技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

高分子の延伸による構造と配向の発現およびそれらの制御法を利用した材料開発

高分子の延伸による構造と配向の発現およびそれらの制御法を利用した材料開発

~講義収録DVD付~

概要

本商品は「高分子の延伸による構造と配向の発現およびそれらの制御法を利用した材料開発」セミナーを収録したDVDと、セミナーで配布しているテキスト資料のセットです。
このセミナーでは、高分子鎖変形で発生する特異な物性、変形方法、変形後の構造固定などについて物性との相関も含めて平易に解説し、要求特性に応じた物性を発現させるための基本と物性測定法を概説いたします。

ご案内

 多数の屈曲性高分子鎖は伸長変形能を有する。これを利用した材料の一例がフィルムや繊維である。ここでは、高分子鎖変形で発生する特異な物性、変形方法、変形後の構造固定などについて物性との相関も含めて平易に解説する。さらに要求特性に応じた物性を発現させるための基本と物性測定法を概説する。

目次

  • 1.高分子物質の特徴
    • 1-1.高分子物質の変形
    • 1-2.高分子鎖の変形
    • 1-3.高分子鎖の運動と基本物性
    • 1-4.高分子鎖の形を固定化する
    • 1-5.固定化と物性の相関
    • 1-6.分子鎖の形と物性の相関
  • 2.分子鎖配向
    • 2-1.分子鎖配向の重要性
    • 2-2.分子鎖配向にともなう構造と物性の変化
    • 2-3.分子鎖配向の表し方と測定法
  • 3.構造制御
    • 3-1.高分子鎖の引き伸ばしと配向
    • 3-2.分子鎖の引き伸ばし比(延伸比)
    • 3-3.巨視的延伸比
  • 4.力学的高性能化をめざした構造制御
    • 4-1.力学的高性能化とは
    • 4-2.延伸加工の種類
    • 4-3.延伸によって発生する分子鎖配向と構造変化
    • 4-4.延伸条件の最適化とは
    • 4-5.ブレンド効果
  • 5.力学物性の評価と測定法
    • 5-1.弾性率と強度測定における条件設定の違い
    • 5-2.静的測定と動的測定の違い
  • 6.力学的高性能化の限界
    • 6-1.化学構造と延伸挙動の関係
    • 6-2.分子量と物性の関係
    • 6-3.高次構造制御の限界
    • 6-4.超延伸の可能性について
  • 7.将来展望とまとめ

執筆者

伊藤 眞義

東京理科大学
理学部

名誉教授

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

A4判フルカラーテキスト、DVD (講演時間 約220分) 92ページ

発行年月

2013年4月

販売元

tech-seminar.jp

価格

46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/9/17 高分子材料の残留応力発生メカニズムと低減化法 東京都
2019/9/18 最新事例セルロースナノファイバーのプラスチック複合化技術 東京都
2019/9/19 脱プラスチックの流れの中で求められる高分子技術 東京都
2019/9/19 生分解性プラスチック入門講座 東京都
2019/9/19 高分子の力学的性質と制振・防振・吸音・遮音材料の設計および評価法 東京都
2019/9/19 バリアフィルム作製の基礎とガス透過性メカニズムおよび評価方法 東京都
2019/9/20 熱可塑性エラストマー入門 東京都
2019/9/24 高分子結晶化の基礎と解析技術 東京都
2019/9/24 欧州、米国、日本の食品容器・包装材料における国内外最新動向・要件とE&Lに関する具体的分析事例 東京都
2019/9/25 発泡成形・微細射出発泡成形の基礎から応用、最新技術動向 東京都
2019/9/25 医薬品 / 包装容器・再生医療器材・医療機器における滅菌の基礎、無菌性保証と滅菌バリデーションの留意事項 東京都
2019/9/25 プラスチック成形品の力学特性評価と破面解析技術 東京都
2019/9/26 食品容器包装材の製造工場におけるGMP管理 東京都
2019/9/26 トライボロジーの基礎講座 東京都
2019/9/27 熱硬化性樹脂の基礎と応用 東京都
2019/9/27 押出成形のトラブル対策 Q&A講座 東京都
2019/9/27 E&L (Extractables and Leachables/抽出物、浸出物) における国内外最新動向・要件と試験・評価の実際 東京都
2019/9/27 初めてのコンパウンドプロセス 2軸押出機スクリュー構成のデザイン技法 東京都
2019/9/30 自己修復材料の材料設計と応用事例 東京都
2019/9/30 エポキシ樹脂における硬化剤の選定、配合設計とフィルム化技術 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/4/24 日・欧・米における食品容器包装規制と制度の比較2019
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/12/27 押出成形の条件設定とトラブル対策
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/6/25 断熱フィルム 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/25 断熱フィルム 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/5 真空蒸着技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/5 真空蒸着技術 技術開発実態分析調査報告書
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書