技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

脈波、心拍の非侵襲計測技術とノイズ、振動対策

脈波、心拍の非侵襲計測技術とノイズ、振動対策

東京都 開催

概要

本セミナーでは、脈波・心拍の計測と測定について基礎から解説いたします。
負荷のかからない生体情報計測を実現するアプローチ、顔画像、顔映像、圧電センサ、ドップラーセンサによる測定事例について詳解いたします。

開催日

  • 2020年3月6日(金) 10時00分 17時00分

プログラム

第1部 顔映像からの心拍推定とその応用

(2020年3月6日 10:00〜11:30)

 顔映像から心拍推定技術について、技術の原理、難しさ、動きに頑健な心拍推定方法、実験とその結果について紹介します。また、応用例の一つとして顔映像から抽出したPPG信号を用いて睡眠/覚醒を判別する技術について紹介します。 顔映像などを用いた非接触で人を計測する技術は、日々の健康管理などへの応用が期待できる技術です。
 将来は、このような技術を活用し、今まで測定が難しかった日常生活中の人の状態推定から、自身の健康や感情、行動をより良い方向へ導くきっかけを与えるシステムの開発を目指しています。

  1. 顔映像からの心拍推定
    1. 顔映像を用いた心拍推定の活用場面
    2. 顔映像を用いた心拍推定の原理
    3. 非接触での心拍推定の難しさ
    4. 動きに頑健な顔映像を用いた心拍推定法
    5. 顔映像を用いた心拍推定の実験
    6. まとめ
  2. 顔映像から抽出したPPG信号を用いた睡眠/覚醒判別
    1. 覚醒度低下の定量化
    2. 顔映像からの睡眠/覚醒判別における課題
    3. 動的フィルタによるノイズ除去
    4. 睡眠/覚醒判別の実験
    5. まとめ
    • 質疑応答

第2部 超高感度スマート圧電振動センサAYA-Pとその医療応用

(2020年3月6日 12:10〜13:40)

 AYA-Pとは、センサ用に設計開発された圧電素子をキーに回路技術とソフトウエア技術を駆使して開発された高性能かつ超低消費電力な速度検出型の小型圧電振動センサであり、 生体が発生する0.01-100Hzの低周波極超微小振動を高感度・高精度に検出することができます。こちらを用いたシステムで弛緩モニタリング、脈波伝播速度、心拍出量変化、血管内皮機能評価、無呼吸症候群検査、心弾図モニタリングなど、幅広い医療及びヘルスケアの分野への応用検討がスタートしております。
 本講演では、技術面だけではなく、臨床医や李承検査技師・臨床工学士等の医療現場の先生方との共同研究・開発の状況についてお話します。AYA-Pを使った血管年齢測定等のデモもお見せする予定です。医学系の学会での医者を連名にした発表も数件行っており、医工連携の進め方についても参考にしていただけるのではないかと思います。

  1. AYA-Pの振動検出メカニズムと性能
  2. AYA-Pシステムの構成と特長
  3. 医療応用 (さまざまな大学病院等との共同研究進捗)
    • 質疑応答

第3部 カメラからの脈波情報抽出、血圧推定と計測時の雑音低減

(2020年3月6日 13:50〜15:20)

 カメラから取得される動画像を用いて、非接触で脈波情報を抽出する技術、抽出された脈波から血圧を推定する技術について紹介する。計測時に雑音となる周囲環境光への対応、被験者の体動による計測結果への影響の評価結果について説明する。

  1. 脈波抽出技術
    1. 光電容積脈波とは
    2. カメラによる脈波抽出
  2. 顔の脈波による血圧推定技術
    1. 顔の検出、追従技術
    2. 脈波から血圧を推定する技術
    3. 体動の影響の評価
  3. まとめ
    • 質疑応答

第4部 マイクロ波ドップラーセンサによる生体信号モニタリング技術

(2020年3月6日 15:30〜17:00)

 高齢化の進行により、今後心血管疾患の増加が予想されています。生体信号の計測によって心血管疾患を早期に発見することができれば、事故の防止や健康寿命の延伸につなげていくことができます。従来の計測技術では人体表面にセンサを直接接触させる必要がありましたが、本講演ではマイクロ波ドップラーセンサに着目し、実際の計測例を交えて非接触心拍計測技術を解説します。

  1. 生体信号計測の基礎
    1. さまざまな生体信号とその計測方法
    2. 生体信号の応用
  2. 心拍変動とその応用
    1. 心臓の拍動
    2. 心拍変動
    3. 心拍変動の応用
  3. 心拍の計測技術
    1. 従来の計測技術 (心電図、光電容積脈波)
    2. 圧力・加速度センサを用いた脈波の計測
    3. 容量結合型心電計による心電図の非接触計測
    4. 動画像を用いた心拍の非接触計測
    5. マイクロ波ドップラーセンサを用いた心拍の非接触計測
  4. ノイズ対策技術
    1. 信号対雑音比の低い生体信号からの心拍抽出
    2. サンプリング誤差の補正
    3. 時間周波数解析
  5. まとめと将来展望
    • 質疑応答

講師

  • 梅松 旭美
    日本電気 株式会社 バイオメトリクス研究所
    主任
  • 辻川 剛範
    日本電気 株式会社 バイオメトリクス研究所
    主任研究員
  • 石黒 隆
    株式会社アドテックス 技術部 ME設計Gr.
    技士長
  • 足立 佳久
    シャープ株式会社 研究開発事業本部 生活環境ソリューション研究所 第二研究室
    課長
  • 和泉 慎太郎
    神戸大学 大学院 システム情報学研究科
    准教授

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 66,000円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 55,000円(税別) / 60,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 121,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 181,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/4/13 5G半導体のパッケージング技術動向 東京都
2020/4/14 リスクマネジメント & ユーザビリティセミナー 東京都
2020/4/15 スパースアレーによる拡張アレー信号処理 東京都
2020/4/15 コンタクトレンズを中心としたメディカルデバイス用ポリマー材料の最前線 東京都
2020/4/17 AIを利用した医療機器における国内外の市場動向および開発のポイント 東京都
2020/4/21 医療機器におけるEO滅菌の基礎および滅菌バリデーション 東京都
2020/4/21 触覚のバーチャルリアリティの最新技術動向と医療応用 東京都
2020/4/22 5G、及びBeyond 5Gで求められるノイズ対策・電磁波シールド・吸収材料の設計・技術 東京都
2020/4/23 医用材料の要求特性と合成法および応用展開・最新動向 東京都
2020/4/27 時系列データ分析の基礎・モデル化と異常検知・機械学習への応用 東京都
2020/4/27 医療機器ユーザビリティエンジニアリングセミナー 東京都
2020/4/28 カルマンフィルタの基礎から応用まで 東京都
2020/4/28 欧州医療機器規則MDR (Medical Device Regulation) セミナー 東京都
2020/4/30 医療機器バリデーションで必要となる統計的手法とサンプル数の決定 東京都
2020/5/7 ドライバー状態の推定技術と眠気検知、覚醒維持 東京都
2020/5/12 ドライバ状態モニタリング/センシング技術と統計処理・機械学習の活用 東京都
2020/5/12 5G/5G beyondにおけるMassive MIMOとビームフォーミング技術 東京都
2020/5/13 非接触・簡易計測による生体情報を利用した感情・心理状態の推定技術 東京都
2020/5/13 5G/Beyond 5Gに対応した電磁波シールド・吸収材料設計の考え方 東京都
2020/5/13 音による故障検知および故障予知 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/6/30 ヒトの感性に訴える製品開発とその評価
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2017/7/31 騒音・振動の対策と防音・防振材料の適用
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2017/6/23 2017年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2016/12/16 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2015/9/30 医療機器/ヘルスケア関連商品の薬事法 (薬機法) “超”入門講座【2】
2014/6/30 マイクロセンサ 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 2014年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2014/5/10 生体信号処理技術(脳波) 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)