技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

FMEA・DRBFMの基礎と活用方法

FMEA・DRBFMの基礎と活用方法

~迅速・正確に進めていくための考え方、実施法~
東京都 開催

概要

本セミナーでは、正しい設計・工程FMEA及び設計審査の進め方を解説いたします。

開催日

  • 2019年5月28日(火) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 正しい設計・工程FMEA及び設計審査の進め方

プログラム

 トップダウンFMEAでは、まず機能を記載し、次に故障を想定し「この故障はなぜ起きるか?」と思いつく不具合を列挙する。これだと最初の故障の想定に漏れが生じ、さらに思いつく不具合にも漏れが生じ、FMEAは形だけの形骸化を避けられない。
 ボトムアップFMEAでは、先に故障を想定しない。部品ごとに故障モード (構造破壊) を列挙して「これが起きたらどんな影響が起きるか?」とボトムアップに追究する。従って、全ての故障を漏れなく予測することができる。
 「故障」とは機能障害であり、「故障モードとは」構造の破壊です (JIS定義) 。誤ったFMEAではこの区別がなく、故障も破壊も不良も、不具合は全て故障モードだと考えて失敗する。
 設計変更の際に、データに基づいて設計審査とFMEAを迅速・正確に行うDRBFMを進めよう。「分かり易い、やり易い」ことで圧倒的な人気を得ている絶対評価4点法を身につけよう。

  1. ご案内
    1. 固有技術と管理技術
    2. FMEA理論の系統
    3. 信頼性技法の役目
    4. システムの構成
    5. 故障モードの定義 (JIS)
    6. 潜在的故障モードの誤り
    7. FMEAは重点管理に非ず
  2. 製品設計FMEA
    1. FMEAの手順
    2. 例題1の対象
    3. ボトムアップ・トップダウン
    4. 真壁肇先生の事例
    5. 故障モードの列挙
    6. 機能ブロック図は不要
    7. 評価
    8. 演習問題
    9. ダメなFMEAの事例
  3. FMEA概論
    1. 相対法の欠陥
    2. 対策が複数の場合
    3. 部品業者の場合
  4. 特性要因図 (工程設計の準備)
    1. JISの定義
    2. 品質管理の意味
    3. 管理用特性要因図
    4. 魚骨図と表形式
  5. 工程FMEA
    1. 手順
    2. 工程の故障モード
    3. 例題
    4. QA表とQC工程表
    5. QC工程表 (左半分)
    6. QC工程表 (右半分)
    7. QC工程表とFMEAの合体
  6. DRBFM (故障モードに基づく設計審査)
    1. より迅速・正確な設計審査
    2. 機能・商品性の低下
    3. その他の心配点
    4. FMEAの実施
    • 質疑応答

会場

商工情報センター カメリアプラザ

9F 第2研修室

東京都 江東区 亀戸2-19-1 カメリアプラザ 9F
商工情報センター カメリアプラザの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/9/3 音による故障検知および故障予知 東京都
2019/9/4 信頼性加速試験の進め方とその留意点 大阪府
2019/9/4 トラブル未然防止のための信頼性試験法と耐用寿命予測の実際 東京都
2019/9/10 FMEAと関連技法 (DRBFM・ヒヤリハット分析) 東京都
2019/9/12 工場の改善とIoTによる設備自動化ラインの構築 東京都
2019/9/19 FMEA/FTAの効果的な活用方法 東京都
2019/9/19 ポカミスを防止・撲滅するための仕組みづくりとその運用 東京都
2019/9/25 FMEA・DRBFMの基礎と効果的実践手法 東京都
2019/9/26 製造業における外注品質向上のための管理ポイント 東京都
2019/9/26 化粧品・医薬部外品における安定性試験と自社基準設定のポイント 東京都
2019/10/8 短期開発のための設計根拠に着目した信頼性アセスメントの進め方 東京都
2019/10/10 外観検査の効果的で効率的な進め方と実践ノウハウ 大阪府
2019/10/15 製造現場における外国人労働者の教育とヒューマンエラー対策 東京都
2019/10/24 機械学習を活用した外観検査/打音検査方法 東京都
2019/10/25 目視外観検査&自動外観検査装置の評価導入および、画像認識技術の基礎と機械学習による外観検査技術 (2日間コースセミナー) 東京都
2019/10/25 目視外観検査工程の管理と自動外観検査装置の評価導入ポイント 東京都
2019/11/6 超入門 信頼性データ解析の基本と結果の見方/使い方 東京都
2019/11/7 外観検査・目視検査自動化のための画像処理・AI技術の活用 東京都