技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

研究・実験データ収集、管理への仕組み作りと蓄積データの活用

研究・実験データ収集、管理への仕組み作りと蓄積データの活用

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、R&D部門のデータ共有、利活用の実情から解説し、データ共有・利活用状況を改善するために必要な方策に関して、電子実験ノートを導入する際に必要な要件及び、各個人に必要な意識改革や会社としての体制づくり等を説明いたします。

開催日

  • 2024年5月14日(火) 10時00分 17時45分

修得知識

  • 電子実験ノートのメリット、デメリット
  • 導入時、運用後に陥りがちな落とし穴とその防止策

プログラム

第1部 研究・実験データの収集、管理と蓄積データの活用法

(2024年5月14日 10:00〜11:30)

 新素材を創出する探索研究では、あつかう材料の種類が豊富で、実験データや計算ツールも多種多様である。研究所全体でマテリアルズ・インフォマティクス (MI) の活用やデータ駆動型研究を目指すには、部署単位や担当者ごとに異なるデータの記録を定型データとして入力・蓄積し、また機械学習などの計算手法をツール毎ではなく共通の仕組みで使えることが重要である。
 本講演では、材料研究での一般的な課題を確認し、製薬研究を例に商用パッケージソフトを活用したインフォマティクス基盤構築について説明する。

  1. マテリアルズ・インフォマティクス
    1. MI向けソフトウェアの歴史
    2. 企業研究における一般的なMIの課題
  2. データの記録
    1. 純物質・混合物などモノを中心とした記録 (付番管理)
    2. 加工プロセスを中心とした記録 (電子実験ノート/ELNなど)
    3. データの収集・加工・蓄積 (ETL)
    4. アイデア・着想の記録
  3. データの活用
    1. データの種類 (数字、文字、画像、時系列データなど)
    2. Pythonなどによるデータ処理
    3. データ参照・計算システム
  4. データ駆動型研究の実現のために
    1. 商用パッケージソフトか自社開発か
    2. 製薬研究で使うソフト
    3. ソフトウェアベンダーの事情
    • 質疑応答

第2部 クラウド型電子実験ノートを活用した研究・実験データの収集と統合的管理

(2024年5月14日 12:15〜13:45)

 研究・開発業務では、実験に用いる多種多様な資材、実験で得られる膨大なデータ、参考文献や分析報告書などの文書類といった、さまざまな情報を扱います。これらを適切に管理して活用することは、研究・開発を効率的に行ううえで極めて重要です。
 本講演では、創薬研究を例にとり、多種多様な情報をクラウド型研究情報管理システムで統合的に管理して利用することのメリットを説明するとともに、実際のクラウド型研究情報管理システム製品を紹介します。

  1. 創薬研究データ管理における課題
    1. 研究データの紙ベースでの管理の限界
    2. サンプルやデータの多様性と散在
    3. 研究開発の水平分業におけるデータ管理
  2. クラウド型研究データ管理システムの利用メリット
    1. 部署や会社/研究機関の壁を越えたデータの共有
    2. システムの利用規模の柔軟性
    3. 各種サンプル・データの統合的管理
  3. Scilligence社製品の紹介
    1. Scilligence社製品の特長
    2. 各製品の機能
      • サンプル・アッセイ情報管理 RegMol
      • 在庫管理 Inventory
      • 電子実験ノート ELN
      • 機器データ収集・管理 SDMS
      • プロジェクト管理・ワークフロー実行 PMF
  4. デモンストレーション
    • 質疑応答

第3部 ハイスループット研究・実験データ生成の考え方・コツと蓄積データの活用方法

(2024年5月14日 14:00〜15:30)

 マテリアルズインフォマティクスや生成AI等の普及・進化によって、研究・実験データに求められる要件、即ちその存在価値や在り方は大きく変化しています。また、生成したビッグデータの活用についても、従来のデータ管理及びデータハンドリング方法ではその価値を充分に活かすことができません。
 本講演ではコニカミノルタにおけるこれらの課題解決の考え方とアプローチについて、外部動向と共にご紹介致します。

  1. はじめに
    1. 自己紹介
    2. 研究・実験データの“これまで”と“これから”
  2. なぜハイスループットデータ生成が必要か
    1. マテリアルズインフォマティクス (MI) の有効性
    2. 開発「現場」でMIを活用するにあたっての課題
    3. ハイスループットデータ生成の考え方・アプローチ
  3. なぜデータ活用のためのプラットフォームが必要か
    1. 社内データの利活用に関する現状と課題
    2. 社外データベースの利活用に関する現状と課題
  4. ハイスループット研究・実験データ生成の事例紹介
    1. 加速する世界動向
    2. コニカミノルタにおける事例紹介
  5. データ活用プラットフォーム構築の事例紹介
    1. 外部動向
    2. コニカミノルタにおける事例紹介
    • 質疑応答

第4部 研究・実験データ収集、管理への仕組み作りと蓄積データの活用

(2024年5月14日 15:45〜17:45)

 IoTやAIの普及により、製造工程以降のデータ利活用は急激に進展しています。一方、公的研究機関であれ、民間企業であれ、R&D部門におけるデータの取り扱いは属人的なままであり、研究の信頼性が阻害されたり、効果的なデータの利活用がほとんど進んでいないのが実態です。R&D部門は技術の源泉であり、データを精緻に管理して効果的に利活用する、つまりデータ分析・AI化を行うことは、今後の競争力にとって不可欠です。
 本講演では、まず、R&D部門のデータ共有、利活用の実情をお話しさせていただきます。 次に、データ共有、利活用状況を改善するために必要な方策について説明します。具体的には、データ共有、利活用システムに必要な要件について紹介し、システムの導入、運用時の陥りがちな落とし穴を回避するために必要なプロジェクトチームの要件等を説明させていただきます。

  1. はじめに (講演者の会社、経歴紹介)
  2. R&D部門のデータ共有、利活用の実情
  3. データ共有、利活用状況を改善するために必要な方策
  4. データ共有、利活用システムに必要な要件
  5. データ共有、利活用システム導入、運用に必要なプロジェクトチームの要件
  6. まとめ
    • 質疑応答

講師

  • 石崎 貴志
    シュレーディンガー株式会社 ストラテジック・デプロイメント
    ビジネス開発マネージャー
  • 篠崎 康裕
    株式会社モルシス ライフサイエンス部
  • 成毛 章容
    コニカミノルタ株式会社 技術開発本部 データサイエンスセンター
    マネジャー
  • 上島 豊
    株式会社キャトルアイ・サイエンス
    代表取締役

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 66,000円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 55,000円(税別) / 60,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 121,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 181,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方
  • 支払名義が企業の場合は対象外とさせていただきます。
  • 企業に属し、大学、公的機関に派遣または出向されている方は対象外とさせていただきます。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/5/31 マテリアルズインフォマティクスのためのデータ解析 オンライン
2024/5/31 開発者・技術者のための技術の発想と実現 オンライン
2024/5/31 ChatGPTによる丸投げ統計解析/解析結果の解釈 オンライン
2024/6/4 ものづくり・問題解決のための機器分析の考え方と進め方 オンライン
2024/6/4 ChatGPTによる「丸投げ統計解析」の実施法 オンライン
2024/6/4 AIによって開発された医薬・診断技術の特許申請・知財保護戦略 オンライン
2024/6/5 生成AIと自社データの連携によるアイデア創出と研究プロセスの変革 オンライン
2024/6/5 マテリアルズインフォマティクスの基礎技術となる計算科学シミュレーション オンライン
2024/6/5 研究開発部門を対象とした情報収集のテクニック オンライン
2024/6/5 製造工場における設備保全の効果的な運用法 オンライン
2024/6/5 研究開発のための技術ロードマップの作成・活用法と策定事例 オンライン
2024/6/6 自社の強みを活かした開発マーケティング実践講座 オンライン
2024/6/7 マテリアルDXによる材料開発の効率化、高速化とその推進 オンライン
2024/6/7 試験部門 (QC) におけるデータの電子化とインテグリティ対策 オンライン
2024/6/7 研究開発・技術部門が行う特許情報調査の基本とすすめ方、調査精度を高めるポイント オンライン
2024/6/7 シナリオプランニングをとりいれた市場・製品・事業・技術ロードマップの策定と実行手法 オンライン
2024/6/10 生成AIとChatGPTのビジネス活用入門 オンライン
2024/6/11 電子実験ノートの導入とR&Dデータ共有・利活用ノウハウ オンライン
2024/6/11 研究開発におけるポートフォリオ・マネジメントの方法とその具体的な活動 オンライン
2024/6/12 ChatGPTによる丸投げ統計解析/解析結果の解釈 オンライン

関連する出版物

発行年月
2024/1/12 世界のマテリアルズ・インフォマティクス 最新業界レポート
2023/12/27 実験の自動化・自律化によるR&Dの効率化と運用方法
2023/10/31 出口戦略に基づく研究開発テーマの設定と事業化への繋げ方
2023/4/28 ケモインフォマティクスにおけるデータ収集の最適化と解析手法
2022/8/31 研究開発部門と他部門の壁の壊し方、協力体制の築き方
2022/4/28 研究開発部門へのDX導入によるR&Dの効率化、実験の短縮化
2022/4/28 プラントのDX化による生産性の向上、保全の高度化
2022/1/13 DXを未来のビジネスに結びつけるための情報収集利活用ノウハウ
2022/1/12 製造DX推進のための外観検査自動化ガイドブック
2021/10/29 “未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方
2021/8/31 研究開発の "見える化" によるR&Dテーマ評価、進捗管理と進め方
2021/7/30 マテリアルズインフォマティクスのためのデータ作成とその解析、応用事例
2021/6/28 AI・MI・計算科学を活用した蓄電池研究開発動向
2021/3/31 研究開発テーマの評価と中止/撤退判断の仕方
2020/12/30 実践Rケモ・マテリアル・データサイエンス
2020/10/30 研究開発者のモチベーションの高め方と実践事例
2020/8/11 化学・素材業界におけるデジタルトランスフォーメーションの最新調査レポート
2020/8/1 材料およびプロセス開発のためのインフォマティクスの基礎と研究開発最前線
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/12/27 R&D部門の“働き方改革”とその進め方