技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

医療・ヘルスケア分野参入に向けた新規事業・研究開発テーマ企画のための応用別ニーズ・課題動向

オンデマンドセミナー

医療・ヘルスケア分野参入に向けた新規事業・研究開発テーマ企画のための応用別ニーズ・課題動向

~機能性材料・素材編~
オンライン 開催

関連するセミナーとの同時の申し込みはこちらよりご案内しております。

このセミナーは2021年10月に開催したセミナーのオンラインセミナー:オンデマンド配信です。
オンラインセミナーは、お申し込み日より10営業日の間、動画をご視聴いただけます。
お申込は、2022年3月30日まで受け付けいたします。
(収録日:2021年10月13日 ※映像時間:約4時間23分)

開催日

  • 2022年2月25日(金) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 医療・ヘルスケア分野で今後期待されるデバイスやアプリケーションとその現状・課題・ニーズ
  • 医療・ヘルスケア分野で素材科学が応用されている具体事例

プログラム

 素材技術を応用した新規事業企画立案をサポートするため、さまざまな素材を医療デバイスやアプリケーションに応用した事例に学び、さらには医療・ヘルスケア分野で今後が期待されている機器デバイスや、システム・アプリケーションを取り上げ、現状やそこにある課題、ニーズを解説する。

  1. 目的
  2. 素材視点での医療に関係するイノベーション
    • センサー技術
    • 新素材と素材加工技術
    • 電池や電源の長寿命化、安全性の向上
    • AIなどの人工知能、ソフトウエア技術
    • 3Dプリンター
  3. 実用化されている素材科学応用デバイスやアプリケーション
    1. 植え込み型医療機器の事例 (ステント)
    2. 植え込み型医療機器の事例 (ペースメーカー)
    3. 植え込み型医療機器の事例 (人工関節)
    4. 植え込み型医療機器の事例 (人工関節表面加工)
    5. 歯科向け医療機器の事例 (人工歯根)
    6. 体外診断薬迅速検査の事例 (イムノクロマト法)
    7. 体外診断薬迅速検査の事例 (血糖センサー)
    8. 体外診断薬迅速検査の事例 (一体型POCTデバイス)
    9. 体外診断薬迅速検査の事例 (μ-TAS)
    10. 体外診断薬全自動検査や画像解析の事例
    11. 再生医療向け素材
      • ソフトマテリアル
      • 培地成分
      • 3Dプリンター
      • MEMSなど
    12. 各種器官・臓器の再生難易度と生体材料
  4. 今後期待されるデバイスやアプリケーション
    1. 磁性粒子応用分野概論
      1. 診断検査領域
      2. バイオメディカル領域
      3. バイオプロセス領域
      4. 治療領域
    2. ヘルスケア領域におけるセンサー
      1. センサーと生体計測
      2. ウェアラブルセンサーとICT支援サービス
      3. 生体計測市場
      4. デジタルヘルスの応用事例
      5. 医療分野におけるセンシングデバイスの付加価値の創造
    3. ペプチド医薬品概論と課題
      1. ペプチド医薬品概論
      2. ペプチドの合成法
      3. 特殊ペプチド
    4. 表面改質処理 (医療機器向けコーティング)
      1. 不動態化
      2. 物理機械的
      3. 抗菌性
      4. 薬物送達
    5. DDS (医薬品送達システム)
      1. DDSの概論
      2. 経皮吸収DDSの事例
  5. 素材を生かす周辺技術
    1. 3Dプリンター
    2. AI技術
  6. 参考資料
    • 質疑応答

講師

  • 笹嶋 政昭
    笹嶋グローバルコンサルティング
    代表

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,400円 (税別) / 33,440円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 30,400円(税別) / 33,440円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

オンデマンドセミナー 2コースセットのお申込み

セット対象セミナー

オンデマンドセミナーの留意点

  • 申込み後、すぐに視聴可能なため、本セミナーのキャンセルは承りかねます。 予めご了承ください。
  • 録画セミナーの動画をお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 視聴テスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 3営業日後までに、メールをお送りいたします。
  • 視聴期間は申込日より、10営業日の間です。
    ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • 動画視聴・インターネット環境をご確認ください
    • セキュリティの設定や、動作環境によってはご視聴いただけない場合がございます。
    • サンプル動画が閲覧できるかを事前にご確認いただいたうえで、お申し込みください。
  • 本セミナーの録音・撮影、複製は固くお断りいたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/5/30 治験前からはじめるGCTP省令に適合する再生医療等製品の工程設計とプロセスバリデーション・ベリフィケーションの考え方構築 オンライン
2022/5/30 承認取得後を見据えた再生医療等製品/細胞加工製品の開発段階におけるGCTP省令要求事項および治験薬GMPへの対応、留意点 オンライン
2022/5/30 アンチセンス、siRNA医薬 (核酸) に特化した特許動向と特許実務 (特許性判断・侵害性判断) オンライン
2022/5/31 医薬品マーケティングにおけるプランニングと説得力ある販売計画のコツ オンライン
2022/6/3 創薬モダリティの事業性評価法とステークホルダーへの説明・説得 オンライン
2022/6/6 デジタル治療薬のコンセプトメイキング オンライン
2022/6/6 日常生活下における体表面生体信号の計測と応用 オンライン
2022/6/6 次世代抗体の特許戦略 オンライン
2022/6/7 ヘルスケア分野における医療機器プログラム該当性判断と薬機法・景品表示法等のグレーゾーン対応 オンライン
2022/6/8 ASEANにおける医療機器の動向および規制・薬事申請のポイント (アーカイブ配信) オンライン
2022/6/8 承認取得後を見据えた再生医療等製品/細胞加工製品の開発段階におけるGCTP省令要求事項および治験薬GMPへの対応、留意点 オンライン
2022/6/9 医療機器に求められるサイバーセキュリティとは? オンライン
2022/6/10 局所止血材の医療ニーズ・課題と効果的な使用法 オンライン
2022/6/14 プロジェクトマネジメント技法 オンライン
2022/6/14 CAPAの具体的な実施方法セミナー オンライン
2022/6/15 新規参入のためのデジタルヘルスケア・新医療機器製品開発におけるビジネス戦略 オンライン
2022/6/15 誘電エラストマの材料・電極・設計法とEV等最新応用展望 オンライン
2022/6/17 次世代型診断薬の動向を踏まえた体外診断薬 (IVD) の開発のポイントと診断と治療を一体化する開発戦略 オンライン
2022/6/17 遺伝子改変マウス作製技術の基礎と応用 オンライン
2022/6/20 自社事業を起点にしたマクロ環境分析に基づく未来のニーズの予測法 オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/2/28 With・Afterコロナで生まれた新しい潜在・将来ニーズの発掘と新製品開発への応用
2021/11/10 医療機器製造におけるバリデーション基礎講座
2021/10/18 医療機器の設計・開発時のサンプルサイズ設定と設定根拠
2021/10/15 医療機器のプロセスバリデーション (PV) と工程管理
2021/3/15 体温計 (CD-ROM版)
2021/3/15 体温計
2020/10/28 QMS/ISO要求をふまえた医療機器「プロセス」「滅菌」「包装」「ソフトウェア」バリデーションの進め方
2020/7/31 生体情報センシングと人の状態推定への応用
2020/6/30 米国での体外診断用医薬品の開発/審査対応 実務集
2020/4/30 生体情報計測による感情の可視化技術
2020/3/24 リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -
2019/11/21 医療機器企業におけるリスクマネジメントセミナー (オンデマンド)
2019/11/21 医療機器企業におけるリスクマネジメントセミナー (DVD)
2019/6/27 FDAが要求するCAPA導入の留意点
2018/10/31 細胞培養加工施設の構築と運営管理の省力・省コスト化
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向