技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

医療機器開発のための承認 (認証) 申請書・添付資料作成のポイント

初心者、入門者にもわかる

医療機器開発のための承認 (認証) 申請書・添付資料作成のポイント

~申請時のPMDAによる対面助言 (相談のタイミング) / レギュラトリーサイエンス (RS) 戦略相談のポイントとは~
東京都 開催

概要

本セミナーでは、医療機器申請時のPMDAによる対面助言 (相談のタイミング)、レギュラトリーサイエンス (RS) 戦略相談のポイントについて詳解いたします。

開催日

  • 2019年12月17日(火) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 医療機器審査と相談制度
  • 審査の考え方
  • 薬事から見た医療機器開発の考え方
  • 承認・認証申請書、添付資料の書き方
  • 医療機器の開発と申請書類の関係

プログラム

 医療機器の開発には、単に技術だけでなく、薬機法を始めとする法規制への対応が重要なポイントです。開発した医療機器の性能を十分に発揮し、安全に使用するためには、承認・認証の審査内容を理解し、適切な申請書と添付資料を作成することが求められます。
 本セミナーは、医療機器分野への新規参入を目指す企業や薬事担当の新任者にも理解いただけるように、医療機器の承認、認証申請の基礎を説明するとともに、実務担当者にも参考となるような「申請にあたっての医療機器開発の考え方」や注意事項について解説します。

  1. 薬機法による医療機器規制の概要
  2. 製造管理及び品質管理 (QMS)
    1. QMS省令とは
    2. QMSの主要プロセス
    3. QMSの文書化体系
    4. 品質管理監督システムに必要な文書
    5. 「製品標準書」要求事項
  3. 品目の手続き (承認、認証、届出)
    1. 医療機器の申請等手続き
    2. クラス分類別による品目の手続き
    3. 承認の要件
    4. 外国特例承認
    5. 医療機器の承認申請区分
    6. 承認申請書類の構成
    7. PMDA医療機器審査部門の担当分野
    8. WEB申請
    9. FD申請
    10. 信頼性調査
    11. 信頼性調査の根拠資料
    12. QMS適合性調査
    13. 認証申請書の記載事項
    14. 認証申請書の添付資料
    15. 製造販売届書
    16. プログラムの医療機器への該当性
    17. 医療機器プログラムの承認・認証申請の取り扱い
  4. 承認申請書の概要
    1. 承認申請書類の構成
    2. 承認申請書添付資料の構成
    3. 品目の概要
    4. 開発の経緯
    5. 類似医療機器との比較
    6. 外国における使用状況
    7. 基本要件基準への適合性
    8. 機器に関する情報
    9. 設計検証及び妥当性文書の概要
    10. 添付文書 (案)
    11. リスクマネジメント
    12. 製造に関する情報
    13. 滅菌方法に関する情報
    14. 臨床試験の試験成績
    15. 製造販売後調査等の計画
  5. 承認申請区分
    1. 医療機器の承認申請区分
    2. 医療機器の審査期間
    3. クラス分類の確認
    4. 医療機器の分類
    5. 承認申請と認証申請の違い
  6. 保険適用の概要
    1. 医療保険の仕組み
    2. 診療報酬
    3. 医療機器の診療報酬上での評価
    4. 医療機器の保険適用
    5. 新規材料 (C1・C2) の価格算定ルール
    6. 補正加算の定義
    7. “加算”のための開発のポイント
    8. 医療機器の保険適用における考え方
    9. 医療経済的有用性の例
  7. 申請にあたっての考え方
    1. 承認審査の基本的考え方
    2. 医療機器に該当するか?
    3. 医療機器と医薬品の違い
    4. “実質的同等性”の考え方 – 米国の場合 –
    5. 承認申請書類の構成
    6. 承認申請書添付資料の構成
    7. 申請書作成時の問題点 (よくある照会事項)
    8. 類似医療機器との比較
    9. 基本要件基準への適合性
    10. 設計検証及び妥当性確認文書の概要
    11. 性能関連
    12. リスクマネジメント
    13. 設計の要求事項と承認申請書との関係
    14. 設計の要求事項と添付資料との関係
    15. 保険適用からみた開発時の検討ポイント
    16. 申請の取消し
    17. 審査長期化の理由
    18. PMDAによる対面助言 (相談のタイミング)
    19. レギュラトリーサイエンス (RS) 戦略相談
    • 質疑応答

会場

江東区役所 商工情報センター (カメリアプラザ)

9F 会議室

東京都 江東区 亀戸2-19-1
江東区役所 商工情報センター (カメリアプラザ)の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/2/25 医療機器の市場ニーズ調査・マーケティング手法がわかる一日演習セミナー 東京都
2020/2/25 GMP微生物管理の規格及び試験方法の設定 / 各微生物試験法の分析法バリデーションと実施上の留意点 東京都
2020/2/26 医薬品、医療機器工場における生体由来物混入の実際と管理・防止対策 東京都
2020/2/27 改正QMS省令のポイントと対応方法 東京都
2020/2/27 薬事承認・保険適用・診療報酬改定に関する理解とそれらを総合した保険収載戦略の必要性とその要点 東京都
2020/2/27 医療機器のリスクマネジメント ISO14971:2019年版への対応とGAP解析 東京都
2020/3/6 脈波、心拍の非侵襲計測技術とノイズ、振動対策 東京都
2020/3/9 Injectable ハイドロゲルが分かる一日速習セミナー 東京都
2020/3/10 バイオセンサ・デバイスの最先端技術・研究動向と応用展開 東京都
2020/3/11 癒着防止材の使用法の工夫と材料設計、評価 東京都
2020/3/17 事業化成功・失敗例を踏まえたAI (人工知能) を用いた医療機器開発戦略とレギュレーション対応 東京都
2020/3/18 医療機器のノイズ・EMCの規格と対策技術 東京都
2020/3/18 中国・ASEAN主要国・インドの薬事制度と市場を絡めた進出のポイント 東京都
2020/3/18 次世代型診断薬の開発・規制動向と製品開発のポイントと課題 東京都
2020/3/19 化粧品 薬機法の基礎と改正法及び広告表示の留意点 東京都
2020/3/23 臨床試験QMS構築のためのファーストステップ 東京都
2020/3/23 人工関節の設計条件およびトライボロジ 東京都
2020/3/23 欧州体外診断用医療機器規則 (IVDR) の要求事項と対応ノウハウ 東京都
2020/3/23 ASEAN医療機器市場最新動向および規制・薬事申請のポイント 東京都
2020/3/24 医療機器における生物学的安全性試験の申請/評価の進め方と3極比較 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/6/27 EU GVP Module I /ISO9001要求をふまえたQuality Management System の実装と運用
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2018/5/30 GVP Module改訂をふまえたEU Pharmacovigilance規制の実装
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2016/12/16 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線
2015/9/30 医療機器/ヘルスケア関連商品の薬事法 (薬機法) “超”入門講座【2】
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/25 先端癌治療機器 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/25 先端癌治療機器 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/10 人工透析装置 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/10 人工透析装置 技術開発実態分析調査報告書
2014/2/10 PET装置(診断) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)