技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

UV/EB硬化等の基礎と技術比較および応用技術

UV/EB硬化等の基礎と技術比較および応用技術

~UV/EB比較から硬化、殺菌・滅菌、抗ウイルス、改質など利用技術まで~
オンライン 開催

視聴期間は2023年5月29日〜6月7日を予定しております。
お申し込みは2023年6月2日まで承ります。

概要

本セミナーでは、UV硬化技術の基礎から解説し、UV硬化不良の原因と対策、UV計測のポイント、UV硬化装置の構成、UV照度低下の対応策について詳解いたします。

開催日

  • 2023年6月2日(金) 10時00分 2023年6月7日(水) 16時00分

受講対象者

  • 紫外線硬化樹脂に関連する技術者、開発者、研究者
    • ナノインプリント
    • 電子部品・光学部品などの接着・乾燥
    • 印刷インキの乾燥
    • 塗料・塗装コーティング剤の乾燥・硬化
    • 光ファイバ等の保護コーティング
    • 光造形
    • 3Dプリンター
    • ジェルネイル等の装飾品 など
  • 紫外線硬化樹脂の初心者、これからUV硬化性樹脂の開発に携わる方
  • 紫外線硬化処理で課題を抱えている方
  • UV/EBの応用に関連する技術者 (殺菌・滅菌を含む)
    • エレクトロニクス
    • コンバーテック
    • 印刷
    • 食品・医療 など
  • UV/EBの応用で課題を抱えている方

修得知識

  • 光技術の基礎
  • UV硬化技術、光源 (放電灯~LED)
  • UV硬化装置
  • 光エネルギー計測
  • UV硬化の応用
  • 放射線化学の基礎
  • EB硬化技術
  • EB硬化装置
  • EBエネルギー計測
  • EB硬化およびその他への応用
  • EB関係の法的規制
  • UVとEBの違い

プログラム

 UV/EBはクリーンなエネルギーで環境にやさしい処理ができるので、SDGsに貢献する技術である。多くの所での利用が進められているが、その特徴を良く理解することで、更なる利用拡大が期待できる。
 そこで、本講義では、UV,EBの基礎からその応用までを解説する。特に、用途が類似しているUVとEBとの違いについて、項目毎に比較しながら紹介する。

  • はじめに
  1. UVの基礎 (基礎編)
    1. 光とは
    2. UVの分類
    3. 光のエネルギーについて
    4. 光化学反応について
    5. 光源について
    6. 光の人に対する安全性について
  2. EBの基礎
    1. 放射線 (EB) とは
    2. 放射線のエネルギーについて
    3. 放射線化学反応について
    4. 放射線源 (EB) について
    5. 放射線の人に対する安全性 (法的規制も含む) について
  3. 硬化 (重合) 技術 (応用技術編)
    1. UV硬化
      1. UV硬化反応について
      2. UV硬化メカニズム
      3. UV硬化樹脂
      4. UV硬化装置
        • 光源
        • 照射器
        • 電源
        • 照度計
    2. EB硬化
      1. EB装置構成とEB発生原理
      2. EB因子 (加速電圧、電流) の意味 (反応での役割)
      3. EB硬化メカニズム (UVと比較)
    3. 硬化技術応用例
      1. UV,EBを比較しながら紹介
        • ハードコート
        • 抗菌
        • 抗カビ
        • 抗ウイルス
        • 帯電防止など
  4. 表面改質技術
    1. UVによる洗浄・表面改質
      1. UVによる洗浄・改質のメカニズム
      2. 光源について
      3. 実施例
    2. EBによる表面改質 (グラフト重合、架橋を含む)
      1. EB直接照射による表面改質について
      2. グラフト重合による表面改質について
      3. 架橋による改質について
  5. 殺菌・滅菌技術
    1. UV殺菌
      1. UV殺菌のメカニズム (ウイルスの不活化も含む)
      2. UV殺菌用光源
      3. 応用事例
    2. EB滅菌
      1. EB滅菌のメカニズム
      2. 応用事例
    • おわりに (今後の可能性について)

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 42,000円(税別) / 46,200円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

アーカイブ配信セミナー

  • 当日のセミナーを、後日にお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
  • 配信開始となりましたら、改めてメールでご案内いたします。
  • 視聴サイトにログインしていただき、ご視聴いただきます。
  • 視聴期間は2023年5月29日〜6月7日を予定しております。
    ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/7/23 高分子分散剤の種類、作用機構、取捨選択と効果的に活用するための必須知識 オンライン
2024/7/23 プラスチックの加飾技術と最新動向 オンライン
2024/7/23 高分子材料の破断面解析テクニック オンライン
2024/7/23 炭素繊維強化プラスチック (CFRP) オンライン
2024/7/23 高分子微粒子における各種合成法の基礎と形状制御・評価技術 オンライン
2024/7/23 プラスチック廃棄物が抱える問題と高分子複合材料メカニカルリサイクル技術 オンライン
2024/7/23 高分子成形加工における成形加工装置内外の熱・流動解析 オンライン
2024/7/24 高分子の劣化・変色メカニズム、寿命評価及びトラブル解析事例 東京都 会場・オンライン
2024/7/24 UV硬化樹脂の基礎とトラブル対策 オンライン
2024/7/24 高屈折率材料の分子設計、合成手法と屈折率の測定方法 オンライン
2024/7/24 自動車分野におけるプラスチックの動向およびリサイクルの動き オンライン
2024/7/24 タイ分子の基礎と応用 オンライン
2024/7/24 プラスチック成形品の劣化・破壊メカニズムと破面の特徴 オンライン
2024/7/25 基礎から理解するポリイミドの高性能化・機能化設計 オンライン
2024/7/25 廃プラスチックのケミカルリサイクルの最新動向 オンライン
2024/7/26 押出加工の基本技術とトラブル対策、品質向上策 オンライン
2024/7/26 熱分析の基礎、測定と正しいデータ解釈 オンライン
2024/7/26 ソフトマテリアルの先進加工による柔軟・伸縮可能エレクトロニクス オンライン
2024/7/26 高分子難燃化・不燃化の基礎と難燃性評価およびその規制動向 オンライン
2024/7/29 リサイクルプラスチックの機械特性改善、高品質化 オンライン