技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

二酸化炭素資源化におけるマテリアル・バイオ技術融合の重要性と微生物による新規バイオ技術の最先端および展望

バイオモノづくりはCO2を原料にする時代へ

二酸化炭素資源化におけるマテリアル・バイオ技術融合の重要性と微生物による新規バイオ技術の最先端および展望

~現在バイオものづくりで作られている ”あらゆるもの” を石油やグルコースではなくCO2を原料につくるために~
オンライン 開催
  • 受講特典: アーカイブ配信付き (視聴期間: 2024年5月7日〜5月10日を予定)

概要

本セミナーでは、電解生成物をエネルギー源として利用可能な微生物を用いた光合成に依存しない二酸化炭素資源化技術を紹介いたします。

開催日

  • 2024年4月26日(金) 13時00分 16時30分

受講対象者

  • カーボンニュートラルの推進に関心があるものづくり関連企業 (燃料、ポリマー、飼料・食糧など)
  • カーボンニュートラルの製品を使用したい企業
  • カーボンニュートラルの製品製造プロセスに関与可能な企業
  • 自社で輩出している二酸化炭素の有効利用を考えている企業

修得知識

  • 微生物を利用した二酸化炭素資源化技術の現状
  • 再生可能エネルギー由来の電気、および電解生成物をエネルギー源とする新しいバイオ技術の展望

プログラム

 2050年のカーボンニュートラル実現に向け、二酸化炭素の回収および資源化を可能にする新技術への期待が高まっている。生物を利用した二酸化炭素資源化技術は、無機触媒技術と比べ反応速度には劣るが複雑かつ多様な有機物を合成可能という利点がある。しかし植物や藻類を利用する現行の技術では、低い反応速度 (生産性) 、食料との競合、多量の水の要求といった課題がある。
 本セミナーでは、それらの課題を解決しうる新技術として、光の代わりに電力、および水素等の電解生成物をエネルギー源として利用可能な微生物を用いた、光合成に依存しない二酸化炭素資源化技術を紹介する。

  1. 二酸化炭素資源化の必要性
    1. カーボンニュートラル、ネガティブエミッション
      • 2050年のカーボンニュートラル (温室効果ガスの排出を実質ゼロに) の実現にむけ、ネガティブエミッション (排出CO2の回収、除去、資源化) 技術の開発が急務である。
    2. 日本における「バイオマス・セキュリティ」の重要性
      • 温室効果ガス問題に加え、日本には (将来的には世界的にも) 有用バイオマスが不足しており、その多くを海外からの輸入に頼っている。
        現在サステイナブルな技術とされているバイオ燃料やバイオポリマーの生産も、
        海外産の食糧から生産していたのではサステイナブルとは言えない。
  2. マテリアル技術とバイオ技術の融合
    1. マテリアル技術による二酸化炭素資源化技術
      • マテリアル技術によるCO2資源化の研究は電解CO2還元や人工光合成など盛んに進められている。
        これらの中にはすでに植物の効率を超える技術も報告されているが、有用有機物の選択的合成は困難というデメリットがある。
    2. バイオ技術による二酸化炭素資源化
      • 植物や藻類など光合成生物を利用したCO2資源化は多種多様な有用有機物の合成が可能という大きなメリットを持つ。一方で反応速度や反応効率の観点ではマテリアル技術に太刀打ちできない。
    3. マテリアル・バイオ融合の必要性
      • 上記の課題から、効率的なCO2資源化にはマテリアル、バイオのメリットを併せ持つ技術の構築が有用であろう。
        具体的には、光エネルギー変換や単純なCO2固定反応をマテリアルが、複雑な有機物の選択的合成をバイオが担うような融合型技術の開発が必要である。
  3. 非光合成微生物による二酸化炭素資源化
    • 我々のグループではマテリアル・バイオ融合型の技術により「現在化石燃料や栽培作物から生産しているあらゆるもの (燃料、ポリマー、飼料・食糧など) をCO2から合成可能な技術」の開発を目指している。
      本CO2資源化技術は、微生物に供給するエネルギー・炭素源の違いから大きく3つに大別できる。
      1. 電気合成微生物の利用
        • マテリアルから供給される電力をエネルギー源としCO2から有機物を生産可能な電気合成微生物を利用した技術。工数が少ない分効率は高いが反応性が良い微生物の開発等が必要である。
      2. 水素酸化細菌の利用
        • 電解還元により生産可能な水素 (やCO) を微生物のエネルギー源として供給する技術。紹介する中では最も実用化に近いフェイズにあるが、効率的な微生物の開発やガス基質の供給法など課題も残されている。
      3. 触媒合成有機物を代謝する微生物の利用
        • 電解還元や触媒反応によりC2以上の有機物 (ただし混合物であったりそのままでは使用できない) を微生物に供給する技術。触媒開発、および非天然有機物を含むためその資化微生物の探索・開発が必要であるが、トータルの有機物生産ポテンシャルは最も高い。
    • 質疑応答

講師

  • 加藤 創一郎
    国立研究開発法人 産業技術総合研究所 生物プロセス研究部門
    上級主任研究員

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 32,400円 (税別) / 35,640円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 32,400円(税別) / 35,640円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/6/3 MOF/PCPを利用したCO2の分離・回収技術 オンライン
2024/6/11 CO2分離回収技術に関連したプロセスおよびコスト計算の基礎と実例 オンライン
2024/6/12 自動車塗料、塗装工程のCO2削減 オンライン
2024/6/14 微細藻類・海洋微生物の燃料・素材等への応用と最新動向 オンライン
2024/6/19 バイオフィルムの制御・評価・対策技術および最新の研究動向 オンライン
2024/6/19 DAC (直接空気回収) を含むCCS要素技術とCCUS事業サプライチェーンの最新動向について 東京都 会場・オンライン
2024/6/21 微細藻類・海洋微生物の燃料・素材等への応用と最新動向 オンライン
2024/6/24 化粧品技術者に求められる微生物保証の基礎知識と理想的な防腐剤・殺菌剤の使用 オンライン
2024/6/25 バイオフィルムの制御・評価・対策技術および最新の研究動向 オンライン
2024/6/27 医薬品ライフサイクルマネジメントから考える特許戦略と知的財産権の考え方 会場・オンライン
2024/6/27 欧州におけるデジタル・プロダクト・パスポート (DPP) をめぐる動き オンライン
2024/6/28 CO2固体吸収剤へ向けた担体の調製と特性評価 オンライン
2024/6/28 CCUS (CO2分離回収・有効利用・貯留) の基礎知識および各種課題点と今後の展望 オンライン
2024/6/28 PIC/S GMP Annex1を踏まえた滅菌製品・無菌医薬品の微生物試験とバリデーションのポイント オンライン
2024/6/29 非無菌医薬品における微生物学的品質管理の必要レベルと微生物限度試験法実施事例 2023 オンライン
2024/7/3 CO2吸着分離材料の開発と選択性の向上 オンライン
2024/7/3 化粧品技術者に求められる微生物保証の基礎知識と理想的な防腐剤・殺菌剤の使用 オンライン
2024/7/5 CCUS (CO2分離回収・有効利用・貯留) の基礎知識および各種課題点と今後の展望 オンライン
2024/7/8 欧州におけるデジタル・プロダクト・パスポート (DPP) をめぐる動き オンライン
2024/7/8 2050年カーボンニュートラルに向けた水素関連・二酸化炭素資源化関連技術の現状と今後 オンライン