技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

深紫外線によるウイルスの不活化と発光出力・安全性の両立

深紫外線によるウイルスの不活化と発光出力・安全性の両立

オンライン 開催

開催日

  • 2021年12月8日(水) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 光 (UV) 、光化学反応、光源、微生物の分類と特徴
  • 新型コロナウイルスと感染、UV照射による不活化メカニズム
  • UVによる新型コロナウイルスの不活化
  • UV不活化装置、UVの人への影響、安全な利用など
  • 200nm以下の深紫外線域の発光を得る半導体材料を開発するうえで必要な基礎知識
    • 半導体材料の結晶成長と物性評価
    • 光学特性を評価するための装置仕様
  • 深紫外LEDの応用分野、ウィルス不活化・殺菌効果、波長選択の重要性
  • 半導体素子の構造、深紫外高効率発光の機構、そのほか特性を決める効率など
  • 深紫外LED高効率化の方法、社会実装に向けた高出力素子の開発方法

プログラム

第1部 (深) 紫外線による微生物 (特に、新型コロナウイルス) の不活化

(2021年12月8日 10:30〜12:10)

 現在、コロナ禍であり感染予防対策が非常に重要である。新型コロナウイルスの不活化の有効な手段として深紫外線照射が挙げられる。そこで、紫外線による微生物 (新型コロナウイルスも含む) の不活化技術について基礎から応用事例を紹介する。

  1. はじめに
    1. 不活化技術の必要性 (背景)
    2. UV殺菌技術の歴史
  2. 光の基礎
    1. 光の波長とエネルギー
    2. 光化学反応 (法則、分子の励起)
    3. 光源
  3. UVによる不活化
    1. 微生物の分類と特徴
    2. 不活化メカニズム (有効光<波長>)
  4. UV不活化技術の特徴
  5. UVエネルギー計測
  6. 微生物へのUV不活化効果確認事例
  7. 新型コロナウイルスの不活化
    1. 新型コロナウイルスと感染メカニズム
    2. UVによる不活化メカニズム
    3. 不活化に必要なUVエネルギー
  8. UV不活化装置 (空気、表面、水)
  9. UVの人に対する影響 (安全に利用するには)
  10. おわりに
    • 質疑応答

第2部 200nm以下の深紫外線発光へ向けた半導体材料の開発

(2021年12月8日 13:00〜14:40)

 200nm以下の光源は、水銀やエキシマなどの放電型ランプが主流であり、水銀の撤廃、省エネ、コロナ対策の観点から代替光源の開発が強く望まれている。開発の必要性とその加速化を共通認識としてもって頂きたいと考えています。

  1. 深紫外・真空紫外線の分類
  2. 深紫外・真空紫外線光源の種類
  3. 超ワイドギャップ酸化物半導体材料
    1. 結晶構造
    2. 特徴,バンド構造
  4. 結晶成長と評価
    1. ミスト化学気相堆積法
    2. 深紫外・真空紫外線分光システム
  5. 結晶の品質評価
    1. 原子間力顕微鏡像
    2. X線回折
    3. エネルギー分散型X線分析
  6. 光学的特性
    1. 透過測定と解析結果
    2. 分光エリプソメトリ測定と解析結果
    3. カソードルミネッセンス測定と解析結果
  7. 光源開発の指針
    • 質疑応答

第3部 ポストコロナ社会を支える深紫外LEDの開発

(2021年12月8日 14:50〜16:30)

 すでに社会実装が始まっている、「深紫外LED」の応用分野、特にウィルス不活化・殺菌効果について紹介し、ポストコロナ社会における重要性を理解する。深紫外LEDの高効率発光の実現方法について概説し、より応用に適した高出力・低消費電力LEDの開発について議論し、深紫外LEDの今後の社会普及を促す。

  1. 深紫外LEDの応用分野の広がり
    1. UVA~UVCの波長の分類
    2. 波長によ応用分野の分類
      • 殺菌
      • 医療
      • 樹脂硬化
    3. 殺菌用、ウィルス不活化用280nm波長
    4. 人体無害230nm波長とコロナ対応
  2. 深紫外LED開発の骨子
    1. 深紫外LEDの効率
    2. 窒化アルミニウム (AlN) 結晶の転位の低減法
    3. 発光内部量子効率の高効率化
    4. 誘導放出の実現
  3. 高効率深紫外LED
    1. 幅広い波長 (220 – 350nm) の実現
    2. 注入効率の向上
    3. 光取り出し効率の向上
    4. 世界最高効率の実現
  4. ポストコロナ社会への期待
    1. サブワット高出力素子を目指して
    2. 反射PhCによる高出力化
    3. 高出力素子実装
    4. 人体無害230nmLEDの開発
    5. 深紫外LDへの展開
    • 質疑応答

講師

  • 木下 忍
    株式会社アイ・エレクトロンビーム
    代表取締役
  • 尾沼 猛儀
    工学院大学 先進工学部 応用物理学科
    教授
  • 平山 秀樹
    国立研究開発法人 理化学研究所 平山量子光素子研究室
    主任研究員

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 50,000円(税別) / 55,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 60,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/1/25 医療機器QMSで有効な統計的手法とサンプルサイズ決定 オンライン
2022/1/25 EMA、WHO、ISO等考慮した滅菌法選択と留意点 オンライン
2022/1/27 医療機器における薬事申請と保険収載戦略 オンライン
2022/1/28 FDA査察要求をふまえたCAPA (是正措置・予防措置) 導入・継続的運用セミナー オンライン
2022/1/28 医薬品包装・医療機器包装に関わる日欧米三極法規制の最新動向と実務対応 オンライン
2022/1/28 医療機器における保険申請のポイントおよび保険適用戦略の実践 オンライン
2022/1/29 MDR (欧州医療機器規則) の基礎とクリニカルエバリュエーション オンライン
2022/2/1 殺菌・消毒・滅菌および滅菌バリデーション (滅菌の科学的根拠と検証) 入門 オンライン
2022/2/4 身体洗浄料の起泡力・抗菌/抗ウイルス力の制御と使用感の高い処方設計のポイント オンライン
2022/2/8 AIを活用した医療機器の現状および事業化のポイント オンライン
2022/2/9 プロセスバリデーション&リスクマネジメントにフォーカスした改正QMS対応 オンライン
2022/2/14 光触媒による抗菌・ 抗ウイルス反応のメカニズム、評価、最新応用 オンライン
2022/2/15 Injectable ハイドロゲルが分かる一日速習セミナー オンライン
2022/2/16 新医療機器の開発開始 (導入) から製造販売承認申請に至る各段階におけるメディカルライティングの留意事項 オンライン
2022/2/16 滅菌バイアル製造における微生物汚染管理とバリデーションのポイント オンライン
2022/2/17 医療機器 / 体外診断用医薬品の保険適用 (C1,C2,E2,E3) と申請業務の実際 東京都 会場
2022/2/17 抗菌剤・抗ウイルス加工剤の特徴と評価方法 オンライン
2022/2/17 ISO13485取得に向けた効率的な準備プロセスおよび取得のポイント オンライン
2022/2/21 デジタル治療薬開発におけるエビデンス構築とその臨床試験の進め方 オンライン
2022/2/24 代替法も含めたエンドトキシン試験法の現状と留意点並びに今後の展望 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/11/10 医療機器製造におけるバリデーション基礎講座
2021/10/18 医療機器の設計・開発時のサンプルサイズ設定と設定根拠
2021/10/15 医療機器のプロセスバリデーション (PV) と工程管理
2021/10/11 抗ウイルス薬 (CD-ROM版)
2021/10/11 抗ウイルス薬
2021/8/31 創薬研究者がこれだけは知っておきたい最新のウイルス学
2021/3/31 抗菌・抗ウイルス性能の材料への付与、加工技術と評価
2021/3/15 体温計 (CD-ROM版)
2021/3/15 体温計
2020/10/28 QMS/ISO要求をふまえた医療機器「プロセス」「滅菌」「包装」「ソフトウェア」バリデーションの進め方
2020/7/31 生体情報センシングと人の状態推定への応用
2020/4/30 生体情報計測による感情の可視化技術
2019/11/21 医療機器企業におけるリスクマネジメントセミナー (DVD)
2019/11/21 医療機器企業におけるリスクマネジメントセミナー (オンデマンド)
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2016/12/16 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線
2016/9/9 抗菌剤・抗カビ剤・抗ウイルス剤の基礎と応用