技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

未来予測、将来ビジョンの設定と研究開発テーマへの落とし込み、進め方

5~10年先の市場獲得のための

未来予測、将来ビジョンの設定と研究開発テーマへの落とし込み、進め方

東京都 開催

概要

本セミナーでは、未来洞察のやり方、その事業・技術戦略への活かし方を主要各社の例を踏まえて説明いたします。

開催日

  • 2015年6月24日(水) 10時30分 16時00分

プログラム

第1講 「未来予測・洞察の方法と事業戦略、技術戦略への活かし方」

(2015年6月24日 10:30〜12:00)

日本企業の研究開発生産性が継続的に低化し、中央研究所発の新規事業が生まれに くい危機的な状況が続いている。原因は、事業戦略と技術戦略が連動せずバラバラで あること、直近研究開発の役割・方法論が変化していることに気付かず、相変わらず単 に技術を生み出すことに注力していることなどがある。この状況を脱し、強くて儲かる研 究開発にするには、単に顧客から聞いたものではない、自社独自の社会動向と科学技 術動向を主とした未来予測・洞察を持ち、それをベースに他社とは違う分野を目指し事 業戦略と技術戦略を連動させ、顧客価値提供に繋がるビジネスを産む必要が研究開発 部門に要請されている。本講演では、未来洞察のやり方、その事業・技術戦略への活 かし方を主要各社の例を踏まえて説明したい。

  1. 日本企業の研究開発効率の低化
  2. 研究開発役割の変化
  3. なぜ未来予測・洞察が必要か
  4. なぜ未来予測・洞察が活かされないか
  5. 未来予測・洞察のやり方
  6. シナリオ策定・予兆探索のやり方
  7. 未来予測・洞察をどう戦略に落とし込むか
  8. 未来予測・洞察を戦略につなぐ成功のポイントは何か
    • 質疑応答

第2講 「5~10年先の研究開発テーマ創出に向けた研究運営のポイント」

(2015年6月24日 12:45〜14:15)

  1. 新規分野開拓を狙った中長期テーマの研究運営の改革
    1. 自社テーマの振り返りに基づく研究運営の見直し
    2. 未来視点・事業視点発想への転換
    3. 技術の棚卸しと獲得すべき技術の抽出
  2. 研究ビジョンとテーマの設定
    1. 重点研究領域の設定と研究の方向性設定
    2. ライオンR&Dが目指す2035年の姿
    3. ビューティフルエイジング研究の事例
  3. 新規分野開拓を成功させるための考察
    1. 新規事業を成功させるDNAの導入
    2. 新たな価値創出の阻害・促進要因
    3. 不確実性に基づく研究管理
    4. ライオンでの体験からの気付き
    • 質疑応答

第3講 「長期視点に基づいた将来市場、技術の予測と研究開発テーマの発掘」

(2015年6月24日 14:30〜16:00)

  1. 将来予測が必要となった背景 (経営環境、技術環境)
  2. 将来予測の目的 (経営ビジョン、事業戦略、研究開発戦略)
  3. 将来予測の手法及び留意点
  4. 将来予測から研究開発テーマへ
  5. 研究開発テーマ発掘の具体事例
    • 質疑応答

講師

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 50,000円(税別) / 54,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 59,400円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 108,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 162,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/1/18 再現性を備えた 革新的な新規製品・事業・サービス創出法 東京都
2019/1/18 バイオ・ヘルスケアビジネス事業化の基本とリアル 東京都
2019/1/21 技術者、研究者のための実践的な時間管理 東京都
2019/1/22 ステージゲート・プロセスを活用したR&Dテーマ評価・選定のマネジメント 東京都
2019/1/23 コア技術をベースにした新規事業テーマの発掘とその進め方 東京都
2019/1/24 「技術」を「事業」につなげる商品開発の進め方 東京都
2019/1/24 革新的新商品、新規事業を生み出すアイデアが湧き出る発想法 東京都
2019/1/28 R&Dテーマ評価と研究開発投資資源配分の決め方 東京都
2019/1/29 FVE (未来価値評価) 法による研究開発テーマの評価とその実践 東京都
2019/1/29 ワークショップで学ぶビジネスモデル構築手法 東京都
2019/1/30 研究開発部門が行うべきマーケティングの知識と活動 (基本理論編 + 実践編) 東京都
2019/1/30 研究開発部門が行うべきマーケティングの知識と活動 (基本理論編) 東京都
2019/1/31 研究開発部門が行うべきマーケティングの知識と活動 (実践編) 東京都
2019/2/6 未来予測のための情報収集手法とそのまとめ方 東京都
2019/2/7 未来洞察を活用したアイデア創出・研究開発テーマの創造 大阪府
2019/2/8 ボトムアップによるR&Dテーマ創出の仕掛け 東京都
2019/2/13 技術ロードマップを活用した新規事業テーマ創出の仕方 東京都
2019/2/14 「価値づくり」で高収益を確実に実現する組織的・継続的なビジネスモデルの構築 東京都
2019/2/20 革新的テーマ・アイデアを継続的に多数創出する体系的・組織的な仕組みづくり 東京都
2019/2/22 出口戦略に基づいた研究開発テーマの創出と事業化への進め方 東京都