技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

コーティングプロセスにおける界面化学とレオロジー解析

コーティングプロセスにおける界面化学とレオロジー解析

~濡れ性と粘弾性からコーティングを正しく把握する~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、コーティング技術を総合的に理解するために、液体および固体の界面化学、続いてコーティング液の材料科学として高分子のレオロジーと微粒子分散系の安定性を概説し、それらをコーティングプロセスに応用するための基礎について説明いたします。

開催日

  • 2021年10月29日(金) 13時00分 16時30分

受講対象者

  • 塗布に関わる材料を扱う技術者
    • 塗料
    • インキ
    • 接着剤など

修得知識

  • 界面化学とレオロジーに基づき、塗工プロセスを素過程に分割して把握する
  • 塗工プロセスの挙動を材料物性と関連づけて理解するコツ
  • コーティング液を塗工プロセスと関連づけて設計するための知識
    • 高分子や分散系のレオロジー
    • 界面活性剤の吸着と表面張力
    • 固体表面に対するぬれ性
  • コーティング液を評価するためのレオロジー及び界面化学的測定法に関するノウハウ

プログラム

 コーティング液の多くは、媒体中にバインダーなどの高分子や顔料などの微粒子が分散した不均一系流体であり、コーティング液の物性制御およびコーティングプロセスの管理を理解するために基盤となる学問はバルクのレオロジーと濡れ性に関する界面化学です。塗料やインクなどは液体状態で紙、プラスチック、金属などに塗布された後、乾燥や化学反応などを経て固体皮膜となりますが、この過程で密接に関連するのは濡れ性に関する界面化学です。一方、液体中に分散した微粒子は、ほとんどの場合、その界面化学的性質に起因して凝集しており、その効果はレオロジー的性質に大きく反映されます。そして、コーティング液の粘弾性的性質は、塗布性に深く関わっています。また、高分子はコーティング液の粘弾性的性質に大きな影響を与えるとともに成膜性と皮膜の性能を支配する重要な要素となっています。
 本セミナーでは、コーティング技術を総合的に理解するために、液体および固体の界面化学、続いてコーティング液の材料科学として高分子のレオロジーと微粒子分散系の安定性を概説し、それらをコーティングプロセスに応用するための基礎について説明します。塗料、インキ、接着剤など塗布に関わる材料を扱う技術者が対象になりますが、受講に際して特別の予備知識は必要ありません。高校で習った理科系科目の内容を思い出せれば理解できると考えます。塗工プロセスに関わったことがない技術者でも、レオロジー測定や界面物性測定について習得できるよう説明します。

  1. 界面化学の基礎
    1. 表面張力と表面エネルギー
    2. 固液界面における濡れと接触角
    3. Zismanプロットと臨界表面張力
    4. 表面の幾何学と超撥水
    5. 溶液の表面張力と界面活性剤の吸着
    6. 臨界ミセル濃度と表面張力
    7. 界面活性剤のHLB値
  2. レオロジーの基礎
    1. 連続体力学の基礎
      1. ひずみ
      2. 剪断速度
      3. 応力
    2. 粘性の基礎
      1. 粘度 (粘性率) の定義
      2. 非ニュートン流動
      3. チクソトロピー
    3. 粘弾性の基礎
      1. 弾性と粘性の基本的性質
      2. 粘弾性の現象論 (粘弾性モデル)
      3. 動的粘弾性の定義とその意味
      4. 動的粘弾性曲線の評価
  3. コーティング液の材料設計にかかわる界面化学とレオロジー
    1. 粒子分散系のコロイド化学的安定性
      1. 粒子の帯電とζ – 電位
      2. イオン雰囲気と電気二重層
      3. DLVO理論と粒子の分散安定性
      4. 吸着高分子と粒子の分散安定性
      5. 凝集分散系のレオロジー的性質
      6. 粒子の濡れ性と分散性
    2. 高分子液体のレオロジー
      1. 高分子の分子運動
      2. 高分子の分子量と粘度挙動との関係
      3. 高分子溶液の非ニュートン流動
      4. ガラス転移
      5. 高分子の分子量と時間 – 温度換算則との関係
  4. プロセスから見たレオロジーおよび界面現象
    1. レベリングにおける表面張力と粘度
    2. 分散系のレオロジーと印刷適性
    3. 不安定流動と法線応力効果
    4. タックと伸長流動
      1. 伸長粘度
      2. 伸長流動破壊
  5. ケーススタディ〜インクジェットインクにおける動的挙動〜
    1. 界面の流動とMarangoni効果
    2. 動的表面張力
    3. 動的粘弾性
    4. 濡れ性と浸透性
    5. 伸長流動と糸引き
    • 質疑応答

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,400円 (税別) / 33,440円 (税込)
複数名
: 20,000円 (税別) / 22,000円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 20,000円(税別) / 22,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 30,400円(税別) / 33,440円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/10/18 メタマテリアル・メタサーフェスの基礎と応用 オンライン
2021/10/20 乳化・可溶化・αゲルの基礎と相図を用いたアプローチ オンライン
2021/10/21 濃厚系/非水系/多成分系における微粒子・ナノ粒子の分散・凝集制御技術 オンライン
2021/10/22 材料表面への「(超)撥水性」「(超)親水性」の付与技術と制御および評価・応用技術 オンライン
2021/10/22 インクジェット技術入門 オンライン
2021/10/26 界面活性剤の基礎知識と活用へのポイント オンライン
2021/10/27 プラスチックめっきの技術動向と不良対策 オンライン
2021/10/27 表面化学修飾技術の基礎と最新動向 オンライン
2021/10/27 シリカの分散・凝集制御とフィラーとして使いこなす活用術 オンライン
2021/10/27 水性塗料の設計技術とトラブル対策 オンライン
2021/10/28 粘着テープ・粘着剤を使いこなすための必須知識 オンライン
2021/10/29 泡のメカニズムと泡特性の評価・応用技術 オンライン
2021/11/4 スラリーの分散状態評価技術の基礎 オンライン
2021/11/5 超撥水(油)・超親水(油)・滑液性表面の基礎と最先端技術 オンライン
2021/11/5 粉粒体へのコーティング、表面改質技術 オンライン
2021/11/5 身体洗浄料の起泡力・抗菌/抗ウイルス力の制御と界面活性剤 オンライン
2021/11/12 アノード酸化 (陽極酸化) プロセスの基礎と応用 愛知県 会場
2021/11/12 塗布膜乾燥のメカニズムと乾燥トラブル対策 オンライン
2021/11/12 泡・消泡の基礎と必要な界面活性剤の基礎知識 オンライン
2021/11/16 濡れ性の基礎と撥水性や親水性を生かした新しい表面利用技術 オンライン

関連する出版物

発行年月
2019/12/20 高分子の表面処理・改質と接着性向上
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/8/31 防汚・防水・防曇性向上のための材料とコーティング、評価・応用
2018/3/29 超親水・親油性表面の技術
2015/10/1 すぐ分かるラミネート加工技術と実際およびトラブル・シューティング
2014/8/25 ぬれ性のメカニズムと測定・制御技術
2014/4/5 真空蒸着技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/5 真空蒸着技術 技術開発実態分析調査報告書
2013/7/25 正しい分散剤の選定・使用方法と、分散体の塗布性を上げる添加剤技術
2013/6/26 UV・EB硬化型コート材の基礎、各種機能向上技術
2012/10/31 ハイブリッド・デュアルUV硬化の実践的活用
2012/9/25 シャンプー・リンス 技術開発実態分析調査報告書
2012/9/25 シャンプー・リンス 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/9/20 フッ素樹脂 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/9/20 フッ素樹脂 技術開発実態分析調査報告書
2012/7/30 良い塗布膜を得るためのコントロール技術
2012/6/1 超撥水・超親水化のメカニズムとコントロール
2012/5/1 界面活性剤 技術開発実態分析調査報告書
2012/5/1 界面活性剤 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2011/1/1 界面活性剤の機能創製・素材開発・応用技術