技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

研究開発のスケジュールを守り、遅延を防ぐプロジェクトマネジメントとは?

研究開発のスケジュールを守り、遅延を防ぐプロジェクトマネジメントとは?

~なぜ多くのプロジェクトは予定通りに進まないのか?~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、プロジェクトにおける時間管理・進捗管理やトラブルを未然に防ぐコツを解説いたします。

開催日

  • 2023年7月13日(木) 13時00分 16時30分

受講対象者

  • 研究開発に携わる技術者・研究者・開発者
  • プロジェクト責任者
  • スケジュール管理、進捗管理を担当する事業部門や管理部門の方

修得知識

  • 研究開発のプロジェクトマネジメントの基本的な考え方
  • スケジュールの設定、管理、進捗管理とその測定、評価
  • 研究開発のフェーズやステージに分けて進める目標管理
  • ハイリスクとローリスクに切り分けたプロジェクトの進め方

プログラム

 研究開発への期待が高まる現代において、単に研究や開発を進めるというだけではなく、きちんと目標を立てて、スケジュールを設定し、期限を守って研究開発を進める事が求められており、研究者には、そのためのマネジメントの知識を習得し、実戦に生かすことが求められております。
 ここでは、この目標を立てて、スケジュールを設定し、進捗を管理するプロジェクトマネジメントの基本的な知識とスキルを習得し、実戦に利用できるようになることを目指します。

  1. なぜ、研究開発プロジェクトは、遅れが多いのか?
    • 研究開発でよくある失敗 … 市場 (顧客) を知らない製品開発
    • 研究者のマインド設定 … 開発が進むにつれて、やることが増える
    • いつまでも止まらない研究開発 … そもそもスケジュールを決めていない
    • 優先順位が決まっていない複数の研究開発
    • 他部門の緊急支援を優先し、開発案件は後回し
    • 部門をまたがる開発は、部門間の調整が時間を要する
  2. スケジュールを守る基本は、プロジェクトのスケジューリングと進捗管理
    • プロジェクトコンセプトの明確化
    • プロジェクトのマスタースケジュールの作成
    • ステージごとの目標設定と進捗管理
  3. 研究開発業務プロセスは、標準化されているか?
    • 開発者ごとに進め方が異なると効率が悪い上に他人には進捗が見えない
    • まずは、フェーズとステージに分けた研究開発プロセスの標準化
    • フェーズ、ステージ毎の評価と承認の取り決め
    • タイムシートを付ける
  4. 開発プロジェクトの位置づけによってマネジメントが異なる
    • 開発前期のスクリーニングと目標マネジメント
    • 継続・中止の判定と敗者復活の仕組みの導入
    • 開発後期の部門をまたがるプロジェクトマネジメント
  5. リスクによって切り分けるマネジメントの進め方
    • ローリスク型は、市場投入を優先する
    • ハイリスク型は、技術開発を優先する
  6. 研究開発部門、プロジェクトの効率性の把握と全体管理
    • 研究開発前期のポートフォリオによる全体最適化
    • プロジェクトの全体比較と管理
    • 研究開発各部門の予実管理、稼働率、生産性管理
    • 質疑応答

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 35,000円(税別) / 38,500円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 35,000円(税別) / 38,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/3/4 研究開発テーマ、プロジェクトにおける費用対効果の数値化と算定方法 オンライン
2024/3/4 医薬品開発プロジェクトの不確実性を含めた事業性評価の実践 オンライン
2024/3/5 技術ロードマップ作成入門と実践的活用法 オンライン
2024/3/5 研究開発・製品開発投資の収益性評価と費用配賦の考え方・進め方 オンライン
2024/3/7 技術の横展開による新規事業テーマの発掘と進め方 会場
2024/3/8 新規事業テーマの評価と中止/撤退判断の仕方 オンライン
2024/3/11 製造業における外注品質向上のための管理ポイント オンライン
2024/3/12 研究開発部門による3つの重要要素に基づく骨太の事業戦略の策定 オンライン
2024/3/14 技術者・研究者のためのタイムマネジメントの実践手法 オンライン
2024/3/15 研究開発部門が行う高収益ビジネスモデルの構築 オンライン
2024/3/15 実験自動化によるR&Dの効率化とその進め方 オンライン
2024/3/22 特許調査・知財業務への生成AI/ChatGPTの活用法 オンライン
2024/3/25 技術戦略のシステム思考 (第3の道) による再構築法 オンライン
2024/3/27 共同研究開発の契約実務とトラブル対策 東京都 会場
2024/3/28 ステージゲート・プロセスの基本・本質の理解とテーマの評価・意思決定での活用 オンライン
2024/3/29 R&D技術者のための技術ベンチマーキング実践セミナー オンライン
2024/4/3 自社の長期的・持続的成長のための自社保有技術の棚卸と未来志向でのコア技術の設定 オンライン
2024/4/3 技術戦略のシステム思考 (第3の道) による再構築法 オンライン
2024/4/5 新商品・新規事業創出、新市場開拓のための「BtoBマーケティング」 オンライン
2024/4/5 研究開発テーマにおける費用対効果の基礎と算出・評価方法 オンライン