技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

バイオセンサの基礎および製品開発への応用

バイオセンサの基礎および製品開発への応用

東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、マイクロ・ナノ技術およびMEMSバイオセンサの基礎から応用までわかりやすく解説いたします。

開催日

  • 2019年11月22日(金) 10時00分 16時00分

プログラム

第1部 マイクロ・ナノ技術の医療機器への応用

(10:00~12:30)

 国内の医療機器市場は、約3兆円の規模がある。診断機器、治療機器などが開発されてきたが、大型の機器だと、日常生活や体内で用いることが難しい課題がある。さらには細胞などの微小なバイオサンプルを正確に扱うためには、対象と同程度の構造作製が求められる。近年のマイクロ・ナノ加工技術の進展に伴い、生体との親和性が高い医療機器の作製が可能となってきた。小型化とポータブル化が実現されている。
 本セミナーでは、体外と体内で用いるマイクロ・ナノ技術を予防・診断・治療機器に応用した結果を整理して概説する。医療機器のクラス分類を踏まえた上で、各技術の実用化の可能性を検討する。テキストは、過去に講師が用いた内容を改訂するもので、最新の知見を盛り込みつつ、わかりやすくなっている。マイクロ・ナノ技術の医療機器への応用を分かりやすく解説いたします。新規市場参入をお考えの方を中心に、ぜひ、ご参加をご検討ください。

  1. マイクロ・ナノ医療機器の概要
    1. 医療・バイオ応用の国内外の市場
    2. 医療機器の各分類
    3. マイクロ・ナノデバイスの利点
    4. 健康・医療へのアプローチ
  2. 体外での生体物理情報の計測
    1. 血圧測定
    2. 脈拍・心拍測定などの神経信号の測定
    3. 呼吸測定
    4. 酸素濃度測定
    5. 運動量測定
  3. 体内埋め込み型のデバイス
    1. 人工内耳・中耳
    2. 血流・血管内圧センサ
    3. 眼圧センサ
    4. 人工網膜
  4. 体内の物質輸送と採取
    1. 中実マイクロ・ナノニードル
    2. 中空マイクロ・ナノニードル
    3. 飲み込み型デバイス
  5. 創薬と医療に向けた生体外での細胞操作
    1. ドラッグスクリーニング
    2. 物理的な細胞内デリバリー
    3. 細胞プリンタ
  6. まとめ

第2部 MEMSバイオセンサの基礎および製品開発への応用

(13:10~16:00)

 病気の検査を簡易かつ迅速に行う方法は、正確な診断や治療効果の検証、再発や転移の調査をするために極めて重要です。ごく微量の血液や呼気ガスなどにより病気の診断が行えるようになれば、自宅やクリニックなどで簡単・迅速・安価に検査が可能になります。たとえば、我々は病気にかかると、その病気や炎症に由来した生体内分子が血液中に増加します。この病気由来の分子 (バイオマーカー) を特異的にとらえるバイオセンサを使用して病気の検査が行われます。
 本セミナーでは、MEMSセンサチップ上でマーカー分子を特異的にとらえ、吸着の様子を電気信号に出力するMEMSバイオセンサ技術を紹介します。この技術により一滴の血液からさまざまな病気を検査する診断チップの開発が期待できます。また、MEMSバイオセンサが検出可能な対象は、生体内分子のみに限らずウイルスやガスなどを検出することができるため、様々な応用開発事例を紹介します。

  1. 非標識バイオセンサの基礎
    1. 標識法を用いたバイオセンサ
    2. 非標識バイオセンサの仕組み
    3. 水晶振動子マイクロバランス
    4. 表面プラズモン共鳴
    5. イオン感応性電界効果トランジスタ
    6. MEMSセンサ
    7. 共振駆動型
    8. 表面応力型
  2. MEMS表面応力バイオセンサの動作原理
    1. 応力検出の原理
    2. 表面応力トランスデューサ
    3. 光干渉型トランスデューサ
    4. CMOSイメージセンサとの融合による信号処理
  3. MEMSデバイス製造技術
    1. MEMS製造プロセスの基礎
    2. 犠牲層エッチングを用いた製造技術
    3. 転写プロセスを用いた製造技術
    4. 二次元材料を用いたMEMSセンサの製作方法
  4. バイオセンシンング応用事例
    1. センサの界面構築技術
    2. 抗原抗体反応
    3. ウイルス検出
    4. 神経伝達物質検出
    5. 化学物質 (ガス) 検出

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/5/29 医療機器/体外診断薬企業のためのQMS適合性調査対応 基礎講座 オンライン
2020/6/2 メディカル系分野 (体外診断薬・医療機器・再生医療) における社内外の情報収集方法と活用事例 東京都
2020/6/8 中国・ASEAN主要国・インドの薬事制度と市場を絡めた進出のポイント 東京都
2020/6/9 医療機器の市場ニーズ調査・マーケティング手法がわかる一日演習セミナー オンライン
2020/6/11 医療機器QMSに有効な統計手法とサンプルサイズ決定方法 大阪府
2020/6/12 医療機器開発の為の生物学的安全性評価の基礎と評価手法 オンライン
2020/6/15 医療機器における薬事規制対応 東京都
2020/6/16 医療機器における薬事規制対応 オンライン
2020/6/17 放射線滅菌製品の承認申請に関する改正行政通知への具体的対応 オンライン
2020/6/18 バイオセンサ・デバイスの最先端技術・研究動向と応用展開 東京都
2020/6/23 QMS省令改正のポイントと対応方法 東京都
2020/6/23 ASEAN医療機器市場最新動向および規制・薬事申請のポイント オンライン
2020/6/24 生体信号計測、生体センサ技術の基礎と応用 東京都
2020/6/24 最終的に滅菌される医療機器の包装 ISO11607-1, ISO11607-2 2019年版への対応 オンライン
2020/6/25 放射線滅菌における医療機器の安定性試験および包装バリデーション 東京都
2020/6/29 コンピュータ化システムバリデーション (CSV) 初級講座 東京都
2020/6/29 医薬品等の開発・薬事担当者のための法律超入門 オンライン
2020/6/30 欧州における医療機器 臨床評価セミナー 東京都
2020/7/2 ASEAN医療機器の動向および規制・薬事申請のポイント 東京都
2020/7/9 医薬品・医療機器などにおける放射線・EOG滅菌の基礎と滅菌バリデーション実施時の留意点 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2016/12/16 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線
2015/9/30 医療機器/ヘルスケア関連商品の薬事法 (薬機法) “超”入門講座【2】
2014/6/30 マイクロセンサ 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/25 先端癌治療機器 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/25 先端癌治療機器 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/10 人工透析装置 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/10 人工透析装置 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/2/10 PET装置(診断) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/2/10 PET装置(診断) 技術開発実態分析調査報告書
2014/1/25 CT(コンピュータ断層撮影装置) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)