技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

反射防止材料・コーティングの作り方と製膜、その応用、評価

反射防止材料・コーティングの作り方と製膜、その応用、評価

~反射率のコントロール方法、素材やロットごとの反射率のムラの防止法 / 4K・8Kテレビ 、スマホやカメラ、ウェアラブル機器など、今後の用途展開~
オンライン 開催

開催日

  • 2021年12月23日(木) 10時15分 16時45分

プログラム

第1部 光学機能性材料のトレンド、反射防止膜の重要性と今後の展望

(2021年12月23日 10:15〜11:45)

 光学機能性材料及びフィルムについて技術の基礎を把握したうえで、特に反射防止フィルムの技術動向・アプリケーション展開等について解説し、今後を展望する。

  1. 光学機能性材料のトレンド
    1. 光学フィルムを構成するフォトニクスポリマー
      1. 光学機能とフォトニクスポリマーの分類
        (PMMA、PC、PET、TACなどに加えて、透明PIや全フッ素樹脂などの新材料を紹介)
      2. フッ素系フォトニクスポリマーの活用
        (反射防止加工剤、指紋除去剤、インクジェット用バンク材、メタル配線形成材 など)
    2. ディスプレイ光学フィルムの基礎と市場
      1. ディスプレイ及び光学フィルムの変遷
      2. ディスプレイ光学フィルムの種類・機能と市場動向
      3. ディスプレイ光学フィルムの原理・特徴 (個別紹介)
        (反射防止フィルム (反射率、反射色調) 、偏光板 (直線・円・楕円) 、ナノリンプリント (ワイヤーグリッドなど) 、輝度向上フィルム、複屈折制御フィルム、量子ドットなど)
  2. 反射防止膜の重要性と今後の展望
    1. 車載用ディスプレイにおける反射防止
    2. 有機ELディスプレイにおける反射防止
      (円偏光フィルム方式、カラーフィルター方式)
    3. 反射防止膜の今後の動向
      (新規な膜材料、モスアイ反射防止、など)
    • 質疑応答

第2部 ナノインプリントによる反射防止加工フィルムの作製と量産化・耐久性向上技術

~ タッチパネル・太陽電池・有機EL照明への応用 ~

(2021年12月23日 12:30〜13:45)

 ナノインプリントは、ナノスケールの微細構造を製造する技術であり、 注目度の高い応用先としてタッチパネル・太陽電池・有機EL照明などが 挙げられる。反射防止加工において、数百nmサイズの凹凸を無数に配列し たモスアイ構造は、蛾の目を模した生体模倣技術の応用であり、性能の面で優 れた手法であると注目されている。本セミナーでは、光拡散の制御可能な拡散 性モスアイフィルムと大面積金型を製造する干渉リソグラフィ技術、連続的な ナノインプリント成型による量産化技術について紹介する。

  1. ナノインプリントの概要
    1. ナノインプリントとは
    2. 想定アプリケーション
      • タッチパネル
      • 太陽電池
      • 有機EL照明など
  2. ナノインプリントによる量産化技術
    1. 量産化への課題
    2. Roll-to-Roll方式ナノインプリントによる量産
    3. 隠蔽性
  3. 拡散性モスアイフィルム
    1. モスアイ構造による反射防止機能
    2. 拡散性モスアイ構造による光拡散制御
    3. 干渉リソグラフィによる大面積化技術
    • 質疑応答

第3部 陽極酸化ポーラスアルミナを用いた反射防止膜の製膜技術

(2021年12月23日 14:00〜15:15)

 Alの陽極酸化によって形成されるナノホールアレー構造材料である陽極酸化ポー ラスアルミナを鋳型とした反射防止膜の製造技術とその評価に関して紹介する.

  1. 陽極酸化の基礎
    1. 陽極酸化ポーラスアルミナの形成
    2. 高規則性ポーラスアルミナの形成方法
    3. 高規則性ポーラスアルミナの構造制御
    4. 高規則性アルミナスルーホールメンブレンの形成
  2. 高規則性ポーラスアルミナを用いたナノインプリントプロセス
    1. ポーラスアルミナモールドの形成
    2. ナノインプリントによる規則パターン形成
    3. ロール状モールドを用いた連続インプリント
    4. インプリントによるナノマイクロ階層構造の形成と撥水表面への応用
  3. ナノインプリントプロセスによるモスアイ構造の形成
    1. モスアイ構造形成用ポーラスアルミナモールドの形成
    2. ナノインプリントによるモスアイ構造の形成
    3. 突起形状制御による特性最適化
    4. 射出成型によるモスアイ構造の形成
    5. 新生特性を有するモスアイ表面の構築
    • 質疑応答

第4部 硬反射防止コートの設計と湿式法による作製

(2021年12月23日 15:30〜16:45)

 反射防止コートの種類と原理と設計方法および湿式法としてゾル – ゲル法による成膜技術について解説します。また、エクセルを用いて光学干渉による反射スペクトルのシミュレーションを実践します。

  1. 反射防止コートの種類
    1. アンチグレア (AG)
    2. アンチリフレクション (AR)
    3. AGとARの併用
    4. 無反射コート (モスアイ構造)
  2. 反射防止コートの原理と設計方法
    1. 光学干渉による反射防止の原理
    2. 光学干渉による反射防止シミュレーション
    3. モスアイ構造による反射防止の原理
    4. モスアイ構造による反射防止シミュレーション
  3. 反射防止コートの作製技術
    1. 乾式法と湿式法
    2. ゾル-ゲル法とは
    3. ゾル-ゲル法の応用例
    4. ゾル-ゲル法による成膜技術
    • 質疑応答

講師

  • 青崎 耕
    株式会社 FT-Net
    取締役
  • 井上 智晴
    株式会社 イノックス 機能性フィルム開発担当
  • 柳下 崇
    首都大学東京 大学院 都市環境科学研究科 分子応用化学域
    准教授
  • 羽山 秀和
    株式会社 KRI ナノ構造制御研究部
    主席研究員

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 66,000円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 55,000円(税別) / 60,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 121,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 181,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/1/31 高分子フィルム・繊維の延伸プロセスにおける分子配向形成と制御技術 オンライン
2022/1/31 大気圧プラズマの基礎と最新応用技術 オンライン
2022/2/1 熱力学・電気化学・金属材料学とめっき膜観察・分析方法 オンライン
2022/2/3 濡れの設計・制御と表面自由エネルギーの解析技術 オンライン
2022/2/4 基礎から理解するポリイミドの高性能化・機能化設計 オンライン
2022/2/7 最新ディスプレイ (OLED/QNED/ミニLED/マイクロLED) の課題・市場動向・技術トレンド オンライン
2022/2/8 ゾル-ゲル法の実務活用のための速習セミナー オンライン
2022/2/9 市場浸透を図るMini-LED、次世代を狙うμLEDディスプレイ技術の将来展望 オンライン
2022/2/14 化粧品粉体の表面設計とコーティング入門 オンライン
2022/2/14 めっき技術の半導体・電子デバイスへの応用と最新動向 オンライン
2022/2/14 ホログラフィの基礎と3次元映像への応用・展望 オンライン
2022/2/15 プラスチックの表面処理・改質技術と接着性の改善・評価方法 オンライン
2022/2/15 バリアフィルムの基礎と作製・評価法およびハイバリア技術 オンライン
2022/2/17 ぬれの基礎と実用的な撥水・撥油/親水処理技術の最新研究開発動向 オンライン
2022/2/18 表面化学修飾ナノコーティング技術の基礎と高機能化・界面制御への応用 オンライン
2022/2/18 塗布膜乾燥のメカニズムの理解と品質保持、最適化、トラブル対策のコツと勘どころ オンライン
2022/2/21 有機ELディスプレイ・照明の国内外の最新動向と将来トレンド オンライン
2022/2/22 自動車のEV化で期待されるプラスチックの電磁波シールドめっき オンライン
2022/2/28 ダイコーティングの基礎理論とトラブル対策 オンライン
2022/2/28 シランカップリング剤の反応メカニズム、使い方、密着性や物性の評価 オンライン

関連する出版物