技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

樹脂-金属接着界面の信頼性試験・評価技術

剥がれ、破壊、劣化の原因を突き止め、材料設計へと活かす

樹脂-金属接着界面の信頼性試験・評価技術

東京都 開催

開催日

  • 2016年10月5日(水) 10時00分 17時00分

プログラム

第1部 樹脂・金属の接着メカニズムと界面の応力解析

(2016年10月5日 10:00〜12:00)

 高分子系の接着剤 (エポキシ系接着剤、アクリル系接着剤、瞬間接着剤など) を 用いて金属を接着した場合に生じる力学的な諸問題をわかりやすく解説します。さらに、高温耐熱性接着剤の現状と弾性率の測定方法に関しても解説します。

  1. 接着に関わる諸因子
    1. 接着剤の種類と歴史
    2. 接着時と使用時の温度と湿度の影響
    3. 被着材の種類による接着性の違い
      ~つけたいものは何でできている?~
  2. 接着にかかわる表面、界面
    1. 接着及び接着破壊過程における表面、界面
    2. 接着接合部の破壊形態の種類
    3. 接着接合部の表面と破断面の微視的観察
  3. 接着剤の弾性係数と強度の測定方法
    1. 応力解析に必要な物性値 (弾性係数) の測定?室温から高温まで?
    2. 接着剤自体の強度に対する温度の影響
  4. 接着強度の試験法
    1. 材料試験とは
    2. 接着強度の試験方法の国際規格
    3. 標準試験方法の課題
  5. 界面における応力解析のポイント
    1. 接着接合の力学
    2. 応力解析の手法と具体例
    3. 壊れないための強度設計法と応用事例
    • 質疑応答

第2部 樹脂/金属接着界面の強度の信頼性評価/ 接着界面の湿潤耐久性・耐水性評価

(2016年10月5日 12:40〜14:40)

  1. 経年劣化に伴う強度低下およびばらつきの増加による故障率増加の信頼性工学的評価
  2. 加速係数
  3. 接着接合部劣化の3大要因
    1. 接着界面へ水が浸入することによる劣化の促進 (物理的影響および化学的影響)
    2. 温度による物理的および化学的劣化の加速
    3. 応力による物理的および化学的劣化の促進
  4. 材料の寿命の決定法
  5. アレニウスモデル (温度条件) による耐久性加速試験および寿命推定法
  6. アイリングモデル (応力条件) による耐久性加速試験および寿命推定法
  7. 湿潤および応力負荷条件下の耐久性評価法
    1. Sustained Load Test
    2. 接着剤 – 構造接着接合品の耐久性試験方法ーくさび破壊法
  8. 金属/接着界面の耐水安定性についての熱力学的検討
    • 質疑応答

第3部 樹脂金属接着界面の密着性評価とその破壊分析事例

(2016年10月5日 15:00〜17:00)

  1. 接着に関わる諸因子
    1. ポリマーの流動
    2. 被着体に対するポリマーのぬれ
    3. 界面の安定化
    4. 接着における界面結合力
    5. 接着破壊
  2. 接着にかかわる表面、界面
    1. 接着及び接着破壊過程における表面、界面
  3. 界面における密着性の評価・解析技術と分析のポイント
    1. 表面分析方法の分類
    2. 各種表面分析機器の特徴と活用方法
    3. 材料表面の化学状態
    4. 接着物の界面分析事例
    5. 接着界面の安定と劣化事例
  4. 異種材料の接着技術
    1. 射出成形接着
    2. ポリマーと金属の接着
    3. ポリマーとポリマーの接着
    • 質疑応答

講師

  • 森 きよみ
    拓殖大学 工学部 機械システム工学科
    准教授
  • 鈴木 靖昭
    鈴木接着技術研究所
    所長
  • 平原 英俊
    岩手大学 理工学部 化学・生命理工学科 化学コース
    教授

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 64,800円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 55,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 118,800円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 178,200円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/10/24 衝撃工学の基礎と衝撃緩衝・吸収特性の評価および強度設計への展開 東京都
2018/10/25 樹脂の破面解析と破壊メカニズム、寿命予測と破損トラブルの再発防止策 東京都
2018/10/30 シランカップリング剤の反応メカニズム解析、界面 (層) 形成・表面の反応状態の分析・評価方法 東京都
2018/10/31 接着剤の正しい選び方と使い方および実用事例 東京都
2018/11/7 接着剤の基礎と選定/使用実例 大阪府
2018/11/8 接着制御・メカニズム解析の考え方と分析評価法 東京都
2018/11/8 表面分析・接着分析をしっかり学ぶ2日間講座 東京都
2018/11/13 建築用接着剤の材料設計と耐久性評価、最新事例 東京都
2018/11/14 マテリアルズインフォマティクスを用いた材料設計と企業での活用事例 東京都
2018/11/15 マルチマテリアル化の動向と適用技術 東京都
2018/11/16 自動車・マルチマテリアルにおける接着・接着剤技術 東京都
2018/11/20 粘着剤・テープに求められる物性とその設計 東京都
2018/11/20 輸送機器におけるマルチマテリアル化と新しい加工・接合技術 東京都
2018/11/26 技術・特許情報、環境規制から読み解くEVシフト・モビリティ化動向とこれからの知財戦略の在り方 東京都
2018/11/30 樹脂と金属の接合技術と強度・耐久性評価技術 東京都
2018/11/30 超親水化・超撥水化のための基礎知識と応用 東京都
2018/12/4 プラスチック製品の強度設計における安全率設定入門 東京都
2018/12/6 1日速習 異種材料接着/接合技術の理論と具体的手段 京都府
2018/12/10 ラミネート技術の基礎と応用、トラブル対策 東京都
2018/12/12 自動車軽量化・マルチマテリアル化技術動向の特許・知財分析 東京都