技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

診療関連死の全例届出と院内調査の実施義務付けへの対処要領

セミナー収録DVD

診療関連死の全例届出と院内調査の実施義務付けへの対処要領

~法的観点を踏まえた医療現場対応の実践要領~
診療関連死の全例届出と院内調査の実施義務付けへの対処要領の画像

概要

本DVDは、2013年8月31日「診療関連死の全例届出と院内調査の実施義務付けへの対処要領」を収録したDVDです。

目次

この5月29日、厚労省の医療事故調査に関する検討部会でとりまとめがなされ、秋の臨時国会において医療法が改正されることが厚労省によって示されました。病院も診療所も等しく、診療関連死の全例届出と院内事故調査実施とが義務付けられます。届出や院内調査には、軽々に行うとそれがきっかけとなって大事件化するリスクもあります。しかし、有効活用すれば、警察・マスコミ・クレームへの対処に役立ちます。本セミナーでは、それらへの対処要領を示し、法的観点を踏まえた現場対応の実践の仕方のポイントを解説いたします。

1.診療関連死の全例届出義務

  • (1) 届出の判断基準
  • (2) 届出の内容
  • (3) 医師法21条の異状死体届出との関連

2.院内事故調査の実施義務
  • (1) 院内事故調査委員会の組織
    • 医療安全管理委員会との関連
    • 委員構成の仕方
  • (2) 院内事故調査委員会の運用
    • 運用の次第
    • 事故調査報告書の作成マニュアル

3.院内規則の整備と書式

4.院内事故調査委員会を利用した諸対応

  • (1) 警察・刑事対応
  • (2) マスコミ対応
  • (3) クレーム対応

執筆者

井上 清成

井上法律事務所
医療法務弁護士グループ

弁護士/代表

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

DVD (約180分)資料 68ページ

発行年月

2013年8月

販売元

tech-seminar.jp

価格

30,000円 (税別) / 32,400円 (税込)

DVDの動作環境

このDVDビデオはDVD-Rフォーマットのディスクに記録されています。
DVDビデオ対応のプレーヤー・パソコンで再生してください。まれに再生できないプレーヤーがありますが、その際はお問い合せ先までご一報下さい。

複製禁止

このDVD-ROMを無断で複製・放送・有線放送・上映・レンタル (有償・無償を問わず) することは法律によって一切禁止されていますのでご注意下さい。

関連する出版物

発行年月
2013/10/26 新たな患者満足度測定手法と増患・増収対策
2013/9/27 2014年改定の方向性と病床機能情報の報告のあり方について
2013/9/3 クラウド時代の医療ICTの最先端
2013/8/24 事務部が主導する攻めるローコストオペレーション
2013/7/27 建て替え・移転・新築計画の実現
2013/7/12 「事務総合職」育成プログラム
2013/6/5 国際基準「JCI認証」取得の実際と検証
2013/5/31 在宅でのCDTM(共同薬物治療管理)の実践と薬局・薬剤師の次世代モデル
2013/5/16 突合・縦覧点検で減点が激増
2013/4/26 新米管理者としてマネジメントの原理を知ることで不安解消しよう
2013/3/23 建て替え・移転・新築計画を決断し資金調達、業者選定から起工式まで
2013/2/16 心に響く対応で確実にファンを創る!クレーム対策術
2013/2/14 テロリスト化するクレーマーへの対処術(企業編)
2013/2/1 患者情報の安全管理と法的にみた診療記録のあり方
2012/12/3 在宅医療を実現するための病院の役割とICTの活用等在宅医療支援事業の全容
2012/11/27 優良病院がやっている「正しい組織の仕組みづくり」
2012/7/31 診療記録を見直す!!
2012/4/20 テロリスト化する院内クレーマーへの対処術
2012/3/24 高機能急性期病院にとっての2012年度診療報酬改定の影響と対策
2012/2/27 2012年度介護報酬改定の徹底分析と戦略