技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

医薬品外観目視検査の効率的な実施と見逃し低減・検査精度の向上

医薬品外観目視検査の効率的な実施と見逃し低減・検査精度の向上

~固形製剤・注射剤について~
東京都 開催

開催日

  • 2017年5月12日(金) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 医薬品の外観検査に求められること
  • 外観検査結果に基づく品質改善
  • 異物対策

プログラム

 異物混入を原因とする医薬品の回収は、各社の様々な取り組みにも係わらずなくなることはない。
 本講演では、固形製剤、注射剤の外観検査の実態を把握し、製品品質の向上のために、医薬品の要求品質の明確化と目視検査の効率化の考え方、手順を解説する。
 また、異物混入の背景となる様々な事象についても、目視検査員に対する教育訓練の観点から整理し説明します。

  1. 医薬品の特性
    1. 医薬品の社会的使命
    2. 医薬品の製造に関わる全ての人が目指すべきこと
  2. 医薬品に求められる品質
    1. 医薬品の回収事例より
    2. 異物の分類
    3. 医薬品等の回収について
  3. 目視検査員の教育訓練
    1. 認定制度
    2. 教育訓練
    3. 目視検査実施手順書
  4. GMP遵守による医薬品の品質確保
    1. GMPとは
    2. GMPソフトとハード
    3. GMPの三原則
  5. 医薬品の外観検査に求められること
    1. 製品の品質保証
    2. 医薬品の多様性
    3. 要求品質の明確化
    4. 検査基準の設定
  6. 外観検査の流れ
    1. 検査に先立って考えておくべきこと
    2. 検査項目
    3. 目視検査
    4. 一次包装後の検査
  7. 自動検査システム
    1. 自動検査機の特性
    2. 注射剤用自動検査機の例
  8. 検査の妥当性検証
    • AQLの考え方
  9. 想定される不具合
    1. 固形製剤 (スティッキング、キャッピング)
    2. 注射剤 (破瓶)
  10. 外観検査の条件に注目した論文等の紹介
    1. 検査条件
    2. USP<1790>注射剤の目視検査:改定案
  11. 外観検査結果の解析に基づく改善
    1. トレンド分析とライブラリーの作成
    2. 改善の手順
    3. 生体由来異物対策 (体毛、毛髪等) と防虫対策
  12. 異物発生源となる箇所
    • 事例写真紹介
  13. Q&A
    • これまでのセミナーで頂いた質問と回答例
    • 質疑応答

講師

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)
複数名
: 45,000円 (税別) / 48,600円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 45,000円(税別) / 48,600円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 54,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 97,200円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 145,800円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2017/5/24 医薬品品質システム (PQS) &CAPA (是正予防・予防処置) 導入コース (2日間) 東京都
2017/5/24 GMP監査技法・レビューの着眼点・聞き取り調査技法の手順とコツ 東京都
2017/5/24 初心者でも導入可能な医薬品品質システム (PQS) 構築・運営の留意点 東京都
2017/5/24 体外診断用医薬品・医療機器の中国申請及び臨床試験のポイント 東京都
2017/5/24 医薬品・化粧品・食品工場におけるヒューマンエラー対策 東京都
2017/5/24 経皮吸収製剤開発における製剤設計とin vitro/in vivo実験法・評価の手順およびポイント 東京都
2017/5/24 医薬品開発における結晶形の評価技術と塩・Cocrystal形成による物性の改善 東京都
2017/5/25 英文メディカルライティング入門 2日間講座 東京都
2017/5/25 現場で役に立つCAPA (是正予防・予防処置) 導入手順・事例と根本的原因分析 入門講座 東京都
2017/5/25 体外診断用医薬品の臨床性能試験の進め方 東京都
2017/5/25 医薬品等に関する最近の重要判例を踏まえた特許権の活用のあり方 東京都
2017/5/25 製造販売承認書の一変申請・軽微変更届の判断基準とGMP上の範囲と事例 東京都
2017/5/26 PIC/S GMP査察に対応するための適切な試験検査室管理と指摘事項 東京都
2017/5/26 炎症性腸疾患における診療・開発動向と診療現場より期待される新薬像 東京都
2017/5/26 Excelを使用した国内での医療用医薬品の販売予測の実務 東京都
2017/5/29 再生医療等製品GCTP省令とCPC建設のポイント及びPMDAの査察対応 東京都
2017/5/29 バイオ医薬品のCTD (CMC) :妥当性の根拠とまとめ方 東京都
2017/5/29 核酸医薬品の修飾技術の開発 東京都
2017/5/29 バイオ医薬品のCTD (CMC-1) :「製造方法」及び「構造決定・特性解析及び不純物」のまとめ方 東京都
2017/5/29 マイクロニードル開発における性能および安全性評価例 東京都