技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

AIを利用した医療機器開発における医療用プログラムの薬事規制

Zoomを使ったライブ配信セミナー

AIを利用した医療機器開発における医療用プログラムの薬事規制

~医薬品医療機器等法改正をふまえ~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、医療機器への組込ソフトウェアおよびソフトウェア単体医療機器のレギュレーションという視点から、AIモジュールソフトウェアの品質保証をどうとらえ、実現していくのか。
AIを利用した医療機器開発について解説いたします。

開催日

  • 2020年8月18日(火) 13時00分 16時30分

修得知識

  • AIを利用した医療機器開発に必要な情報インデックス
  • AIを利用した医療機器の品質マネジメント知識
  • AIモジュールソフトウェアの開発・保守プロセス知識

プログラム

 AI (人工知能) を利用した医療機器開発が米国・日本で開発が手探り状態から始まり、米国で明らかに加速しています。本講座では、医療機器への組込ソフトウェアおよびソフトウェア単体医療機器のレギュレーションという視点から、AIモジュールソフトウェアの品質保証をどうとらえ、実現していくのかというポイントを把握していただきます。

  1. AI概観
    1. 機械/深層学習
      1. 従来のソフトウェア開発と機械学習の違い
      2. CNN全体と構成要素
      3. 代表的なCNNアーキテクチャ
    2. 転移学習
  2. 医療分野でのAI応用ならびにAIを利用した医療機器
    1. CAD (コンピュータ診断支援)
    2. 医療への応用事例
    3. データについて、ドメインシフトを含むあれこれ
    4. 医療機器等法/改正医療機器等法
    5. AI展開に向けた医療分野固有の障害と解消に向けた取り組み
  3. AIを利用したソフトウェアシステム開発の現状
    1. JIS T 82304-1:2018に基づいたソフトウェアシステム開発
    2. JIS T 2304:2012/2017に基づいたソフトウェア開発プロセス
    3. AIフレームワークの利用
    4. AI利用ソフトウェアシステムのアーキテクチャ
    5. 保守プロセスと学習機能および変更管理について
    6. AI利用でのリスクマネジメント留意点
  4. AI/深層学習の品質保証に関する課題と取り組み
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 中島 裕生
    テクマトリックス 株式会社
    取締役 / システムエンジニアリング事業部長

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,400円 (税別) / 33,440円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

Zoomを使ったライブ配信対応セミナーの留意点

  • ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • 「Zoom」のインストールができるか、接続できるか等をご確認下さい。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • 開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
  • セミナーテキストについては、PDFデータ(印刷可)をダウンロードいただきます。

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 30,400円(税別) / 33,440円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。
掲載している受講料は会員価格でございます。
お申し込み後はサイエンス&テクノロジーの会員登録をさせていただき、セミナー等のサービスのご案内を差し上げます。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/8/18 AIを利用した医療機器の国内外の現状および事業化のポイント オンライン
2020/8/19 医療機器の放射線滅菌の安定性試験・包装バリデーションと実務と課題解決 オンライン
2020/8/20 医療機器バリデーションで必要となる統計的手法とサンプル数の決定 東京都
2020/8/20 機械学習モデルへの解釈性付与手法と応用・今後の動向 オンライン
2020/8/20 化学研究と人工知能技術の融合に関する基礎と応用事例 オンライン
2020/8/24 IEC62304 医療機器ソフトウェアの規制理解と要求仕様書・アーキテクチャ設計書作成演習 (2日間) 東京都
2020/8/24 ドライバ状態モニタリング/センシング技術と統計処理・機械学習の活用 オンライン
2020/8/24 AIを活用した太陽電池の材料の探索 オンライン
2020/8/25 次世代の説明できるAI (XAI) と企業へのXAI導入を成功させるコツ オンライン
2020/8/25 ディープラーニングによる異常検知・欠陥予測とその応用 東京都
2020/8/25 機械学習を活用した創薬研究のテーマ創出 オンライン
2020/8/25 中小製造現場におけるAI画像検査の始め方と画像データ収集のポイント オンライン
2020/8/26 小規模データに対する機械学習、深層学習の適用 オンライン
2020/8/26 時系列データ分析の基礎とPythonを用いた実践 オンライン
2020/8/26 データサイエンス概論 オンライン
2020/8/26 確率的グラフィカルモデルの基礎とその応用 オンライン
2020/8/27 工場・化学プラントにおける機械学習・AIを活用した故障予測・予知の方法 オンライン
2020/8/27 統計的機械学習の基礎、データ生成モデル、データマイニングとAI オンライン
2020/8/27 AI / IoT技術における日本・海外の特許動向と特許化のポイント オンライン
2020/8/27 欧州に学ぶライフサイエンスの個人情報保護とサイバーセキュリティ 東京都

関連する出版物

発行年月
2020/3/24 リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/5/31 “人工知能”の導入による生産性、効率性の向上、新製品開発への活用
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2016/12/16 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線
2015/9/30 医療機器/ヘルスケア関連商品の薬事法 (薬機法) “超”入門講座【2】
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/25 先端癌治療機器 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/25 先端癌治療機器 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/10 人工透析装置 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/10 人工透析装置 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/2/10 PET装置(診断) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)