技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

特許情報を活用したアイデア・発明の発想法

特許情報を活用したアイデア・発明の発想法

~アイデア創出のロジックツリー~
東京都 開催 PC実習付き

受講にあたってのお願い
本セミナーではInternet Explorerを使って実習を行いますので、Internet Explorerの動作するパソコンを持参してください。
※ インターネット環境は当社所有のWiFiルーターを使用致しますので、無線LAN内臓のPCのご用意をお願い致します。

概要

本セミナーでは、特許に記載されている「課題」「解決手段」に着目したアイデア創出法を紹介いたします。
また、ケーススタディを通じて、すぐに使える発明発想のテクニックを身につけていただきます。

開催日

  • 2013年5月17日(金) 12時30分 16時30分

受講対象者

  • 全ての技術系担当者
  • アイデアや発明を生み出し、特許を出したい人
  • アイデア、発明において何から手をつけてよいかわからない方

修得知識

  • 「発明」を簡単にたくさん生み出すことができる
  • 効率よく/システマチックに発明を生み出すことができる
  • 日々の業務の課題を、「特許情報」をヒントに解決することができる
  • 発明意識の向上、特許件数の増加

プログラム

 これまでに「発明の発想法」は種々提案されていますが (例えばTRIZ 等) 、いずれも「習得までに時間がかかる (=コストがかかる) 」ものばかりで、手軽なものではありませんでした。また、「発明」を、根本的に新しいアイデアを生み出す、という「無から有を生じせしめる」プロセスとしてとらえ、あくまで手法を追及してきたことも「発明の発想法」が広く実践されていない理由の一つでしょう。
 実際の開発シーンでは、無から有を生み出す「根本的に新しいアイデア」よりもむしろ、ちょっとした発明、改善、すぐに実現できる解決策のアイデアが求められる傾向があります。
 本セミナーでは、目の前の課題、つまりニーズから出発して発明を発想することを主目的としています。具体的な手法として、膨大な知識データベースである特許を活用し、その特許に記載されている「課題」「解決手段」に着目したアイデア創出法を紹介します。併せて、産み出された「アイデアの種」を整理・拡大するための手法として「ロジックツリー」を取り上げ、発明の発想に関わる一連のプロセスを把握します。
 特に、後半のケーススタディを通じて、すぐに使える発明発想のテクニックを必ず時間内に身につけていただくことを目的とします。
 今後、発明活動の主戦力となる若手研究者・技術者の方の受講をお勧めします。

  1. 発明が生まれる仕組み
    1. エンジニアの役割と発明
       「目標」・「創出」・「保護」の各フェーズから成る「知」のマネージメントを理解し、研究者・技術者、いわゆる発明者に必要なスキルを把握します。
    2. 発明はどうやって生まれるのか?
       発明に必要なスキルを明らかとするために、発明が生み出されるプロセスを理解します。
    3. 発明の手法を知っていますか? (知っていても発明できない理由)
       既存の発明手法・発想手法が効果的に活用されない理由について議論します。
    4. 「新結合」
       「無から有」ではなく、「有から有」、つまり既存技術の組み合わせ (結合) によって多くの発明が生み出されている 点を理解します。
  2. 「課題」-「解決手段」分析を用いたアイデア発想法
    1. 特許データベースの価値
       特許は宝の山。既存技術の情報源としての価値・魅力を紹介します。
    2. 特許公報の「課題」と「解決手段」
       発明 (特許) は、何らかの課題を解決するものである。特許公報を読むことにより、誰がどんな「課題」に取り組んで いるのか、そして、どんな「解決手段」をとっているのかを、網羅的に捉えることができます。
    3. 「課題」-「解決手段」分析を用いたアイデア発想プロセス
       特許情報を活用することにより、①自身が取り組むべき課題の設定 (課題の優先順位付け) 、および、②課題解決 のための具体的アイデア (の種) 着想、の2 点を効率的に実現できます。
  3. ケース紹介
    1. 「ナノインプリント技術」を例とした事例紹介
       特許情報を活用し、課題設定から具体的解決策の創出に至った「ナノインプリント技術」を事例として、「課題」- 「解決手段」分析を用いたアイデア発想プロセスの全体を掴みます。
  4. ロジックツリーを用いた発想の展開・整理
    1. ロジックツリーとは?
       生み出されたアイデアの種を整理・拡大するための手法として、ロジックツリー (論理系統図) を紹介します。
    2. ロジックツリーの作り方・使い方
       特許情報だけでなく、その他の発想手法を適宜活用しながらロジックツリーを駆使する方法を紹介します。
    3. 「何のために」と「どうやって」
       ロジックツリーは、「課題」と「解決手段」の関係を重層的に整理するのに適し、発明を生む上で極めて重要な「課 題」の明確化・具体化において強力なツールとなります。
  5. 小演習
     当方であらかじめ準備した具体的な「お題」に基づいて個人作業を行い、ロジックツリーを用いたアイデアの整理・拡 大手法を実践します。

  • 質疑応答・名刺交換

講師

会場

東京ビッグサイト

会議棟 1階 103+104会議室

東京都 江東区 有明3-11-1
東京ビッグサイトの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 38,000円 (税別) / 39,900円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名同時申込みで1名分無料 (1名あたり19,950円)
    • 2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。
    • 同一法人内 (グループ会社でも可) による2名同時申込みのみ適用いたします。

イノベーションセミナー シリーズ特典

本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/1/29 ワークショップで学ぶビジネスモデル構築手法 東京都
2019/2/6 未来予測のための情報収集手法とそのまとめ方 東京都
2019/2/7 未来洞察を活用したアイデア創出・研究開発テーマの創造 大阪府
2019/2/8 ボトムアップによるR&Dテーマ創出の仕掛け 東京都
2019/2/12 パテントマップを用いた知財戦略の策定方法 京都府
2019/2/13 技術ロードマップを活用した新規事業テーマ創出の仕方 東京都
2019/2/14 「価値づくり」で高収益を確実に実現する組織的・継続的なビジネスモデルの構築 東京都
2019/2/15 新規分野参入の為の特許調査の仕方 東京都
2019/2/18 先発品企業のためのジェネリック対抗の落とし穴と製品マネジメント戦略 東京都
2019/2/19 デザインの感性評価と商品開発 東京都
2019/2/20 革新的テーマ・アイデアを継続的に多数創出する体系的・組織的な仕組みづくり 東京都
2019/2/22 出口戦略に基づいた研究開発テーマの創出と事業化への進め方 東京都
2019/2/25 研究者・技術者のためのパテントマップ入門 東京都
2019/2/25 企画開発に取り組むために知っておくべき事業設計図の成り立ち 東京都
2019/2/26 他社特許の分析方法と自社特許の強化方法 東京都
2019/3/15 技術ロードマップ作成入門と実践的活用法 東京都
2019/3/28 ボトムアップによる新規事業アイデア創出の考え方と方法 東京都
2019/4/16 技術機能展開法を利用した製品アイデア・開発テーマ創出法 東京都
2019/4/18 研究開発成功のために必要な技術者思考とその実践 東京都
2019/4/24 新商品開発のための勝てる「シンプル技術戦略」作成法、活用法 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2018/9/28 コア技術を活用した新規事業テーマの発掘、進め方
2018/5/31 “人工知能”の導入による生産性、効率性の向上、新製品開発への活用
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/1 パテントマップの全知識 (増刷改訂版)
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/10/20 TI〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/10/20 TI〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書
2013/8/13 不織布〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)