技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

研究開発テーマ・プロジェクトにおける費用対効果の数値化と経営層を納得させる報告の仕方

研究開発テーマ・プロジェクトにおける費用対効果の数値化と経営層を納得させる報告の仕方

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、研究開発活動、現行事業、新規事業創出の貢献度を評価する方法および、経営層も思わず頷く、報告・説明の仕方、予算を獲得できるプレゼンテーションについて詳解いたします。

開催日

  • 2023年5月15日(月) 10時00分 17時00分

修得知識

  • 様々な費用対効果算定方法のメリットとデメリット
  • R&Dテーマの費用対効果を可視化し、経営陣に説明・説得する方法
  • 技術ポートフォリオマップに基づく研究開発テーマの改廃判断の仕方

プログラム

第1部 R&Dテーマ・プロジェクトにおける費用対効果の数値化、算定方法

(2023年5月15日 10:00〜12:00)

 企業を取り巻く外部事業環境は不確実性を増しており、今日ほど将来の外部環境の不確実性に備えて、コーポレートR&Dが先行技術開発の布石を打つことを期待されている時代はないでしょう。その一方で、技術はますます細分化・専門化が進み、研究開発の費用対効果は分かりにくくなっています。このような時代に研究開発者に求められるのは、RDテーマの費用対効果を数値化し、経営陣に説明・説得するスキルとなります。また、個々のテーマの経済性だけではなく、自社技術の全体像を把握したうえで、全体最適の技術深化の方向性、すなわち技術戦略を示すことが両輪で必要になります。
 本セミナーでは、そのヒント・着眼点について、様々な企業で長年に渡り技術戦略策定の実務支援経験が豊富な現役コンサルタントが解説します。

  1. 今日の研究開発を取り巻く状況
  2. 研究開発テーマの費用対効果の算定の歴史
  3. 様々な費用対効果算定方法のメリットとデメリット
  4. スピードを重視した研究開発テーマの評価が最も普及している
  5. 自社の保有技術の棚卸の考え方:顧客価値を起点とした整理
  6. 自社保有技術の適材適所の評価方法
  7. 技術ポートフォリオマップからの中長期技術戦略立案の考え方
  8. 事業部ロードマップとRDテーマのロードマップを整合させるためのポイント
  9. 事業部/RDロードマップからの研究開発テーマの選択と集中
  10. 実践企業の事例紹介、コンサルティング支援による活動イメージのご紹介
    • 質疑応答

第2部 研究開発の売上への貢献度評価、算出法と経営層への説明の仕方

(2023年5月15日 12:45〜14:45)

 研究開発の成果は最終的に製品・サービスの売上高への貢献度で評価される。しかし、その活動が実を結ぶためには、相当の時間を要するのが一般的である。事業部で売り上げが実現するのは研究開発の手を離れた後になりその貢献度は見えにくくなり、経営層からは活動の実際の理解が得られにくく、悪くすると「研究開発不要論」に繋がる懸念がある。経営環境が激しく変化する今の時代、基盤事業の強化や新規事業を生み出す研究開発部門の役割は益々重要になってきている。貢献度を理解して貰い経営層の支持を得るためには、活動の実態を正しく伝える手法を使い伝えなければならない。
 本セミナーでは、売上貢献度の評価と経営層への説明の方法について解説する。

  1. 研究開発活動で生み出す成果
  2. 研究開発成果と事業ポートフォリオ
  3. 研究と開発の役割の違い
  4. 研究開発活動の貢献度評価法
  5. 現行事業への貢献度評価
  6. 新規事業創出での貢献度評価
  7. 研究開発活動の生産性評価
  8. 貢献度に影響する開発スピード
  9. NPV (ネット・プレゼント・バリュー) の考え方
  10. リターンマップ法によるプロジェクト成果評価
  11. 技術寄与度評価の推定
  12. 知的財産価値と貢献度の評価
  13. 研究開発の広報活動
  14. 経営層に伝えるべき研究開発活動情報
  15. 経営層の納得を得るための報告の方法
  16. 経営層の共感と支持を得るために
    • 質疑応答

第3部 経営層を納得させるための費用対効果の算出と報告の仕方

(2023年5月15日 15:00〜17:00)

 提案する研究開発テーマが尖っていればいるほど市場での競争優位性は高まるが、実現可能性は逆に低くなる。しかも、社内調整の難易度も高くなる。著者も研究員としてキャリアをスタートさせたが、当時は新製品開発を担当していた当時これを実体験している。現在は経営層という以前とは逆の立場となり、部下がどのような提案・説明をすれば納得するかが理解できる。
 ここでは、過去から現在進行形での著者の実体験を交えながら解説していく。

  1. 研究開発テーマ提案書に必要な要素
    1. 顧客価値とは
      1. C分析とプライシング
    2. 事業性評価
  2. 競争優位性と差別化
    1. ポジショニングの明確化
    2. 競争リスクと実現リスクのバランス
  3. イノベーションが生まれやすい組織作り
  4. 経営層に響くプレゼンテーション
    1. 説得力のある費用対効果の説明
    2. 予算を獲得できるプレゼンテーション
    3. 研究としての価値と事業としての価値の違い
    4. テーマ提案者のパーソナリティの重要性
  5. 経営者視点を有するR&D人材の育成方法
    • 質疑応答

講師

  • 高橋 儀光
    株式会社 日本能率協会コンサルティング 経営コンサルティングカンパニー 技術戦略センター
    チーフコンサルタント
  • 六車 忠裕
    T&M研究会
    代表
  • 平谷 治之
    高砂電気工業 株式会社
    代表取締役

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 66,000円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 55,000円(税別) / 60,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 121,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 181,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方
  • 支払名義が企業の場合は対象外とさせていただきます。
  • 企業に属し、大学、公的機関に派遣または出向されている方は対象外とさせていただきます。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/3/4 研究開発テーマ、プロジェクトにおける費用対効果の数値化と算定方法 オンライン
2024/3/4 医薬品開発プロジェクトの不確実性を含めた事業性評価の実践 オンライン
2024/3/5 技術ロードマップ作成入門と実践的活用法 オンライン
2024/3/5 研究開発・製品開発投資の収益性評価と費用配賦の考え方・進め方 オンライン
2024/3/6 医薬品開発におけるプロジェクト事業性評価の基礎と意思決定の考え方 オンライン
2024/3/7 技術の横展開による新規事業テーマの発掘と進め方 会場
2024/3/8 新規事業テーマの評価と中止/撤退判断の仕方 オンライン
2024/3/12 研究開発部門による3つの重要要素に基づく骨太の事業戦略の策定 オンライン
2024/3/15 研究開発部門が行う高収益ビジネスモデルの構築 オンライン
2024/3/15 実験自動化によるR&Dの効率化とその進め方 オンライン
2024/3/15 アンメット医療ニーズ応答・事業価値最大化を実現するR&D-C戦略 オンライン
2024/3/20 アンメット医療ニーズ応答・事業価値最大化を実現するR&D-C戦略 オンライン
2024/3/22 特許調査・知財業務への生成AI/ChatGPTの活用法 オンライン
2024/3/25 技術戦略のシステム思考 (第3の道) による再構築法 オンライン
2024/3/27 共同研究開発の契約実務とトラブル対策 東京都 会場
2024/3/28 ステージゲート・プロセスの基本・本質の理解とテーマの評価・意思決定での活用 オンライン
2024/3/29 R&D技術者のための技術ベンチマーキング実践セミナー オンライン
2024/4/3 自社の長期的・持続的成長のための自社保有技術の棚卸と未来志向でのコア技術の設定 オンライン
2024/4/3 技術戦略のシステム思考 (第3の道) による再構築法 オンライン
2024/4/5 希少疾患における事業性評価の考え方と注意すべきパラメーター オンライン