技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

アクリル酸エステル 技術開発実態分析調査報告書

特許情報分析 (パテントマップ) から見た

アクリル酸エステル 技術開発実態分析調査報告書

~テーマ別動向予測シリーズ~
アクリル酸エステル 技術開発実態分析調査報告書の画像

概要

本調査報告書は、アクリル酸エステルに関するパテントマップ、パテントチャートを作成し、技術開発動向、最近の注目技術など具体的なデータを提供しております。

ご案内

1. 調査目的

「アクリル酸エステル」に関する公開件数、発明者、および特許分類などに対し、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
① どの関連企業にどのような技術の公開があるか、
② 各企業の技術開発動向はどのように推移しているか、
③ 最近注目する技術は何なのか、
④ 各企業間の連携状況はどのようになっているか
等を明確にして、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

2. 特許情報の収集と処理

本調査報告書は、「アクリル酸エステル」に関する過去10年間 (国内公開日:2001年~2010年) に及ぶ公開特許について、「特許検索ASPサービスSRPARTNER」 ( (株) 日立システムズ 製) を使用し、検索、収集した。報告書作成にはパテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」 (インパテック (株) 製) を使用した。特許情報公報の総数は13,726件である。

3.報告書の構成

本報告書は、次の三つの部分から構成されている。

  • Ⅰ. パテントマップ編
    • A. 全般分析
    • B. 詳細 (出願人、特許分類、キーワード) 分析
      ※キーワード (発明の名称、要約、請求の範囲から抽出) においては、
      下記3グループの観点からも分析を行った。
      • ① 種類系キーワード (アクリル酸ブチルなど9個)
      • ② ○○性系キーワード (安定性など20個)
      • ③ 用途系キーワード (塗料、インキなど13個)
  • Ⅱ. パテントチャート編
  • Ⅲ. 総括コメント

4. 本報告書の特徴

  • 「アクリル酸エステル」に関する技術動向が分かりやすく把握できる
  • パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい
  • パテントマップViewer (添付ソフト) により、パテントマップおよびパテントチャートの当該部分に含まれる特許の詳細内容を調べることができる

パテントマップ実例、および本文中の実際のページ例

目次

Ⅰ. パテントマップ編

  • A. 全般分析
    • A-1. 全体の技術開発ライフサイクル
    • A-2. 公開件数の推移 (年次と累計)
    • A-3. 出願人数の推移 (年次と累計)
    • A-4. 新規発明者数の推移 (年次と累計)
    • A-5. 新規FIメイングループ分類数の推移 (年次と累計)
    • A-6. 新規FIサブグループ分類数の推移 (年次と累計)
    • A-7. 新規Fターム分類数の推移 (年次と累計)
    • A-8. 出願人別公開件数ランキング (上位100)
    • A-9. 発明者別公開件数ランキング (上位50)
    • A-10. FIメイングループ分類別公開件数ランキング (上位50)
    • A-11. FIサブグループ分類別公開件数ランキング (上位100)
    • A-12. Fタームテーマコード分類別公開件数ランキング (上位50)
    • A-13. Fターム分類別公開件数ランキング (上位100)
    • A-14. 1位Fタームテーマコード (4J002) の技術分類別件数 (観点×数字)
    • A-15. 2位Fタームテーマコード (4J100) の技術分類別件数 (観点×数字)
    • A-16. 発明者別公開件数グロスランキング (上位20)
    • A-17. 出願人別参入・撤退状況 (最近40、公開件数5件以上)
    • A-18. FIメイングループ分類別出現・消失状況 (公開件数上位40)
    • A-19. FIサブグループ分類別出現・消失状況 (公開件数上位40)
    • A-20. Fターム分類別出現・消失状況 (最近40、公開件数5件以上)
    • A-21. 出願人別公開件数伸長率 (上位50、件数差5件以上)
    • A-22. 発明者別公開件数伸長率 (上位50、件数差8件以上)
    • A-23. FIメイングループ分類別公開件数伸長率 (上位50、件数差10件以上)
    • A-24. FIサブグループ分類別公開件数伸長率 (上位50、件数差10件以上)
    • A-25. Fターム分類別公開件数伸長率 (上位50、件数差10件以上)
    • A-26. FIメイングループ分類別発明者数伸長率 (上位50、発明者数差20名以上)
    • A-27. FIサブグループ分類別発明者数伸長率 (上位50、発明者数差20名以上)
    • A-28. Fターム分類別発明者数伸長率 (上位50、発明者数差30名以上)
  • B. 詳細 (出願人、特許分類、キーワード) 分析
    • B-1. 上位20出願人比較分析
      • B-1-1. 公開件数比較 (期間着目:2期間+全体)
      • B-1-2. 公開件数の推移 (累計)
      • B-1-3. 共同出願人数の推移 (累計)
      • B-1-4. 新規発明者数の推移 (累計)
      • B-1-5. 新規FIメイングループ分類数の推移 (累計)
      • B-1-6. 新規FIサブグループ分類数の推移 (累計)
      • B-1-7. 新規Fターム分類数の推移 (累計)
      • B-1-8. 新規キーワード数の推移 (累計)
      • B-1-9. 上位20FIメイングループ分類との公開件数相関
      • B-1-10. 上位20FIサブグループ分類との公開件数相関
      • B-1-11. 上位20Fターム分類との公開件数相関
      • B-1-12. 上位2Fタームテーマコード分類における公開件数比較
      • B-1-13. 種類系キーワードとの公開件数相関
      • B-1-14. ○○性系キーワードとの公開件数相関
      • B-1-15. 用途系キーワードとの公開件数相関
      • B-1-16. 種類系キーワードとの発明者数相関
      • B-1-17. ○○性系キーワードとの発明者数相関
      • B-1-18. 用途系キーワードとの発明者数相関
      • B-1-19. 公開件数占有率
      • B-1-20. 公開件数の伸びと1位Fターム分類[4J100CA04]に関する構成率比較
      • B-1-21. 発明者数*FIサブグループ分類数の比較
    • B-2. 上位5出願人個別分析
      • B-2-1-*. FIサブグループ分類別公開件数ランキング (上位50)
      • B-2-2-*. Fターム分類別公開件数ランキング (上位50)
      • B-2-3-*. FIサブグループ分類別公開件数の推移 (上位20、累計)
      • B-2-4-*. Fターム分類別公開件数の推移 (上位20、累計)
      • B-2-5-*. FIサブグループ分類別出現・消失状況 (最近40)
      • B-2-6-*. キーワード別出現・消失状況 (最近40、公開件数5件以上)
      • B-2-7-*. 独自FIサブグループ分類別公開件数ランキング
      • B-2-8-*. 独自キーワード別公開件数ランキング (上位50)
      • B-2-9-*. 共同出願人との連携
        注:*は、上位5出願人が該当。
    • B-3. カネカ、三菱レイヨン2社分析
      • B-3-1. 2社の上位10FIサブグループ分類別公開件数の推移 (年次)
      • B-3-2. 2社のカネカ上位10FIサブグループ分類別公開件数比較
      • B-3-3. 2社の三菱レイヨン上位10FIサブグループ分類別公開件数比較
      • B-3-4. 2社のFIサブグループ分類別出現・消失状況 (公開件数上位20)
      • B-3-5. 2社のFターム分類別出現・消失状況 (公開件数上位20)
      • B-3-6. カネカの公開件数伸長率変遷
      • B-3-7. 三菱レイヨンの公開件数伸長率変遷
      • B-3-8. 2社とFターム分類 (上位20) との公開件数相関
      • B-3-9. Fターム分類別公開件数グロスランキング (上位10)
    • B-4. 上位特許分類分析
      • B-4-1. FIメイングループ分類別公開件数比較 (上位20) (期間着目:2期間+全体)
      • B-4-2. FIサブグループ分類別公開件数比較 (上位20) (期間着目:2期間+全体)
      • B-4-3. FIメイングループ分類別公開件数の推移 (上位20、累計)
      • B-4-4. FIサブグループ分類別公開件数の推移 (上位20、累計)
      • B-4-5. FIメイングループ分類別出願人数の推移 (上位20、年次)
      • B-4-6. FIサブグループ分類別出願人数の推移 (上位20、年次)
      • B-4-7. FIメイングループ分類別発明者数の推移 (上位20、年次)
      • B-4-8. FIサブグループ分類別発明者数の推移 (上位20、年次)
      • B-4-9. FIメイングループ分類別公開件数占有率 (公開件数上位20)
      • B-4-10. FIサブグループ分類別公開件数占有率 (公開件数上位20)
      • B-4-11. Fターム分類別公開件数占有率 (公開件数上位20)
    • B-5. 特定特許分類分析
      • B-5-1. 特定FIサブグループ分類の公開件数の推移 (年次)
      • B-5-2. 特定Fターム分類の公開件数の推移 (年次)
      • B-5-3. 特定FIサブグループ分類の新規出願人数の推移 (年次)
      • B-5-4. 特定Fターム分類の新規出願人数の推移 (年次)
      • B-5-5. 特定FIサブグループ分類の新規発明者数の推移 (累計)
      • B-5-6. 特定Fターム分類の新規発明者数の推移 (累計)
      • B-5-7. 特定FIサブグループ分類C07C69/54の公開件数伸長率変遷
      • B-5-8. 特定FIサブグループ分類C09J7/02の公開件数伸長率変遷
      • B-5-9. 特定Fターム分類4J100AL08.Pの公開件数伸長率変遷
      • B-5-10. 特定Fターム分類4H006AA02の公開件数伸長率変遷
      • B-5-11. 特定FIサブグループ分類C07C69/54の出願人別公開件数ランキング (上位50)
      • B-5-12. 特定FIサブグループ分類C09J7/02の出願人別公開件数ランキング (上位50)
      • B-5-13. 特定Fターム分類4J100AL08.Pの出願人別公開件数ランキング (上位50)
      • B-5-14. 特定Fターム分類4H006AA02の出願人別公開件数ランキング (上位50)
    • B-6. キーワード分析
      • B-6-1. キーワード別公開件数ランキング (上位100)
      • B-6-2. キーワード別出現・消失状況 (最近200、公開件数5件以上)
      • B-6-3. キーワード別公開件数の伸長率 (上位50、件数差20件以上)
      • B-6-4. 種類系キーワードの公開件数の推移 (累計)
      • B-6-5. ○○性系キーワードの公開件数の推移 (累計)
      • B-6-6. 用途系キーワードの公開件数の推移 (累計)
      • B-6-7. 種類系キーワードの出願人数の推移 (累計)
      • B-6-8. ○○性系キーワードの出願人数の推移 (累計)
      • B-6-9. 用途系キーワードの出願人数の推移 (累計)
      • B-6-10. 種類系キーワードの新規発明者数の推移 (累計)
      • B-6-11. ○○性系キーワードの新規発明者数の推移 (累計)
      • B-6-12. 用途系キーワードの新規発明者数の推移 (累計)
      • B-6-13. 種類系キーワードの公開件数の伸びと構成率比較
      • B-6-14. ○○性系キーワードの公開件数の伸びと構成率比較
      • B-6-15. 用途系キーワードの公開件数の伸びと構成率比較
      • B-6-16. 種類系キーワードと○○性系キーワードの公開件数相関
      • B-6-17. 種類系キーワードと用途系キーワードの公開件数相関
      • B-6-18. ○○性系キーワードと用途系キーワードの公開件数相関

Ⅱ. パテントチャート編

  • C-1. キヤノンの時系列チャート分析 (2008~2010年)
  • C-2. パナソニックの時系列チャート分析 (2008~2010年)
  • C-3. キヤノンの上位3FIメイングループ分類と上位3発明者のマトリクスチャート分析 (2008~2010年)
  • C-4. パナソニックの上位3FIメイングループ分類と上位3発明者のマトリクスチャート分析 (2008~2010年)

Ⅲ. 総括コメント

参考資料

  • 資料1 : 出願人統合リスト
  • 資料2 : パテントマップ・パテントチャートの種別と見方
  • 資料3 : パテントマップ Viewer (添付ソフト) の使い方

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

A4判 簡易製本 (Viewerソフトウェア添付) 219ページ

ISBNコード

ISBN978-4-904967-71-3

発行年月

2011年11月

販売元

tech-seminar.jp

価格

64,909円 (税別) / 71,400円 (税込)

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/12/7 熱分解分析法 オンライン
2021/12/7 エポキシ樹脂の構造・物性、合成・実務上でのトラブル要因、その対策 オンライン
2021/12/7 ヘルスケア分野における共同研究開発契約締結の基礎と事例検討 オンライン
2021/12/7 ポリウレタン樹脂原料の基礎と最新動向 オンライン
2021/12/8 高分子材料の劣化反応メカニズムの基礎と分析方法 オンライン
2021/12/9 マテリアルリサイクルのためのモノマテリアル化およびポリマーブレンドの技術ポイント オンライン
2021/12/10 SDGsを踏まえた高分子分野の新規開発テーマ 東京都 会場・オンライン
2021/12/10 欧米の審査基準の相違点をふまえた英文特許明細書の作成と実務ポイント オンライン
2021/12/13 リサイクル樹脂の改質技術 オンライン
2021/12/13 注目の新規バイオプラスチック素材・技術・市場開発最前線 オンライン
2021/12/13 高分子の結晶化と結晶高次構造の特徴 オンライン
2021/12/14 ナノフィラーの分散・充填技術、コンポジット材料の開発動向 オンライン
2021/12/14 後発でも勝てる特許戦略とその狙いどころ、実施ポイント オンライン
2021/12/14 流動場での、高分子の結晶化挙動の基礎と成形プロセス中の結晶化解析事例 オンライン
2021/12/14 高分子・ポリマー材料の合成、重合反応の基礎とそのプロセス及び工業化・実用化の総合知識 オンライン
2021/12/14 共重合体の構造制御と機能創出 オンライン
2021/12/14 高屈折率材料の基礎と技術応用 オンライン
2021/12/14 抗体医薬品の特許戦略 オンライン
2021/12/15 振動・騒音対策のための材料技術と評価・設計手法 オンライン
2021/12/15 二酸化炭素・二硫化炭素を用いる高分子材料の合成 オンライン

関連する出版物