技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

再生医療の国内法規制動向と開発からビジネスのポイント

開発には何が必要で、行政当局とどんなコミュニケーションを行うのか

再生医療の国内法規制動向と開発からビジネスのポイント

~再生医療の現場にある課題をふまえ、今後の開発や審査の考え方、トレンドなどを解説~
大阪府 開催

開催日

  • 2020年2月5日(水) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 再生医療を取り巻く各種法規制
  • 再生医療に関連するビジネスの全体像
  • 上記二つをもとに、アクションを検討することができる

プログラム

 薬機法・再生医療安全確保法等の狙いを理解した上で、医療に貢献できるよう、何が必要なのかを考えていきましょう。医療製品、あるいはサービスとしての再生医療には多くのステークホルダーがあり、視点が違います。そのことを理解すると、ビジネスの要点が見えてくるでしょう。予定されている薬機法の改正など再生医療関連法が求めていることは、法規制との向き合い方に医療と産業の視点を示唆しています。医療現場に届けるために、何が必要で、行政当局とどんなコミュニケーションを行うかについてスキルを伝授します。再生医療の現場にある課題はもちろん、新しい開発や審査の考え方、トレンドなども紹介します。

  • はじめに
  1. 再生医療に関する法規制
    1. 法の仕組みとその背景
    2. 医療としての再生医療:再生医療安全確保法
    3. 産業としての再生医療:薬機法
    4. 起きている問題と学会の取り組み
    5. 薬機法改正はどう影響するのか
  2. 規制の主体は何か
    1. 厚生労働省と関連機関の仕組み
    2. 規制の対象は何か
    3. 再生医療はどこが特別なのか?
    4. 治験と市販後の評価:リバランスがもたらす変化
  3. 再生医療関連製品とは何か
    1. 医療の視点から
    2. ビジネスの位置付けを考える
    3. ガイダンス/ガイドライン活用のコツ
    4. 研究、開発、医療の流れ
    5. ロールプレイヤーの変化と規制
  4. 再生医療は有効なのか?
    1. 再生医療に関心を持つ医療者、人々の変化
    2. 再生医療の提供の仕組みの変化とビジネス
    3. 再生医療においてデザインするもの
    4. 医療経済という考えを知る
  5. 誰がカスタマー? ユーザ? アクションを起こすコツ
    1. ピットフォールに気をつける
    2. 医療現場と企業の乖離の原因
    3. 視点を磨く方法 マーケティング工学等を参考に
    4. ビジネスの必要性と潮流変化
    5. 安全性と品質を支える役割
  6. 法規制に仕掛けられたマネジメント
    1. 法規制の中にあるマネジメントに気づく
    2. リスクマネジメントとRMP
    3. プロセスマネジメント
    4. 製品のライフサイクルという視点
  7. 手続きをするということ
    1. 手続きの向こうにあるもの
    2. 支援の仕組みを活用する
    3. ステージを深く考える
    4. 相談を利用するコツ
    5. 審査、規制をする人は、何をみているのか。
    6. 手続き完了が、スタートラインです
    • まとめ

会場

ドーンセンター

4F 中会議室2

大阪府 大阪市 中央区大手前1丁目3-49
ドーンセンターの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/2/25 医療機器の市場ニーズ調査・マーケティング手法がわかる一日演習セミナー 東京都
2020/2/25 GMP微生物管理の規格及び試験方法の設定 / 各微生物試験法の分析法バリデーションと実施上の留意点 東京都
2020/2/26 医薬品、医療機器工場における生体由来物混入の実際と管理・防止対策 東京都
2020/2/27 高齢者の使いやすさ評価と製品開発への応用 東京都
2020/2/27 改正QMS省令のポイントと対応方法 東京都
2020/2/27 薬事承認・保険適用・診療報酬改定に関する理解とそれらを総合した保険収載戦略の必要性とその要点 東京都
2020/2/27 医療機器のリスクマネジメント ISO14971:2019年版への対応とGAP解析 東京都
2020/2/28 再生医療等製品の非臨床・臨床試験デザインと条件付き承認の位置付け/申請戦略 東京都
2020/3/4 ASEANでの薬事・薬価・医療制度の最新動向 東京都
2020/3/6 脈波、心拍の非侵襲計測技術とノイズ、振動対策 東京都
2020/3/9 Injectable ハイドロゲルが分かる一日速習セミナー 東京都
2020/3/10 バイオセンサ・デバイスの最先端技術・研究動向と応用展開 東京都
2020/3/10 再生医療、遺伝子治療の知的財産戦略 東京都
2020/3/11 癒着防止材の使用法の工夫と材料設計、評価 東京都
2020/3/17 事業化成功・失敗例を踏まえたAI (人工知能) を用いた医療機器開発戦略とレギュレーション対応 東京都
2020/3/18 医療機器のノイズ・EMCの規格と対策技術 東京都
2020/3/18 中国・ASEAN主要国・インドの薬事制度と市場を絡めた進出のポイント 東京都
2020/3/18 次世代型診断薬の開発・規制動向と製品開発のポイントと課題 東京都
2020/3/19 化粧品 薬機法の基礎と改正法及び広告表示の留意点 東京都
2020/3/23 人工関節の設計条件およびトライボロジ 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/10/31 細胞培養加工施設の構築と運営管理の省力・省コスト化
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2016/12/16 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線
2015/9/30 医療機器/ヘルスケア関連商品の薬事法 (薬機法) “超”入門講座【2】
2014/9/10 生理用ナプキン 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/9/10 生理用ナプキン 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/25 先端癌治療機器 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/25 先端癌治療機器 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/10 人工透析装置 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)