるプラスチックの動向およびリサイクルの動き オンライン
2022/8/30 CFRPリサイクルの動向と課題および再資源化技術 オンライン
2022/9/5 廃プラスチックの石油精製プロセスを活用した石油化学原料化技術開発 オンライン
2022/9/8 ポリ乳酸の基礎から技術・市場開発最前線まで オンライン
2022/9/8 プラスチックの熱・触媒分解挙動とプラスチックリサイクル技術 オンライン
2022/9/8 中国における廃プラリサイクル・生分解プラスチックの動向 オンライン
2022/9/9 リチウムイオン電池の最近の動向とリサイクル、電池材料の展望 オンライン
2022/9/12 微細藻類の培養技術と社会実装へ向けた課題 オンライン
2022/9/12 バイオマス粉体を複合化した海洋生分解性プラスチックの開発事例 オンライン
2022/9/13 プラスチックのケミカルリサイクル、メカニカルリサイクルとバイオマス由来プラスチックの基本と最新動向 オンライン
2022/9/22 バイオマスモノマーの開発と応用事例 オンライン
2022/9/22 微生物によるカーボンリサイクル オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/7/15 2022年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2021/9/29 世界のレトルトフィルム・レトルトパウチの市場実態と将来展望 2020-2023 (書籍版)
2021/9/29 世界のレトルトフィルム・レトルトパウチの市場実態と将来展望 2020-2023 (書籍版 + CD版)
2021/9/29 世界のレトルトフィルム・レトルトパウチの市場実態と将来展望 2020-2023 (PDF版)
2021/7/28 プラスチックリサイクル
2021/7/16 2021年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2021/6/30 日本と海外グローバルブランド40社のSDGs環境戦略
2021/2/10 食品包装産業を取り巻くマイクロプラスチック問題
2020/9/30 食品容器包装の新しいニーズ、規制とその対応
2020/9/10 生分解性プラスチック入門
2020/5/22 2020年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2019/4/24 日・欧・米における食品容器包装規制と制度の比較2019
2019/4/19 2019年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2017/3/24 2017年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2015/3/27 2015年版 再生可能エネルギー市場の実態と将来展望
2013/4/25 新しいプロピレン製造プロセス
2013/3/27 医薬品・食品包装の設計と規制・規格動向 - 品質・安全・使用性向上のために -
2012/10/30 植物由来プラスチックの高機能化とリサイクル技術 (新装版)
2011/12/22 植物由来ポリマー・複合材料の開発
2011/4/1 '11 新エネルギービジネスの将来展望