技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

人工光合成・CO2変換市場グローバルトレンド2023

自然光合成を模倣した化学プロセス「人工光合成」

人工光合成・CO2変換市場グローバルトレンド2023

~循環型サーキュラーエコノミーの構築と新たな産業創出~
東京都 開催 会場・オンライン 開催

概要

本セミナーでは電力セクターから産業、モビリティ、建築物、農業、林業に至るまで、循環型のサーキュラーエコノミーの構築と新たな産業創出がより推進されていく環境にある中で関心を集める人工光合成の最新グローバル市場動向を詳説いたします。

開催日

  • 2023年7月18日(火) 9時30分 11時30分

プログラム

 20世紀の中東戦争に起因する石油価格の高騰後、石油化学産業への過度な依存から脱却を図るために日本国内においては、家電、自動車、半導体産業へのシフトが試みられました。一方、資源国による輸出削減や価格の引き上げが政治カードとして用いられるようになり、その影響は現在、グローバル経済において無視できない状況になり、従来の資源従属からの脱却のモチベーションが高まっています。人工光合成は太陽光、水、二酸化炭素を炭水化物 (ブドウ糖やデンプン) と酸素に変換する、自然光合成を模倣した化学プロセスであり、脱炭素化技術としても近年、注目を集めています。
 本セミナーでは電力セクターから産業、モビリティ、建築物、農業、林業に至るまで、循環型のサーキュラーエコノミーの構築と新たな産業創出がより推進されていく環境にある中で関心を集める人工光合成の最新グローバル市場動向を詳説します。

  1. 人工光合成市場背景
    1. 人工光合成とは
    2. エネルギー危機とグリーンテクノロジー
  2. 技術トレンド
    1. 技術概観
    2. 水分解
    3. CO2還元
    4. CO2変換資源化合物
  3. 企業動向
    1. Siemens Energy
    2. Twelve
    3. SunHydrogen
    4. 豊田中央研究所
    5. LanzaTech
  4. 関連質疑応答
  5. 名刺・情報交換会

講師

会場

JPI カンファレンススクエア
東京都 港区 南麻布5-2-32 興和広尾ビル
JPI カンファレンススクエアの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,536円 (税別) / 33,590円 (税込)
複数名
: 25,991円 (税別) / 28,590円 (税込)

受講料の割引について

  • 複数名受講割引
    • 同一法人または関連会社より2名以上同時参加される場合、受講料を割引させて頂きます。
      2名様以降、 25,991円(税別) / 28,590円(税込) で受講いただけます。
      • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 30,536円(税別) / 33,590円(税込)
      • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 56,527円(税別) / 62,180円(税込)
      • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 82,518円(税別) / 90,770円(税込)

会場受講 / ライブ配信対応セミナー / アーカイブ配信対応セミナー

会場受講、ライブ配信、アーカイブ配信のいずれかをご選択いただけます。

会場受講をご希望の場合

  • ライブ配信、アーカイブ配信のサービスは受けられません。
  • 翌営業日までに、請求書、受講票、会場までの地図を発送させていただきます。

ライブ配信をご希望の場合

  • ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日の2営業日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを、メールにてご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • 当日配付資料等は、後日ご郵送いたします。
  • 受講後のご質問等、講師とのお取次ぎをさせていただきますので、ご遠慮なくお申し付けください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

アーカイブ配信をご希望の場合

  • 開催日より3日以降に配信致します。
  • お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、視聴用URLをお送り致します。
    配付可能な講演資料も合わせて送付致します。
    ※アーカイブ配信の配信予定日や講演資料の送付方法はセミナーによって異なります。
  • 動画の公開期間は公開日より2週間となります。ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • 質疑応答は原則として収録録画からカットされます。
  • 参加者名簿は配付致しません。あらかじめご了承下さい。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/7/24 カルノーバッテリー (蓄熱発電) 技術の基礎と研究開発動向 オンライン
2024/7/24 化学吸収法による二酸化炭素 (CO2) 分離回収技術の最前線 オンライン
2024/7/25 有機系フレキシブル熱電変換材料/デバイスの基礎・課題と最新技術動向 オンライン
2024/7/29 プラズモニック・メタマテリアルの基礎と光機能性材料および光電/熱電変換デバイスへの応用 オンライン
2024/7/30 CO2排出量算定における基礎知識と計算手法 オンライン
2024/8/2 ケミカルルーピング燃焼技術によるCO2の分離、回収と最新動向および課題 オンライン
2024/8/2 30兆円新市場で儲けるためのバイオメタネーション農業の基礎知識 オンライン
2024/8/5 CO2回収用アミンの設計、長寿命化技術と分離回収プロセスの開発 オンライン
2024/8/12 CO2排出量算定における基礎知識と計算手法 オンライン
2024/8/22 CO2の電解還元技術における基礎と有用化合物への変換および将来展望 オンライン
2024/8/26 バイオマスを取り巻く最新動向と日本企業の事業戦略 会場・オンライン
2024/8/28 ペロブスカイト太陽電池の基礎から実用化に向けた課題・今後の展望 オンライン
2024/8/29 グリーン水素社会のための水電解の現状、動向及び展望 オンライン
2024/8/30 二酸化炭素を原料とする有用有機化合物の製造技術の研究開発動向と展望 オンライン
2024/9/4 超臨界二酸化炭素 (CO2) と工業的利用 オンライン
2024/9/5 バイオ製品におけるLCA実践とプロセスの環境負荷削減 オンライン
2024/9/9 バイオマスを取り巻く最新動向と日本企業の事業戦略 オンライン
2024/9/10 ペロブスカイト太陽電池の基礎から実用化に向けた課題・今後の展望 オンライン
2024/9/11 バイオ製品におけるLCA実践とプロセスの環境負荷削減 オンライン
2024/9/20 カーボンニュートラル (CN) 社会におけるCO2の回収・利用・貯留 (CCUS) の現状と将来および技術動向 オンライン