技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

医療機器/体外診断薬企業のためのQMS適合性調査対応 基礎講座

医療機器/体外診断薬企業のためのQMS適合性調査対応 基礎講座

~品質システム (QMS) 構築・改善、手順書作成のポイントとは~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、製造販売業者としての効果的なQMS構築と維持管理の方法、QMS適合性調査等の行政監査対応を行う際の準備、監査対応、監査後対応の流れとポイントについて解説いたします。

開催日

  • 2020年5月29日(金) 10時30分 16時30分

修得知識

  • QMS適合性調査の概略
  • QMS適合性実地調査における流れと心得
  • QMS適合性調査における指摘傾向と指摘対策
  • QMS省令の基本的な考え方

プログラム

 2014年の薬事法大改正によりすべての医療機器/体外診断用医薬品の製造販売業者にISO13485をベースとしたQMS省令が適用された。従来製造業を所持していなかった企業、旧QMS省令の第三章のみを適用していた企業、医療機器/体外診断用医薬品業界への新規参入企業にとってQMS省令を正しく把握し、対応するのは非常に大きなハードルとなっている。
 本講座ではQMS省令が期待しているシステムとはどのようなものか、QMS適合性調査を受けるにあたって準備しておくこと、実地調査時の心得を解説するとともに、PMDAが公表しているQMS適合性調査の指摘傾向を参考に、どのような指摘が多く、どのような体制・システム構築を目指すべきかを講師の経験をもとにわかりやすく解説する。また、受講者の理解度を確認するための理解度テストも随時実施する。

QMS調査概要

  • QMS調査の分類
  • 実地調査の流れ
  • 評価判断基準
  • 実地調査準備期間に行うべきこと
  • 実地調査時の対応と心得
  • 指摘対応

指摘傾向

  • PMDA等によるQMS調査指摘傾向

指摘事例から学ぶQMS体制見直しのポイント

  1. 第1節 QMS全体像の理解
    • QMS省令とISO13485の歴史的な関係と今後の動向
    • QMSの原則
  2. 第2節 品質管理監督システム
    • 文書・記録管理
    • 製品標準書
  3. 第3節 管理監督者の責任
    • 管理監督者の関与がQMS適合性調査成否の鍵
  4. 第4節 資源の管理監督
    • 教育訓練しただけではダメ
  5. 第5節 製造実現
    • 製品実現と設計開発は別である
    • 製品の管理はリスクマネジメントで始まり、リスクマネジメントで終わる
    • 製造業者管理は購買管理の肝
    • 変更管理は事後処理ではない!
    • 製品とその状態の識別ができていないと大変なことになる
    • 設備と器具の管理は“ちゃんと”できてますか?
  6. 第6節 測定、分析及び改善
    • 監視測定とデータ分析は別物
    • 内部監査は自己点検ではない
    • 不適合品管理でなく不適合管理を行いましょう
    • 是正措置をしたのに再発してませんか?

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,000円 (税別) / 33,000円 (税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/7/8 ISO 13485における医療機器の洗浄バリデーションの進め方および統計的手法とサンプルサイズ設定根拠 オンライン
2020/7/9 医薬品・医療機器などにおける放射線・EOG滅菌の基礎と滅菌バリデーション実施時の留意点 東京都
2020/7/10 オーファンドラッグの開発戦略と事業性評価の考え方 オンライン
2020/7/13 人工関節の設計条件およびトライボロジ オンライン
2020/7/13 体外診断薬における開発から販売・サービスまでの構築実務とノウハウ オンライン
2020/7/13 医療機器の不具合等報告と自主回収のポイント 東京都
2020/7/14 体外診断用医薬品 (診断薬) の市場動向をふまえたマーケティング戦略 東京都
2020/7/15 エクソソームの基礎および診断薬への応用とその評価 オンライン
2020/7/17 医用材料の要求特性と合成法および応用展開・最新動向 オンライン
2020/7/20 ICH-GCP (R2) とGCP当局査察の視点 基礎講座 オンライン
2020/7/21 診断薬・バイオマーカー開発のためのこれからの新市場開拓とビジネス事業化のポイント 東京都
2020/7/22 改正GCPガイダンスが求めるQMSを意識した臨床試験の運用 オンライン
2020/7/27 米国における医療機器の法規制と510(k)申請対応 オンライン
2020/7/28 日常医療・未病医療のための生体センシングとデバイス開発 東京都
2020/7/29 医療機器における生物学的安全性試験の申請/評価の進め方と3極比較 東京都
2020/7/31 生体信号計測、生体センサ技術の基礎と応用 オンライン
2020/7/31 ISO 10993-1 & JIS T 0993-1改定を踏まえた生物学的安全性評価の基本的考え方と運用 大阪府
2020/8/3 医薬品、医療機器/包装容器・再生医療器材等の滅菌の基礎と無菌性保証、滅菌バリデーションの留意点 オンライン
2020/8/3 Injectable ハイドロゲルが分かる一日速習セミナー 東京都
2020/8/13 コロナウィルス後の中国医療施設の現状と医薬品・ワクチン開発の規制動向 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/6/27 EU GVP Module I /ISO9001要求をふまえたQuality Management System の実装と運用
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2018/5/30 GVP Module改訂をふまえたEU Pharmacovigilance規制の実装
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ
2016/12/16 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線
2015/9/30 医療機器/ヘルスケア関連商品の薬事法 (薬機法) “超”入門講座【2】
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/25 先端癌治療機器 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/25 先端癌治療機器 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/10 人工透析装置 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/10 人工透析装置 技術開発実態分析調査報告書