技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

2023年版 水素エネルギーの市場予測と将来展望

市場予測・将来展望シリーズ 〜 Hydorogen Energy編

2023年版 水素エネルギーの市場予測と将来展望

~脱炭素社会とエネルギー 〜 水素社会実現に向けて・水素燃料市場実態/予測・関連技術~
2023年版 水素エネルギーの市場予測と将来展望の画像

概要

本レポートでは、水素エネルギー市場の動向と今後の展望、水素エネルギー市場の世界や国内市場の動向との展望の調査及び分析、水素エネルギー関連メーカーの動向や展望について掲載しております。

ご案内

 新たなエネルギーとして、水素が期待されています。水素は、エネルギー・セキュリティを強め、環境問題に貢献し、かつ日本の産業競争力を高める重要な技術領域です。一方で水素エネルギー分野は、短期的には経済性が成立しづらい領域のある中で、民間企業を刺激し、積極的な参画やチャレンジを称揚するために、水素社会に対する社会の理解や期待の高まりが必要です。
 国家プロジェクトを中心とした技術の進展や導入・普及施策を通じて、水素エネルギーの社会への実装が始まりつつある現在、水素社会に向けた入り口に到達したと言えますが、今後はこれを本格的な水素社会の実現に結実させていくための絶え間ない取組みが必要です。その際には、産学官の関係者間で目標と時間軸を共有した上で役割分担を明確化し、取り組みに優先順位を付して資源を重点配分しながら、協力して取り組んでいくことが不可欠です。
 現在、天然ガス、液化天然ガス、ガソリンといった可燃性のエネルギーを、安全を確保するための技術や規制等の制度によって、特段の安全に対する意識を持たず安心して利活用しています。我が国が目指す水素社会は、水素をこのレベルまで到達させて、ユーザーが特別な意識無く、利便性の享受や環境問題・エネルギー・セキュリティの貢献を果たす社会といえます。
 本レポートの第I章では、水素エネルギーの導入と取組みについて述べています。第II章では、水素エネルギーの技術動向と展望について、記載しています。第III章では、水素燃料や燃料電池市場について動向や展望について延べています。第IV章では、燃料電池自動車市場について、その動向や展望を掲載。そして第V章では、水素エネルギーと定置用蓄電池に関する動向や展望について述べています。
 弊社は本年、創立49周年を向かえる市場調査・マーケティング会社です。本レポートは、専門の編集スタッフにより調査・編纂されております。本レポートは、水素燃料・エネルギー業界を事業・生産・開発動向などを踏まえながら、将来展望や市場予測を含めてコンパクト (1冊・P200) にまとめたものです。同シリーズは、新規参入を検討してされている企業様を含めた事業計画の立案、予備調査、事業計画書の作成・その展開など幅広く活用されています。

2023年2月 株式会社日本エコノミックセンター スマートエネルギーグループ

目次

第I章 水素エネルギー社会の政策と将来

  • 1. 水素社会実現に向けた政策
    • (1) 国内外情報と水素政策について
    • (2) 水素分野における戦略等の策定状況・各種目標
    • (3) 2030年に向けた政策対応のポイント
    • (4) 水素に係る海外動向
    • (5) 再生可能エネルギー導入加速化に向けた系統用蓄電池
  • 2. 水素社会実現に向けた課題
    • (1) 水素利用の飛躍的拡大へ 〜 現在
    • (2) 燃料電池自動車 (その他輸送用の車両を含む)
    • (3) 水素発電の本格導入 (2020年代後半に実現)
    • (4) CO2 フリー 水素供給システムの確立 (2040年前半に実現)
  • 3. 課題克服に向けた取組み
    • (1) 技術課題の特定
    • (2) 技術開発の方向性

第II章 水素エネルギーの導入と取組み

  • 1. 水素燃料の技術概要と動向
    • (1) 水素燃料の技術概要
  • 2. 水素エネルギーを導入する意義
    • (1) エネルギー・セキュリティの向上
    • (2) 省エネルギー、環境負荷低減
    • (3) 我が国の水素エネルギー市場
  • 3. 水素エネルギーに関連する日本の取組み
    • (1) 水素エネルギーに関する日本の政策
    • (2) 我が国における水素エネルギーへの取組み

第III章 水素エネルギー技術動向と展望

  • 1. 水素エネルギー技術の全体像
    • (1) 水素エネルギー技術の概要
  • 2. 水素製造技術
    • (1) 副生水素について
    • (2) 化石燃料改質
    • (3) 水電解 (水の電気分解)
    • (4) バイオマスの熱分解
    • (5) 水の熱分解
    • (6) 光触媒による水分解 (人口光合成)
    • (7) バイオプロセス
  • 3. 水素輸送・貯蔵技術
    • (1) 高圧ガス水素輸送
    • (2) 液化水素輸送
    • (3) 有機ハイライド
    • (4) パイプライン輸送
    • (5) アンモニアについて
    • (6) 水素吸蔵合金
    • (7) メタン化について
  • 4. 水素供給技術
    • (1) 原理と特徴
    • (2) 課題について
    • (3) 適用事例
  • 5. 関係メーカーの動向と展望
    • (1) 川崎重工業株式会社
    • (2) 株式会社東 芝

第IV章 水素エネルギーの市場予測と展望

  • 1. 水素燃料・燃料電池市場の動向と展望
    • (1) 水素燃料・燃料電池世界市場の概況
    • (2) 水素燃料・燃料電池国内市場の概況
  • 2. 燃料電池世界市場の動向と展望
    • (1) 燃料電池用途別世界市場の概況と動向
    • (2) 燃料電池業界図 (世界・日本)
      • 1 燃料電池世界市場推移・予測 (台数・金額)
      • 2 燃料電池用途別世界市場推移・予測 (台数・金額)
      • 3 家庭用燃料電池世界市場推移・予測 (台数・金額)
      • 4 自動車用燃料電池世界市場推移・予測 (台数・金額)
      • 5 ポータブル燃料電池世界市場推移・予測 (台数・金額)
      • 6 産業・業務用燃料電池世界市場推移・予測 (台数・金額)
      • 7 定置用燃料電池国内市場推移・予測 (台数・金額)
      • 8 燃料電池地域別市場推移・予測 (金額・全体)
    • (3) 燃料電池タイプ別世界市場の概況と動向
      • 1 燃料電池タイプ別世界市場推移・予測 (台数・金額)
      • 2 固体高分子形燃料電池世界市場推移・予測 (台数・金額)
      • 3 固体酸化物形燃料電池世界市場推移・予測 (台数・金額)
  • 3. 燃料電池国内市場の動向と実態
    • (1) 燃料電池国内市場の概況と動向
    • (2) 燃料電池市場の動向
      • 1 燃料電池国内市場推移・予測 (全体) (台数・金額)
      • 2 家庭用燃料電池国内メーカーシェア (台数・金額)
      • 3 家庭用燃料電池国内メーカー別出荷台数・金額推移予測
    • (3) 燃料電池用途別国内市場の概況と動向
      • 1 燃料電池用途別国内市場推移・予測 (台数・金額)
      • 2 家庭用燃料電池国内市場推移・予測 (台数・金額)
      • 3 自動車用燃料電池国内市場推移・予測 (台数・金額)
      • 4 ポータブル燃料電池国内市場推移・予測 (台数・金額)
      • 5 産業・業務用燃料電池国内市場推移・予測 (台数・金額)
      • 6 定置用燃料電池国内市場推移・予測/構成比率 (台数・金額)
    • (4) 燃料電池タイプ別国内市場の概況と動向
      • 1 燃料電池タイプ別国内市場推移・予測 (台数・金額)
      • 2 固体高分子形燃料電池国内市場推移・予測 (台数・金額)
      • 3 固体酸化物形燃料電池国内市場推移・予測 (台数・金額)
  • 4. 家庭用燃料電池市場の動向と実態
    • (1) 家庭用燃料電池市場の動向
    • (2) 家庭用燃料電池市場の概要と動向
      • 1 家庭用燃料電池国内市場推移・予測 (年度別・累計)
      • 2 家庭用燃料電池販売会社シェア (台数・金額)
      • 3 家庭用燃料電池販売会社別市場推移・予測 (台数・金額)
      • 4 家庭用燃料電池累計台数/価格推移・予測
        • 参考: 固体高分子形燃料電池の構造 (図)
  • 5. 家庭用燃料電池関連企業の動向と展望
    • (1) 株式会社アイシン
    • (2) 大阪ガス株式会社
    • (3) 京セラ株式会社
    • (4) 静岡ガス株式会社
    • (5) 西部ガス株式会社
    • (6) 東京ガス株式会社
    • (7) 東邦ガス株式会社
    • (8) パナソニック株式会社
  • 6. 産業・業務用燃料電池市場の動向と展望
    • (1) 産業・業務用燃料電池市場の最新動向
    • (2) 固体酸化物形燃料電池の技術動向
    • (3) 固体酸化物形燃料電池のロードマップ (表)
  • 7. 固体酸化物形燃料電池関連企業の動向と展望
    • (1) ENEOS株式会社
    • (2) 関西電力株式会社
    • (3) 京セラ株式会社
    • (4) 東京ガス株式会社
    • (5) 東邦ガス株式会社
    • (6) 日本ガイシ株式会社
    • (7) 株式会社日本触媒
    • (8) 株式会社プロテリアル
    • (9) ホソカワミクロン株式会社
    • (10) 三菱重工業株式会社

第V章 燃料電池自動車市場の動向と展望

  • 1. 燃料電池自動車 (FCV) の動向と実態
    • (1) 燃料電池自動車市場の最新動向
    • (2) 燃料電池自動車の課題と展望
    • (3) 環境対応車の現状と動向
      • 環境対応車世界市場推移・予測
    • (4) 燃料電池自動車の提携関係
      • 1 燃料電池車世界市場推移・予測
      • 2 燃料電池車国内市場推移・予測
  • 2. 燃料電池自動車関連国内メーカーの動向と展望
    • (1) スズキ 株式会社
    • (2) ダイハツ工業株式会社
    • (3) トヨタ自動車株式会社
    • (4) 日産自動車株式会社
    • (5) 本田技研工業株式会社
  • 3. 燃料電池自動車関連海外メーカーの動向と展望
  • 4. 水素ステーションの動向と展望
    • (1) 水素ステーションの動向
    • (2) 水素燃料と関連メーカー動向
    • (3) 水素ビジネスの概要と展望
    • (4) 水素ビジネスの関連動向
    • (5) 水素ステーションの課題と検討
      • 1 水素ステーション世界市場推移予測/地域別構成比率
      • 2 水素ステーション国内市場推移・予測 (拠点・金額)
  • 5. 水素ステーション関連メーカーの動向と展望
    • (1) 出光興産株式会社
    • (2) 岩谷産業株式会社
    • (3) エア・ウォーター株式会社
    • (4) ENEOS株式会社
    • (5) 大陽日酸株式会社
    • (6) 東京ガス株式会社
    • (7) 東邦ガス株式会社
    • (8) 三菱化工機株式会社
      • 参考: 水素ステーション設置動向 (表)

第VI章 水素エネルギーと定置用蓄電池の動向

  • 1. 水素発電所の動向と展望
  • 2. 定置用蓄電池の実態と展望
    • (1) 新エネルギーと定置用蓄電池
    • (2) 定置用蓄電池の動向と展望
    • (3) リチウムイオン電池の課題と今後
    • (4) レドックス・フロー電池の動向
    • (5) NAS (ナトリウム硫黄) 電池の動向
      • 1 リチウムイオン電池 (LiB) 世界市場推移・予測
      • 2 定置用リチウムイオン電池世界市場推移・予測
      • 3 定置用ニッケル水素電池世界市場予測
      • 4 レドックス・フロー電池世界市場予測
      • 5 NAS (ナトリウム硫黄) 電池世界市場推移・予測
      • 6 定置用蓄電池世界市場推移・予測
  • 3. スマートコミュニティ (シティ) の動向
    • (1) スマートコミュニティ (シティ) の構想
    • (2) スマートコミュニティ (シティ) の概要
      • 1 スマートコミュニティ世界市場推移・予測 (拠点・金額)
      • 2 スマートコミュニティ地域別市場推移・予測 (拠点)
      • 3 スマートコミュニティ地域別市場推移・予測 (金額)
  • 4. 定置用蓄電池関連メーカーの動向と展望 (2021〜25年度)
    • (1) エリーパワー株式会社
    • (2) 株式会社GSユアサ
    • (3) 住友電気工業株式会社
    • (4) 株式会社東 芝
    • (5) 日本ガイシ株式会社

参考

  • 水素エネルギー関連用語集
  • 燃料電池関連団体 (FCA)
  • 水素エネルギー関連企業の戦略 (表)

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

B5判 並製本 200ページ

発行年月

2023年2月

販売元

tech-seminar.jp

価格

70,000円 (税別) / 77,000円 (税込)

媒体と価格

印刷版 70,000円(税別)
CD-ROM (PDF) 70,000円(税別)
プレミアムCD-ROM (PDF + Excel) 90,000円(税別)
印刷版 + CD-ROM (PDF) 90,000円(税別)
印刷版 + プレミアムCD-ROM (PDF + Excel) 110,000円(税別)

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/4/16 2024年の蓄電池市場・政策動向とビジネスチャンスの掴み方 東京都 会場・オンライン
2024/4/18 水素エネルギーとモビリティ オンライン
2024/4/19 リチウムイオン電池のドライ電極の技術動向とプロセスの検討 オンライン
2024/4/24 NOx (窒素酸化物) 対策と水素・燃料アンモニアの導入方策 オンライン
2024/4/25 バイオマスエネルギーの最新動向と今後の事業戦略 オンライン
2024/4/25 二酸化炭素 (CO2) 吸収・分離・回収の基礎知識及び応用分野と、これら技術の今後のゆくえ オンライン
2024/4/25 小出力核融合発電の実現に向けた核融合炉工学・超伝導マグネット技術の最新動向と展望 オンライン
2024/5/10 容量市場・需給調整市場の基礎と最前線論点 (全2回) 会場・オンライン
2024/5/10 ゼロから学ぶ電気事業と容量市場 東京都 会場・オンライン
2024/5/20 アルカリ水電解技術の基礎と開発動向・展望 オンライン
2024/5/22 カーボンニュートラル (CN) 社会における水素の役割とその技術動向 オンライン
2024/5/22 核融合炉 (フュージョン・エネルギー) の最新動向と構成材料の課題 オンライン
2024/5/24 水素脆化のメカニズムと評価・解析法、耐水素脆化特性に優れた材料の開発 オンライン
2024/5/27 核融合 (フュージョン) のイノベーション技術と産業応用 オンライン
2024/5/29 エクセルギーの基礎と実践的な計算・解析方法 オンライン
2024/5/30 EVを始めとした次世代自動車の普及展望とリチウム、コバルトなどLiB用金属資源の今後 オンライン
2024/6/4 カーボンニュートラル (CN) 社会における水素の役割とその技術動向 オンライン
2024/6/4 核融合炉 (フュージョン・エネルギー) の最新動向と構成材料の課題 オンライン
2024/6/4 ゼロから学ぶ電気事業と需給調整市場 東京都 会場・オンライン
2024/6/20 燃料電池、アンモニア、水素を取り巻く最新動向と今後のビジネス・チャンス オンライン

関連する出版物

発行年月
2023/11/24 2024年版 脱炭素エネルギー市場・技術と将来展望
2023/9/8 2024年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2023/7/7 2023年版 次世代住宅市場・技術の実態と将来展望
2023/6/9 2023年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2023/5/31 アンモニアの低温・低圧合成と新しい利用技術
2023/4/7 2023年版 脱炭素社会の市場予測・技術と将来展望
2023/3/10 2023年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2023/1/20 2023年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2022/12/28 カーボンニュートラルに向けた水素製造・P2Gと関連技術の最新動向
2022/11/21 海洋エネルギーの活用技術 (CD-ROM版)
2022/11/21 海洋エネルギーの活用技術
2022/11/11 2023年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2022/9/30 水素の製造とその輸送、貯蔵、利用技術
2022/7/15 2022年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2022/5/20 2022年版 スマートコミュニティ市場の実態と将来展望
2022/4/15 2022年版 スマートモビリティ市場の実態と将来展望
2022/2/18 2022年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2022/1/21 2022年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2021/12/16 カーボンニュートラルに向けた中低温産業排熱の最新利用技術と実践例
2021/12/10 2022年版 スマートデバイス市場の実態と将来展望