技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

官能評価の基礎と高級感の解明・商品開発への活かし方

官能評価の基礎と高級感の解明・商品開発への活かし方

東京都 開催

概要

本セミナーでは、感性工学の基礎、官能評価の基本的な進め方から、より高級感を感じられる設計品質化の手法まで、事例を交えて解説いたします。

開催日

  • 2018年5月22日(火) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 商品開発に携わる技術者
  • 商品企画担当者
  • 官能評価を実施する担当者

修得知識

  • 感性工学的なアプローチと考え方
  • 官能評価の基礎 (手法や計画立案など)
  • 官能評価実施の留意点 (注意すること)
  • 商品開発のための設計品質化の手立て

プログラム

 ユーザーが明確に意識できる「高級」とは異なり、何となく感じる「高級感」は、その後の購買行動とともにブランドイメージの形成に大きく影響してきます。気持ちにつながる感性的側面を強く持った高級感を調べるために、通常は言葉を介した官能評価が使われます。
 本セミナーでは、言葉として明確に意識された官能評価結果から、どのようにして潜在的な高級感を明らかにしていけばいいかを、化粧品などの事例を使って、その手法を紹介します。そして、より高級感を感じていただける設計品質化の手立てについて解説します。

  1. 官能評価概論
    • 官能評価を実施する際に気を付けるべきこと
  2. 官能評価手法の概要と実習と統計計算
    1. 識別試験法
    2. 分類法
    3. 順位法
    4. 定量的記述的試験 (QDA) 法
    5. 一対比較法
    6. 一対比較法と定量的記述的試験法の組合せ分析
  3. 官能評価で統計を使うわけ
    • 誤差と個人差との関係は?
  4. 高級感の解明事例の紹介とその設計品質化手法
    1. 化粧品の高級感の解明
    2. グラフィカルモデリングと構造方程式モデリング (SEM) の役割
    3. “何となく”の見える化とその設計品質化

会場

江東区産業会館

第2会議室

東京都 江東区 東陽4丁目5-18
江東区産業会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/9/23 年金数理 : アクチュアリー1次試験対策講座 基本コース 東京都
2018/9/23 生保数理 : アクチュアリー1次試験対策講座 基本コース 東京都
2018/9/25 質感の認知メカニズムと定量評価 東京都
2018/9/25 ICH Q1Eに準拠した安定性試験結果の統計解析による有効期間の推定方法 東京都
2018/9/25 非劣性試験における試験デザイン・実施・評価と優越性試験との比較 東京都
2018/10/10 超入門 統計の考え方から使い方までマスターしよう 東京都
2018/10/14 数学 (確率・統計・モデリング) : アクチュアリー1次試験対策講座 基本コース 東京都
2018/10/14 損保数理 : アクチュアリー1次試験対策講座 基本コース 東京都
2018/10/17 分析法バリデーションにおける統計解析Excel実習とバリデーション結果の読み取り方 京都府
2018/10/18 アパレル製品とその素材の快適性向上と商品化事例 東京都
2018/10/19 医薬品の製造管理/QC&QA業務に必要な統計の基礎と実践のコツ 東京都
2018/10/22 継続使用に繋げる使用感の解析・官能評価の活用例とターゲット別の賦香・商品差別化事例 東京都
2018/10/25 嗅覚・匂いセンサの高感度化と最新動向、応用展開 東京都
2018/10/30 医薬品研究者のための実験計画と適切な結果を得るための必要サンプルサイズの考え方 東京都
2018/10/30 魅力ある製品の作り方とビジュアルデータを用いた使用感の伝え方 東京都
2018/11/6 分析法バリデーション入門講座 大阪府
2018/11/7 繊維製品の肌触り・触感評価 大阪府
2018/11/7 金融工学のための数理入門 4日間パック 東京都
2018/11/7 マルチンゲールアプローチ入門 東京都
2018/11/8 触感、質感の認知メカニズムとその評価技術 東京都