技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

これからの身体洗浄料開発における界面活性剤の選定と処方設計のポイント

これからの身体洗浄料開発における界面活性剤の選定と処方設計のポイント

~起泡性・低刺激・しっかり汚れが落ちて低環境負荷… SDGs時代に求められる界面活性剤とは?~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、身体洗浄料の基礎から、安定なクリーミーフォーム処方、油汚れを落とす高可溶化力処方、物性評価について詳解いたします。

開催日

  • 2023年11月9日(木) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 界面活性剤・乳化・可溶化・エマルションに関連する技術者、生産技術担当者、品質保証担当者

修得知識

  • 界面活性剤に関する基礎知識
  • 身体洗浄料の成分と処方設計
  • 身体洗浄料と界面活性剤の性能評価

プログラム

 シャンプー、ボディーソープ、ハンドソープ等の身体洗浄料の市場は成長を続けているだけでなく、新たに高価格帯のマーケットも生まれて、新たなビジネスチャンスが生まれています。一方で、SDGsの達成のために原料も制約されるようになって、処方設計や原料開発の現場では悩ましいことも多いのではないでしょうか?
 本講演では、SDGs時代に求められる身体洗浄料用の界面活性剤を紹介したうえで、お客様の満足度が高く、使い続けて頂ける身体洗浄料を調製するための材料探索と処方設計についてお話しします。まず、起泡性が高く皮膚への刺激が低い界面活性剤とSDGsに対応した植物由来の高機能界面活性剤として、石けん・アミノ酸系・ノニオン界面活性剤等の可能性を説明します。次に、身体洗浄料の使用評価を左右する安定なクリーミーフォーム処方としっかり油汚れを落とす高可溶化力処方の作り方、さらにこれらの機能を評価する物性評価の方法を説明します。最後に、最近の取り組みとして、植物由来の抗菌性界面活性剤、こめパラフィンを用いたオイルゲル、皮膚・毛髪のしっとり・なめらか感の評価に関するわれわれの取り組みを紹介します。これらの知識はハンドソープ・ボディーソープなどの皮膚洗浄料の商品設計だけでなく、その原料を開発する上でも有用です。次の日に現場に戻ってすぐに役に立つよう、具体的なテクニックをたくさん紹介していきますので、ぜひご参加ください。

  1. SDGs時代に求められる身体洗浄料とその原料
    1. 身体洗浄料の定義と処方設計の基本
    2. SDGs 時代の身体洗浄料市場の現状と課題
  2. 起泡性が高く皮膚への刺激が低い界面活性剤とは?
    1. 界面活性剤の定義と種類
    2. 石けん:今も昔も身体洗浄料・泡製剤設計の主役
    3. 両性界面活性剤:
      • アニオン界面活性剤との会合体形成と界面膜の強化
    4. 皮膚刺激/環境負荷の低い機能性界面活性剤:
      • アミノ酸系
      • アルキルリン酸系界面活性剤
      • アルキルエーテルカルボン酸
      • ノニオン界面活性剤
  3. SDGsに対応した植物由来の高機能界面活性剤とは?
  4. 安定なクリーミーフォーム処方の作り方
    1. 泡の生成・崩壊のメカニズム
    2. 安定な泡を調製するための界面活性剤の選び方
    3. 速泡性を高めるブースター
    4. 泡を安定化する増粘剤
    5. 効果的な消泡剤とそのメカニズム
  5. しっかり油汚れを落とす高可溶化力処方の作り方
    1. たくさん油を可溶化する活性剤の選び方
    2. 油剤・高分子・添加剤を使った可溶化力のアップ法
  6. 身体洗浄料とその原料の物性評価
    1. 低刺激性を担保するための安全性データ
    2. 泡立ちの良さを示す界面物性:
      • 表面張力
      • 相挙動と自己組織化構造
      • 動的表面張力
      • 起泡性
      • 泡安定性
    3. 製剤の特性評価:増粘特性 レオロジー
    4. 植物由来/低環境負荷を示すには?
  7. SDGs時代の身体洗浄料の原料と物性評価の最新情報
    1. ⻩色ブドウ球菌を選択的に抗菌する界面活性剤
    2. こめパラフィンとこれを用いたオイルゲル製剤を用いたクレンジングバーム
    3. バイオミメティック触覚センシングシステムを用いた「しっとり」「すべすべ」「なめらか」な皮膚・毛髪の評価
  8. ヒット商品の処方

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 45,000円(税別) / 49,500円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/3/6 ダイコーティングの基礎理論とトラブル対策 オンライン
2024/3/6 高分子材料のレオロジー (粘弾性) の基礎と動的粘弾性測定 オンライン
2024/3/6 コーティングプロセスにおける界面化学とレオロジー解析 オンライン
2024/3/15 乳化重合・ソープフリー重合の基礎とポリマー微粒子の合成技術 オンライン
2024/3/18 粘着の基礎と剥離のメカニズム オンライン
2024/3/19 コーティングプロセスにおける界面化学とレオロジー解析 オンライン
2024/3/26 増粘剤・ゲル化剤の基礎およびその特性・用途・評価方法 オンライン
2024/3/26 乳化重合を利用した高分子微粒子の合成 オンライン
2024/3/28 レオロジーを特許・権利化するための基礎科学、測定技術、データ解釈 オンライン
2024/3/29 高分子材料のレオロジー (粘弾性) の基礎と動的粘弾性測定 オンライン
2024/4/8 乳化重合を利用した高分子微粒子の合成 オンライン
2024/4/12 動的粘弾性のチャート読み方とその活用ノウハウ オンライン
2024/4/15 スラリーの挙動と制御およびリチウムイオン電池電極スラリー化技術と評価方法 オンライン
2024/4/24 スラリーの挙動と制御およびリチウムイオン電池電極スラリー化技術と評価方法 オンライン
2024/5/30 溶解度パラメータ (3D, 4DSP値) の基礎と活用技術 オンライン
2024/6/14 溶解度パラメータ (3D, 4DSP値) の基礎と活用技術 オンライン