技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

GCP刷新とE17(MRCT)のインパクト

GCP刷新とE17(MRCT)のインパクト

~ICH "GCP Renovation" とE8 改訂を見据えたQMS実装とICH E17をふまえた国際共同治験計画/デザイン~
東京都 開催 会場 開催

開催日

  • 2019年11月29日(金) 10時30分 16時30分

プログラム

基調講演: 医薬品開発等においてわが国に期待される役割と課題

- グローバルな視点から –

(10:30~11:45)

 近年、医薬品開発等をめぐる環境は国際的にも急激に変化してきている。その中で、欧米の製薬企業や薬事規制当局は生き残りをかけて変革を試みている。従来から日米欧の3極の1つとして、わが国には世界の新薬開発の一翼を担うことが期待されている。しかし、製薬企業等のグローバル化や新薬開発のパラダイムシフトに伴い、わが国の存在感は年々薄れてきている。そのような中にあって、わが国の進むべき路は何かを考える。

  • わが国は、開発・審査において、いかにして国際的な役割を果たすべきか
  • わが国を取り巻く医薬品に係る問題点
  • わが国の医療を取り巻く環境
  • 医療技術の費用対効果評価の必要性
  • 医薬品適正使用推進の動き
  • 高齢者への薬剤の多剤投薬問題
  • ブロックバスター型開発から医療ニーズ対応型への転換はなぜ必要なのか
  • 医薬品開発を巡る国際的な動き
  • 集団を対象とした開発から、個人、個別疾患を対象とした開発
  • Precision Medicineとは
  • GCP Renovationは今後の臨床開発にどのような影響を与えるか
  • ICH E17ガイドラインは新薬開発・国際共同治験の考え方を根本から変える
  • 条件付き早期承認はなぜ重要なのか
  • 科学的安全対策はなぜ必要なのか
  • 日米欧の承認審査の共通化・統一はなぜ必要なのか
  • 新薬開発・審査におけるわが国の選択肢
  • メディカルアフェアーズ (MA) とは何か、なぜこれから重要になるのか
  • AIやICT,IOTなどの導入により、医療や医薬品開発、臨床試験、市販後安全対策などはどのように変化していくのか
  • 質疑応答

セッション1 『ICH “GCP Renovation” とE8 改訂を見据えたQMS実装とクオリティ・バイ・デザイン』

(12:30~14:30)

 ICHではGCP Renovationの議論が進められている。その大きな柱はGCPの適用範囲の拡大と、質の管理技術の転換の2つである。後者についてはE6 (R2) で追記されたQMSを更に発展させることになる。GCP Renovationの方向性を見据えた上で準備を始めなければならない。

  1. GCP Renovationとは?
  2. ICHのリフォーム
  3. E8 (R1) とE6 (R3) の関係
  4. ICHにおけるGCP (E6) の位置づけ
  5. GCP刷新がもたらす2つの大きな変化
    1. GCPの適用範囲の拡大 – Clinical TrialsからClinical Studiesへ
      • さまざまなデザインのStudyの利用機会
      • 新時代のエビデンス創出に対する期待
    2. 質の管理技術の転換 – 後ろ向きの質確認から前向きな質の作り込みへ
      • 品質管理/品質マネジメントの歴史
      • Quality by Design
      • プロセス管理のサイクル
      • 医療機関におけるプロセスへの質の作り込み
      • Risk – Based Monitoring、その前に
      • 定着しなかったSampling SDVの反省
      • プロセス管理が根付いていれば怖いものなし
      • GCP Renovation後の最悪のシナリオ
      • 今が分かれ道
    • 質疑応答

セッション2 『ICH E17をふまえた国際共同治験の計画及びデザインの留意点』

(14:45~16:30)

  従来の国際共同治験 (MRCT) とICH E17をふまえたMRCTとでは何が違うのか?E17ガイドラインで強調している点は,地域の定義と各地域への症例数の配分の事前明記である。その際に,地域や属性別集団の併合戦略がキーとなる。本講座では,どのように併合戦略を考えるべきなのかを中心に説明し,試験デザイン及び解析計画の留意点を述べる予定である。

  • Module 1:Overview of training material/Basic principles
  • Module 2:Preconsideration of regional variability/subject selection
  • Module 3:Selection of doses
  • Module 4:Sample size allocation
  • Module 5:Pooling strategies
  • Module 6:Evaluation of Consistency
  • Module 7:Selection of Comparators
  • 質疑応答

講師

  • 土井 脩
    一般財団法人 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団
    理事長
  • 小宮山 靖
    ファイザー株式会社 デベロップメント・インテリジェンス部
    担当部長
  • 山本 英晴
    中外製薬 株式会社 臨床開発情報部 生物統計統括
    マネジャー

会場

コンベンションホール AP浜松町

地下1階 Fルーム

東京都 港区 芝公園2-4-1 芝パークビルB館地下1F
コンベンションホール AP浜松町の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 47,500円 (税別) / 52,250円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 47,500円(税別) / 52,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。
掲載している受講料は会員価格でございます。
お申し込み後はサイエンス&テクノロジーの会員登録をさせていただき、セミナー等のサービスのご案内を差し上げます。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/7/7 DTx (デジタル医療) の最新の技術動向と知財戦略の新たな視点 オンライン
2020/7/7 医療業界におけるAIを用いたマーケティングの活用 (基礎) 東京都
2020/7/8 GVP基礎講座 初心者・新任者のためのPV業務対応・有害事象の取り扱い・SOP具体例 オンライン
2020/7/9 ヒューマンエラーを防止する製造指図書・SOP作成と記載エラー例 東京都
2020/7/10 細胞培養 超入門講座 オンライン
2020/7/10 オーファンドラッグの開発戦略と事業性評価の考え方 オンライン
2020/7/13 1日で学ぶ「細胞培養の基礎と品質管理」 オンライン
2020/7/13 説得力ある医薬品・市場売上予測とその説明資料作成 オンライン
2020/7/13 海外データ (試験施設) /海外導入品の信頼性基準適用と効率的なデータ利用・CTD申請 (2日間) オンライン
2020/7/13 分析法バリデーション実施のための統計解析の基礎と分析能パラメータの評価基準 オンライン
2020/7/13 海外データ (試験施設) /海外導入品の信頼性基準適用と効率的なデータ利用・CTD申請 (1日目) オンライン
2020/7/13 体外診断薬における開発から販売・サービスまでの構築実務とノウハウ オンライン
2020/7/14 精度の高い医薬品売上予測の実践 東京都
2020/7/14 海外データ (試験施設) /海外導入品の信頼性基準適用と効率的なデータ利用・CTD申請 (2日目) オンライン
2020/7/14 再生医療承認取得のための開発・規制動向と製造所における要求事項と申請上のポイント オンライン
2020/7/14 海外導入品におけるMF及びCMC申請資料作成と照会事項対応における留意点 オンライン
2020/7/14 体外診断用医薬品 (診断薬) の市場動向をふまえたマーケティング戦略 東京都
2020/7/15 連続プロセスによる化学品・医薬品の生産 オンライン
2020/7/16 医薬品の開発、販売活動にむけた医療ビッグデータ/リアルワールドデータ解析入門 東京都
2020/7/16 GMP超入門 オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/3/24 リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -
2020/2/27 海外データ (試験施設) /海外導入品の信頼性基準適用と効率的なデータ利用・CTD申請
2020/1/30 凍結乾燥の最適な条件設定による品質の安定化 - ラボ機と生産機の性能の違いを反映させたスケールアップ -
2019/6/27 EU GVP Module I /ISO9001要求をふまえたQuality Management System の実装と運用
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集
2018/11/30 希少疾患用医薬品の適応拡大と事業性評価
2018/10/30 高薬理活性医薬品封じ込めQ&A集 Part2
2018/9/28 腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発
2018/8/31 がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/6/29 医薬品グローバル開発に必要な英語実務集
2018/5/30 GVP Module改訂をふまえたEU Pharmacovigilance規制の実装
2018/5/18 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場
2018/4/25 統計学的アプローチを活用した分析法バリデーションの評価及び妥当性
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/8/29 洗浄バリデーション実施・サンプリング妥当性とDHT・CHT/残留許容値の設定
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ
2014/11/27 3極対応リスクマネジメントプラン策定とEU-GVPが求める記載事項/国内との相違点