技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

天然植物繊維を強化材とする複合材料の基礎と応用

天然植物繊維を強化材とする複合材料の基礎と応用

~各種繊維特性に、複合材の特性や成型・課題は / フラックス (亜麻) 、ヘンプ (大麻) 、ジュート (黄麻) 、ケナフ (洋麻) 、アバカ (マニラ麻)、サイザル、パイナップル、竹、セルロースナノファイバー etc.~
東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、天然植物繊維×樹脂 (熱硬化、熱可塑性プラスチックス) について、必要な基礎知識および応用時の課題を解説いたします。

開催日

  • 2024年4月24日(水) 13時00分 16時30分

修得知識

  • 天然植物繊維に関する基礎知識 (種類、抽出用、特性など)
  • 天然植物繊維を利用した複合材料に関する基礎と応用 (特性、成形、課題など)

プログラム

 CN (Carbon Neutral) への貢献、SDGs達成の社会的要請を背景に、やがてすべての製品にカーボンフットプリントの表示が必須となると思われます。そのため、各分野でバイオマス利用が推進されている。複合材料の分野においても、樹脂のバイオマス活用が進められているが、強化材に関してもガラス繊維代替として可能な範囲で天然植物繊維で代用しようとする動きが増しています。しかし、複合材料の強化材として使える、あるいは使えそうな天然植物繊維についての基礎知識を十分もって製品開発ができていないと感じます。
 本セミナーでは、天然植物繊維×樹脂 (熱硬化、熱可塑性プラスチックス) について、必要な基礎知識および応用時の課題等を1日で学びます。

  1. カーボンフリー時代の天然植物繊維
    1. 再生産可能天然資源
    2. 世界の動き (概要)
    3. 竹 (繊維) を例に、CO2吸収能を考える
  2. 天然植物繊維の種類と特性
    1. どんな植物繊維があるか?
    2. 複合材料の強化材として必要な要素
    3. 複合材料の強化材として使える植物繊維 (概要)
  3. 利用可能な植物繊維の種類と特性、抽出方法 (詳細)
    1. フラックス (亜麻)
    2. ヘンプ (大麻)
    3. ジュート (黄麻)
    4. ケナフ (洋麻)
    5. サイザル
    6. アバカ (マニラ麻)
    7. パイナップル
  4. 天然植物繊維を使った複合材料の実際
    1. 熱硬化性樹脂を母材とするFRP (積層板)
    2. 熱可塑性樹脂を母材とする不織布
    3. 天然繊維を強化材とするPPペレットと射出成形
    4. フィラーとしての天然足物繊維 (抽出残渣の活用)
    5. 表面処理
  5. 第3の天然繊維:竹繊維の可能性
    1. 竹繊維とは
    2. 竹の種類と世界の竹分布
    3. 竹繊維の抽出方法と特性
    4. 竹繊維を使った複合材料と試作例
    5. 種々の竹繊維複合材料
    6. PLA/部分フィブリル化竹繊維複合材料
  6. 天然繊維、もう一つの可能性:セルロースナノファイバー (CNF) とその活用
    1. CNFとは
    2. その活用
  7. バイオプラスチックスを母材とするバイオコンポジット
    1. バイオプラスチックス
    2. 現状と今後の可能性
    3. 問題点
  8. 天然植物繊維と複合材料、どのように使うか? どのように役立てるか?
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 藤井 透
    同志社大学 理工学部 機械システム工学科
    教授

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

4F 第1特別講習室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,700円 (税別) / 46,970円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

会場受講の複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 47,025円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/5/31 電動化 (EV駆動等) モータと回路基板の高電圧化・高周波化・熱対策に向けた、樹脂材料開発と絶縁品質評価技術 オンライン
2024/5/31 樹脂のレオロジー特性の考え方、成形加工時における流動解析の進め方 オンライン
2024/5/31 溶解度パラメータ (3D, 4DSP値) の基礎と活用技術 オンライン
2024/5/31 熱硬化性樹脂複合材料 (GFRP & CFRP) の基礎とリサイクル技術 オンライン
2024/5/31 溶融紡糸の基礎と工業生産技術及び生産管理の実践 オンライン
2024/6/4 バイオマスプラスチック/生分解性プラスチックの開発動向と海洋分解を含めた将来展望 オンライン
2024/6/4 摩擦振動と異音の発生メカニズムと抑制・対処方法 オンライン
2024/6/5 UV硬化とEB硬化の基礎と技術比較および応用技術 オンライン
2024/6/5 チクソ性 (チキソ性) の基礎と評価および活用方法 オンライン
2024/6/6 エポキシ樹脂の実用の基礎知識とフィルム化 & 接着性の付与技術とその応用 オンライン
2024/6/6 ゴムの架橋と特性解析・制御 オンライン
2024/6/7 二軸押出機における樹脂流動解析の基礎と AI/IoT 活用展開 大阪府 会場
2024/6/10 プラスチックフィルムにおける各樹脂特性、添加剤・成形加工技術および試験・評価方法 オンライン
2024/6/10 基礎から学ぶ「人工皮革・合成皮革」入門セミナー オンライン
2024/6/11 機械加工技術 オンライン
2024/6/11 分子シミュレーションの基礎と高分子材料の研究・開発の効率化への展開 オンライン
2024/6/11 高分子複合材料のレオロジーとメカニズムに基づく材料設計 オンライン
2024/6/11 各種プラスチック成形品の破損トラブルと原因解析 オンライン
2024/6/12 可食から非可食バイオマス原料への転換が進む次世代バイオプラスチックの最新開発動向 オンライン
2024/6/12 光重合開始剤の種類、選び方、使い方 オンライン