技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ポリビニルアルコールの基本構造・物性および各種トラブル対策

ポリビニルアルコールの基本構造・物性および各種トラブル対策

~乳化剤・分散剤、バインダー・接着剤、コーティング剤などへの用途展開~
オンライン 開催

アーカイブ配信で受講をご希望の場合、視聴期間は2024年6月27日〜7月4日を予定しております。
アーカイブ配信のお申し込みは2024年7月2日まで承ります。

概要

本セミナーでは、ポリビニルアルコール (PVOH) の基礎から解説し、ポリビニルアルコールの取扱いのポイント、保存保管時のトラブル対策について解説いたします。
また、ポリビニルアルコールの光学材料、バインダーや接着剤、ヘルスケア、海洋分解性材料などへの応用展開についても解説いたします。

開催日

  • 2024年6月26日(水) 12時30分 16時30分

修得知識

  • ポリビニルアルコールの基本物性
  • ポリビニルアルコールの物性制御方法
  • ポリビニルアルコールの用途
  • ポリビニルアルコールのトラブル事例
  • 目標物性に対しての設計思想
  • PVOHを使用した材料設計

プログラム

 ポリビニルアルコールは水溶性高分子の代表格であり、接着性や分散性に優れるだけでなく、近年は生分解樹脂としても注目されています。ポリビニルアルコールは、その多様な特徴を活かし様々な業界や用途で利用検討がなされていますが、最適な材料設計の検討がなされていない事例を目にすることが多くあります。
 そこで本講座では、ポリビニルアルコールの基礎と高機能化に関する解説、さらに多岐にわたるポリビニルアルコールの用途やトラブル事例の紹介を通して、ポリビニルアルコールを利用した材料設計についての知識を養うことを目的としております。受講いただいた皆様の問題解決や製品開発の一助となれば幸いです。

  1. ポリビニルアルコ – ルの基礎
    1. ポリビニルアルコールとは
    2. ポリビニルアルコールの製造工程
  2. ポリビニルアルコ – ルの構造と物性
    1. 構造と基本物性
    2. 微細構造が与える影響
    3. 溶液、固体、皮膜の物性
    4. 生分解性
  3. ポリビニルアルコールの用途
    1. ポリビニルアルコールの特徴を活かした用途紹介
  4. ポリビニルアルコールの高機能化
    1. 特殊変性による機能化
    2. 架橋による耐水化
  5. ポリビニルアルコールに関する各種トラブル要因、その対策
    1. ポリビニルアルコール溶解時のトラブル例
    2. 乳化剤・分散剤への用途展開時のトラブル例
    3. バインダー・接着剤への用途展開時のトラブル例
    4. コーティング剤への用途展開時のトラブル例
    5. 溶融成形への用途展開時のトラブル事例
    6. 使用上および保管上の注意点
    7. 化学物質登録状況、衛生性対応は?
    8. ポリビニルアルコールの生分解性とは?
    9. ポリビニルアルコールを上手く溶解するには?
    10. 水溶液の発泡を抑えたい
    11. 水溶液保管中の増粘やゲル化を抑えたい
    12. ポリマーブレンドして使用したい
    13. アルコールで希釈したい
    14. 曇点の発生とその抑制方法とは?
    15. ガスバリア性の因子とバリア性向上について
    16. 基材への濡れ性、密着性が悪い時の対応は?
    17. 耐水性不足の際の対策、耐油・耐水性の評価方法は?
    18. 耐水性と防曇性を両立させる方法は?
    19. 塗膜のひび割れ、外観荒れの発生メカニズムとその対策は?
  6. 最近の開発事例

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 42,000円(税別) / 46,200円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

ライブ配信対応セミナー / アーカイブ配信対応セミナー

  • 「Zoom」を使ったライブ配信またはアーカイブ配信セミナーのいずれかをご選択いただけます。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルを配布予定です。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

ライブ配信セミナーをご希望の場合

  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

アーカイブ配信セミナーをご希望の場合

  • 当日のセミナーを、後日にお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
  • 配信開始となりましたら、改めてメールでご案内いたします。
  • 視聴サイトにログインしていただき、ご視聴いただきます。
  • 視聴期間は2024年6月27日〜7月4日を予定しております。
    ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/7/26 界面活性剤の基礎および物性・機能・構造解析 オンライン
2024/7/29 セラミックス合成・成形時に用いられるバインダー (結合剤) および添加剤・薬剤の種類と使い方 オンライン
2024/8/5 大気圧プラズマを用いた材料の表面改質、ぬれ性の改善 オンライン
2024/8/7 接着の基礎と接着改良技術 オンライン
2024/8/20 AIやMIを用いた接着接合部の密着性解析・強度予測・その活用 オンライン
2024/8/23 乳化・分散プロセスのトラブル対策と装置設計・スケールアップ手法 オンライン
2024/8/23 PVA (ポリビニルアルコール) の基礎知識と機能化設計 オンライン
2024/8/26 界面活性剤の基礎と活用法 オンライン
2024/8/26 粘着・剥離のメカニズムとその制御 オンライン
2024/8/27 架橋ポリオレフィンのマテリアルリサイクル技術の現状と動向 オンライン
2024/8/30 粘着・剥離のメカニズムとその制御 オンライン
2024/9/2 架橋ポリオレフィンのマテリアルリサイクル技術の現状と動向 オンライン
2024/9/3 乳化重合・懸濁重合のメカニズム、応用、スケールアップ、トラブル対策 オンライン
2024/9/3 自動車接着剤のマルチマテリアル化に向けた開発と動向 オンライン
2024/9/4 乳化・可溶化・αゲルの基礎と相図を用いたアプローチ オンライン
2024/9/4 PVA (ポリビニルアルコール) の基礎と高機能化 オンライン
2024/9/6 接着制御・メカニズム解析の考え方と分析評価法 オンライン
2024/9/9 PVA (ポリビニルアルコール) の基礎知識と機能化設計 オンライン
2024/9/10 PVA (ポリビニルアルコール) の基礎と高機能化 オンライン
2024/9/12 粘着・剥離現象の基礎と可視化実験・モデリング 東京都 会場・オンライン