技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

粘着剤・粘着テープの解析、評価技術

粘着剤・粘着テープの解析、評価技術

~タック性やピール性、密着性、糊残り、劣化要因などを正しく解析、評価するには~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、粘着・剥離・レオロジーについて基礎から解説し、粘着剤の変更・形態形成を考慮した粘着力測定について詳解いたします。

開催日

  • 2022年2月10日(木) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 粘着・接着・剥離技術に関連する技術者
    • テープ、シールなどの粘着剤、粘着製品
    • 住宅・建築材料
    • 電気・電子部品
    • 電子機器
    • 自動車
    • 医療
    • 生活環境部材
    • 塗装
    • 印刷
    • 包装
    • 事務用品 など
  • 粘着剤・剥離剤のユーザ
  • これから粘着・剥離に携わる方
  • 粘着・剥離で課題を抱えている方

修得知識

  • 粘着・剥離に関する物理的な基礎知識
  • 走査プローブ顕微鏡 (SPM) の原理および各測定モードについて
  • SPM の高分子材料表面・界面での活用事例について
  • SPM と他の分析手法を組み合わせた総合解析事例について (密着性、劣化解析など)
  • レオロジー測定の基礎知識
  • 粘着性 (タック性) 、剥離性 (ピール性) の評価手法
  • 粘着剤の評価事例

プログラム

第1部 粘着剤、粘着テープの力学特性とその挙動

(2022年2月10日 10:30〜12:10)

 粘着・剥離現象のメカニズムについて、理論的枠組みと実例を紹介する。 (1) 粘着剤の代表的な材料である高分子の力学物性 (粘弾性・時間温度換算則) 、ならびに、粘着の3要素 (タック・保持力・粘着力) について、それらの意味をレオロジーの観点から説明する。 (2) 粘着剤の開発においては、「くっつきやすく、はがしやすい」粘着剤が良いとされる事が多いが、このような良い粘着剤を推定する経験則を紹介する。 (3) 粘着剤は剥離のとき大変形し、様々な特徴的な形態の形成される場合がある。タック測定時、および、テープ剥離時における形態形成の実例を紹介する。

  1. はじめに
    1. 接着と粘着
    2. 粘着・剥離を観るスケール
    3. 用語解説
  2. 粘着剤のレオロジー
    1. 粘性と弾性
    2. 高分子の粘弾性
    3. 粘着剤に関する経験則
  3. 粘着剤の大変形・形態形成
    1. タック測定における事例
    2. テープ剥離測定における事例
    • 質疑応答

第2部 走査プローブ顕微鏡 (SPM) を中心とした粘着・接着材料表面および界面での物性・構造評価

(2022年2月10日 13:00〜14:40)

 粘着材料に関して、例えば、ラミネートできない、剥がせる粘着テープを剥がした時に糊残りしてしまうなどの不具合が生じたときに、IRやXPSなどの表面分析手法でも差が見られずに、原因が分からないという経験をされた方も多いかと思います。そのような場合には、走査プローブ顕微鏡 (SPM) を用いた表面物性・構造評価技術が活用できるケースがあります。
 本講演では、SPMの原理とともに、実際の評価事例や総合解析事例について紹介します。

  1. 走査プローブ顕微鏡 (SPM) を用いた高分子材料表面・界面での評価事例
    1. SPM とは…
    2. SPM の各測定モード
    3. DFM (ダイナミックフォースモード) による表面粘弾性特性評価
    4. LFM (水平力顕微鏡) による摩擦力の温度依存性測定 (表面の分子運動性)
    5. CFM (化学力顕微鏡) による材料表面の親水性疎水性評価
    6. FC (フォースカーブ) 法による表面弾性率測定 (硬化状態の評価)
    7. FCM (フォースカーブマッピング) による表面弾性率マッピング測定
    8. AFM – IR (ナノI R ) による局所領域での構造・組成の評価
    9. ナノTA による局所領域での熱特性の評価
  2. 走査プローブ顕微鏡 (SPM) と他の分析手法を組み合わせた総合解析事例
    1. 高分子表面・界面での総合解析
    2. 【事例①】表層を劣化させた表面保護テープでの劣化原因解析
    3. 【事例②】ポリオレフィンの表面改質前後での密着性向上の原因解析
    4. 【事例③】被着体表面でのアクリル系粘着剤の糊残り総合解析
    5. 【事例④】PMMA 樹脂の耐候性試験による劣化要因解析
    6. 【事例⑤】エポキシ系接着剤での熱劣化要因総合解析
    7. 【事例⑥】金属 – 樹脂接合材料の接合界面での樹脂の密着性原因解析
  3. 繊維強化プラスチック (FRP) 材料の劣化解析 (繊維 – 樹脂界面での密着性評価を含む)
    1. FRP での樹脂及び繊維樹脂界面での総合解析
    2. 耐候性試験による劣化解析 (炭素繊維/熱硬化性樹脂)
    3. 熱老化試験による劣化解析 (ガラス繊維/ポリプロピレン樹脂)
    • 質疑応答

第3部 レオロジー測定による粘着剤の物性評価

(2022年2月10日 14:50〜16:30)

 レオロジー測定は材料の粘性と弾性を同時に評価することができ、材料の流動特性から内部構造の評価まで幅広い用途に応用できる。
 本セミナーでは、レオロジー測定の基礎から、未架橋粘着材の塗布工程の評価に必要な複雑な流動特性、ゲル化や熱硬化などの硬化特性、粘着特性、剥離特性など、粘着剤の設計において重要な評価項目を測定例と共に紹介する。

  1. レオロジー測定の概要
    1. 粘弾性体とは?
    2. レオロジー測定とは?
    3. レオメータとは?
  2. レオロジー測定の基礎
    1. レオロジー測定の概要
    2. 回転 (静的) 測定と応用例
    3. 振動 (動的) 測定と応用例
  3. 粘着材・接着剤の評価
    1. 材料の塗布行程の評価
      • たれ性
      • レベリング性
    2. 硬化過程の評価
      • 熱硬化
      • 反応固化
      • ゲルゾル転移
      • ゲル化点
    3. 粘着性 (タック性) 、剥離性 (ピール性) 評価
    4. 温度特性評価 (プローブタックとの相関など)
    5. 湿度変化による物性評価
    • 質疑応答

講師

  • 山崎 義弘
    早稲田大学 理工学術院 先進理工学部 物理学科
    教授
  • 生井 勝康
    株式会社 三井化学分析センター 材料物性研究部
    主席研究員
  • 宮本 圭介
    株式会社 アントンパール・ジャパン ビジネスユニットキャラクタリゼーション
    マネージャー

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 50,000円(税別) / 55,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 60,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/5/23 発泡プラスチックの基礎 オンライン
2022/5/25 粘着剤/粘着テープの必須基礎知識 オンライン
2022/5/25 ポリビニルアルコール (PVOH) の基礎と物性および応用展開 オンライン
2022/5/25 時間-温度換算則を活用した高分子材料の強度・変形予測、諸特性の加速試験方法 オンライン
2022/5/25 微粒子分散系のレオロジー オンライン
2022/5/26 インクジェット技術入門 オンライン
2022/5/26 自動車に関わる規制動向と電動化の展望、および車両の軽量化への技術動向 東京都 会場・オンライン
2022/5/27 熱硬化性CFRPの成形と2次加工の実務ノウハウ オンライン
2022/5/30 難接着材料の表面処理による接着性改善 オンライン
2022/5/31 塗膜の強度評価と割れ・はがれに対する欠陥対策 オンライン
2022/5/31 自動車のマルチマテリアルに対応する構造用接着剤の設計・開発と活用・選択・評価技術 オンライン
2022/5/31 高分子複合材料のレオロジーの基礎と応用 オンライン
2022/6/1 プラスチック・ゴム・粘/接着製品の劣化メカニズムと寿命予測・劣化加速条件の設定手法 オンライン
2022/6/17 粘弾性測定を用いた材料物性評価 オンライン
2022/6/17 粘着・剥離現象の理解と可視化・モデリング オンライン
2022/6/21 接着剤のメカニズム、選び方・使い方、接着性評価 オンライン
2022/6/24 樹脂・接着剤・コーティングなどにおける硬化度・硬化挙動の分析とその応用 オンライン
2022/6/24 分散剤の種類、特性、選択と配合設計技術 オンライン
2022/6/27 接着・接合応力の発生メカニズムと強度評価技術 オンライン
2022/6/27 ポリイミドの分子設計、応用例および複合材料 オンライン