技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

NOx (窒素酸化物) 対策と水素・燃料アンモニアの導入方策

NOx (窒素酸化物) 対策と水素・燃料アンモニアの導入方策

オンライン 開催

視聴期間は2024年4月15日〜26日を予定しております。
お申し込みは2024年4月24日まで承ります。

概要

本セミナーではカーボンニュートラル実現における水素・アンモニアの重要性や石炭・バイオマス混焼を対象とした低NOx燃焼技術について解説いたします。

開催日

  • 2024年4月24日(水) 12時30分 2024年4月26日(金) 16時40分

受講対象者

  • 触媒・プロセス開発関連の研究者・技術者
  • 石油化学工業・水素エネルギー関連化学に携わる研究者・技術者
  • 脱炭素に係わるエンジニア

修得知識

  • カーボンニュートラル実現における水素、アンモニアの重要性
  • 水素、アンモニアについての基礎知識
  • アンモニアがCO2フリーの燃料として注目される理由
  • アンモニアのコスト
  • 水素キャリアとは
  • 今後の水素、アンモニアの導入展開を考えるうえでのポイント
  • 水素、アンモニアの導入拡大に関連する技術的・社会的課題
  • これまでに開発されてきた各種燃料の低NOx燃焼の内容や変遷
  • 種々の燃料の導入を検討する上で、燃焼技術として留意すべき事項

プログラム

第1部 「水素、アンモニアの導入方策と課題」

(12:30〜14:30)

 脱炭素化の重要な方策の一つとして、水素、アンモニアの導入が進められようとしています。そこで水素、アンモニアが重要と考えられている理由、そして水素、アンモニアの製造、輸送等に係る方法と課題について説明します。これらについて理解することが水素、アンモニアの導入方策を考えるうえで重要だからです。
 そして何故、特に日本では水素に加えてアンモニアが重要と考えられているのかについて解説します。次いで、日本における水素とアンモニアの役割分担の可能性について考察します。これらの理解と考察を踏まえて、今後、日本において水素、アンモニアの導入がどのように進んでいくか考えます。
 最後に、アンモニアについてしばしば語られる誤解について、その誤りについて説明します

  1. 脱炭素化において水素、アンモニアに期待される役割
  2. 水素の製造と輸送
  3. 何故、アンモニア?
  4. アンモニアの製造と輸送
  5. 水素か、アンモニアか?
    1. CO2フリーン燃料としてのアンモニア
    2. アンモニアの新たな可能性
  6. 水素、アンモニアの導入は、今後どのように進んでいくか?
    1. “ブルー”から“グリーン”へ
    2. 水素とアンモニアの補完関係
    3. 発電分野
    4. その他の分野
  7. アンモニアにまつわる、よくある誤解
    1. 「アンモニアの製造から、多量のCO2が排出される」
    2. 「アンモニアの燃料から、NOX等の大気汚染物質が排出される」
    3. 「アンモニアは石炭混焼/水素はガス混焼」
    4. 「石炭過料でのアンモニア混焼は、石炭火力の延命策」
    5. 「アンモニアは危険」

第2部 「石炭燃焼、バイオマス混焼、アンモニア混焼を対象とした低NOx燃焼技術の開発」

(14:40〜16:40)

 石炭火力は、今後のカーボンニュートラルに向けた社会においても、当面は使用せざるを得ず、その運用においては、CO2 を排出しない燃料を混焼していく必要に迫られています。石炭は、炭化の進み具合で燃料性状が異なるため、燃焼特性の解明や性状に応じた燃焼技術の開発が進められてきました。近年は、既設火力に対し、バイオマスやアンモニアなど石炭とは異なる燃料を利用する技術の開発がターゲットとなっています。低NOx燃焼技術は、重工メーカ各社が長年苦労して培ってきた経緯もあり、他の燃料を混焼した場合のNOx排出特性は、特に懸念される事項です。電力中央研究所では、約40年に渡り、燃焼試験設備を用いて、種々の石炭の専焼・混焼、木質バイオマス混焼、至近ではアンモニア混焼の研究を実施してきています。
 本セミナーでは、これまでの研究成果から得られた知見を基に、これら燃料を使用した際の低NO燃焼技術について解説します。

  1. 電力中央研究所における燃焼研究の概要
  2. 微粉炭燃焼の原理と低NOx燃焼法
    1. 低NOxバーナ、二段燃焼法
    2. 石炭性状とNOx排出特性との関係
  3. 高水分亜歴青炭、高燃料比炭の燃焼技術
    1. 粉砕性
    2. 燃焼特性
  4. 木質バイオマスの混焼技術
    1. 粉砕性とその改善技術
    2. 石炭との混焼方法と燃焼特性
  5. アンモニアの混焼技術
    1. アンモニアの燃料としての主な特徴と懸念事項
    2. 石炭との混焼方法と燃焼特性
    3. アンモニア混焼技術に関する現行プロジェクトの概要

講師

  • 塩沢 文朗
    NPO法人 国際環境経済研究所
    主席研究員
  • 木本 政義
    電力中央研究所 エネルギートランスフォーメーション研究本部 プラントシステム研究部門
    上席研究員

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 42,000円(税別) / 46,200円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

アーカイブ配信セミナー

  • 当日のセミナーを、後日にお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
  • 配信開始となりましたら、改めてメールでご案内いたします。
  • 視聴サイトにログインしていただき、ご視聴いただきます。
  • 視聴期間は2024年4月15日〜26日を予定しております。
    ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
  • セミナー資料は別途、送付いたします。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/4/25 二酸化炭素 (CO2) 吸収・分離・回収の基礎知識及び応用分野と、これら技術の今後のゆくえ オンライン
2024/5/9 ゼロから学ぶ再エネビジネス基礎講座 (全2回) オンライン
2024/5/9 再エネ電力・環境価値取引で抑えたい知識と実務 オンライン
2024/5/10 容量市場・需給調整市場の基礎と最前線論点 (全2回) 会場・オンライン
2024/5/10 ゼロから学ぶ電気事業と容量市場 東京都 会場・オンライン
2024/5/20 アルカリ水電解技術の基礎と開発動向・展望 オンライン
2024/5/21 再生可能エネルギー源としての木質系バイオマス利用の道標 東京都 会場・オンライン
2024/5/22 出光興産株式会社における苫小牧CCUS構想と今後の課題 東京都 会場・オンライン
2024/5/22 カーボンニュートラル (CN) 社会における水素の役割とその技術動向 オンライン
2024/5/22 核融合炉 (フュージョン・エネルギー) の最新動向と構成材料の課題 オンライン
2024/5/22 核融合発電の最新開発動向、課題と実現への見通し 東京都 会場・オンライン
2024/5/23 FIP、コーポレートPPA等、2023年4月施行を踏まえて抑えたい知識と実務 オンライン
2024/5/23 水素サプライチェーンの実用化への取り組みと将来に向けた技術開発シナリオ 東京都 会場・オンライン
2024/5/27 核融合 (フュージョン) のイノベーション技術と産業応用 オンライン
2024/5/29 エクセルギーの基礎と実践的な計算・解析方法 オンライン
2024/5/30 洋上風力発電を取り巻く最新動向と今後の事業戦略 東京都 会場・オンライン
2024/5/30 EVを始めとした次世代自動車の普及展望とリチウム、コバルトなどLiB用金属資源の今後 オンライン
2024/6/4 カーボンニュートラル (CN) 社会における水素の役割とその技術動向 オンライン
2024/6/4 核融合炉 (フュージョン・エネルギー) の最新動向と構成材料の課題 オンライン
2024/6/4 ゼロから学ぶ電気事業と需給調整市場 東京都 会場・オンライン

関連する出版物