技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

塗布による高均質薄膜作製と応用事例

塗布による高均質薄膜作製と応用事例

~塗膜製造効率を向上させつつ膜厚のばらつきや、気泡・しわのなどのトラブルを回避するためには~
オンライン 開催

視聴期間は2023年10月23日〜31日を予定しております。
お申し込みは2023年10月27日まで承ります。

概要

本セミナーでは、塗膜作製を表面科学・レオロジーなどの観点から捉え、その制御方法の指針について、最近開発されている塗膜形成方法の実例をまじえて解説いたします。

開催日

  • 2023年10月27日(金) 13時00分 2023年10月31日(火) 16時00分

受講対象者

  • 塗装系メーカーの技術担当者
  • 塗料メーカーの品質管理・研究開発担当者
  • 塗膜作製に関連した研究をされている方
  • 塗装技術の基礎から最新技術まで学びたい方

修得知識

  • 塗膜に関する表面・界面の科学
  • レオロジーの基礎
  • 乾燥制御の方法と影響因子

プログラム

 基材表面に機能を付与するために、溶液の塗布により薄膜を作る方法が広く用いられています。しかしながら、塗膜製造効率を向上させつつ、塗膜厚みのばらつきや、気泡・しわの形成など、塗膜形成におけるトラブルを回避するためには、溶媒の乾燥条件や溶液を構成する材料・配合を適切に選択し、かつ温度や湿度など環境の制御も行うことが求められます。そのため、均質な薄膜を作るための技術は“経験“に立脚することも多いのが現状です。
 本講演では、こうした塗膜作製を表面科学・レオロジーなどの観点から捉え、その制御方法の指針について、最近開発されている塗膜形成方法の実例をまじえて解説します。

  1. はじめに
    1. 塗装とその効果
    2. 均一な塗膜形成の難しさ
    3. 重ね塗りと不具合
    4. アプリケーションの例
  2. 塗布の科学
    1. 表面を理解する
      1. 固液界面における濡れと接触角
      2. 界面活性剤
      3. 塗りにくい表面に塗る
    2. 溶液のレオロジーの基礎
      1. 線形粘弾性
      2. 塗膜の厚さと硬さ
      3. 温度 – 時間換算則
      4. 非線形レオロジー
      5. 粘弾性評価法の進展
  3. 乾燥の科学
    1. 乾燥制御の一般論
      1. 単純溶媒の乾燥
      2. 複雑液体の乾燥
      3. 定率乾燥と減率乾燥
    2. 乾燥で生じる欠陥と回避の方法
      1. スキン層形成 (皮張り)
      2. 塗膜形成のトラブルとその対処
        • くぼみ
        • ピンホール
        • しわ
        • 色ムラ
        • 気泡など
  4. 均一な塗膜を作る技術
    1. 微粒子分散系の例
    2. 有機分子を用いた例
    3. 多層膜への展開
  5. まとめと展望

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 36,000円(税別) / 39,600円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 36,000円(税別) / 39,600円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

アーカイブ配信セミナー

  • 当日のセミナーを、後日にお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
  • 配信開始となりましたら、改めてメールでご案内いたします。
  • 視聴サイトにログインしていただき、ご視聴いただきます。
  • 視聴期間は2023年10月23日〜31日を予定しております。
    ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/3/6 ダイコーティングの基礎理論とトラブル対策 オンライン
2024/3/6 高分子材料のレオロジー (粘弾性) の基礎と動的粘弾性測定 オンライン
2024/3/6 コーティングプロセスにおける界面化学とレオロジー解析 オンライン
2024/3/7 高分子医薬品 (バイオ製剤) ・中分子医薬品における凍結乾燥技術と条件設定の考え方 オンライン
2024/3/8 ウェットコーティング・単層、重層塗布方式の基礎とダイ膜厚分布・特許・塗布故障 オンライン
2024/3/12 塗料・塗膜 (各塗装工程) の基礎と塗膜欠陥の評価技術 東京都 会場
2024/3/12 接着制御・メカニズム解析の考え方と分析評価法 オンライン
2024/3/13 ぬれ性の基礎知識と測定・制御方法 オンライン
2024/3/14 (ナノ) カーボン材料の分散制御・表面処理技術とその評価法 オンライン
2024/3/14 ポリマー表面へのタンパク質吸着制御と評価、表面設計 オンライン
2024/3/14 「濡れる」現象の本質理解 オンライン
2024/3/15 ぬれの基礎と実用的な撥水・撥油/親水処理技術の最新研究開発動向 オンライン
2024/3/15 乳化重合・ソープフリー重合の基礎とポリマー微粒子の合成技術 オンライン
2024/3/18 先端半導体製造におけるシリコンウェーハ表面のクリーン化技術および洗浄・乾燥技術 (2コースセット) 東京都 会場・オンライン
2024/3/18 先端半導体製造ラインの汚染の実態と歩留向上のためのウェーハ表面汚染防止技術の基礎から最新動向まで 東京都 会場・オンライン
2024/3/18 粘着の基礎と剥離のメカニズム オンライン
2024/3/19 コーティングプロセスにおける界面化学とレオロジー解析 オンライン
2024/3/21 ダイ塗布プロセスの欠陥メカニズム・課題と対策 オンライン
2024/3/22 めっきの基礎および処理方法とトラブル対策 オンライン
2024/3/26 コールドスプレーの原理・メカニズムと応用事例 オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/5/31 分離工学の各単位操作における理論と計算・装置設計法
2022/5/20 コーティング技術の基礎と実践的トラブル対応
2021/3/26 超撥水・超撥油・滑液性表面の技術 (第2巻) (製本版 + ebook版)
2021/3/26 超撥水・超撥油・滑液性表面の技術 (第2巻)
2020/5/29 凍結乾燥工程のバリデーションとスケールアップおよびトラブル対策事例
2020/1/30 凍結乾燥の最適な条件設定による品質の安定化 - ラボ機と生産機の性能の違いを反映させたスケールアップ -
2019/12/20 高分子の表面処理・改質と接着性向上
2018/12/27 押出成形の条件設定とトラブル対策
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/8/31 防汚・防水・防曇性向上のための材料とコーティング、評価・応用
2018/3/29 超親水・親油性表面の技術
2017/9/25 乾燥技術の基礎とトラブル対策
2015/10/1 すぐ分かるラミネート加工技術と実際およびトラブル・シューティング
2015/7/30 ダイ塗布の流動理論と塗布欠陥メカニズムへの応用および対策
2014/8/25 ぬれ性のメカニズムと測定・制御技術
2014/4/5 真空蒸着技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/5 真空蒸着技術 技術開発実態分析調査報告書
2013/7/25 正しい分散剤の選定・使用方法と、分散体の塗布性を上げる添加剤技術
2012/9/20 フッ素樹脂 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/9/20 フッ素樹脂 技術開発実態分析調査報告書