技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

再生プラスチック化に求められる材料技術

再生プラスチック化に求められる材料技術

オンライン 開催

開催日

  • 2022年10月21日(金) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 環境問題について企業で担当している管理者、担当者
  • 環境問題の対策のため高分子材料開発を担当している管理者、担当者
  • 製品開発を担当している管理者、担当者

修得知識

  • リサイクル材の市場動向
  • 高分子材料に関連する環境問題
  • 高分子材料の再資源化に必要な技術に関する知識

プログラム

 2016年に開かれた通称「ダボス会議」では、「2050年には海の中のプラスチックの重量が魚の重量を越える」という衝撃の予測が提示され、プラスチックスとゴムの廃材で起きている環境問題が世界中でクローズアップされた。そして、3RにRefuseを加えた4Rが合言葉となった「脱プラスチック運動」が世界で起きた。国連が示したSDGsでも「廃棄物の発生防止と削減」が重点となっており、わが国でもレジ袋の有料化が普及し、エコバック携帯が日常となった。
 ところで、2022年4月からわが国で施行されたプラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律では、4番目のRとして「Renewable」が提示され再資源化事業について定められた。すなわちRefuseからRenewableへゲームチェンジされたかのようである。
 ただし、高分子材料の再資源化については、古くは1970年代起きたオイルショックにより自動車業界で一部検討された経緯があり、また最近では2010年ごろから事務機業界で環境対応樹脂の製品搭載が半ば義務化されたために、コスト対策としてリサイクル材導入が検討されるようになった。
 例えば業界トップランナーのコニカミノルタでは、複合機の外装材及び内装材にリサイクルPETボトルの採用を積極的に進めてきて、現在では使用している高分子材料の半分以上がリサイクル材である。
 本セミナーでは環境問題の変遷について高分子材料の視点でまとめるとともに、今後重要となる高分子再資源化技術を予測するとともに、リサイクル材導入にあたって必要となる知識について、難燃化技術と高分子の耐久性を中心に解説する。

  1. 世界が直面する危機と高分子材料
    1. 高分子材料の大半はゴミ。
    2. 海洋プラごみが決定づけたゴミ問題
    3. 先進国が輸出していたゴミ
  2. 再資源化の課題
    1. 環境問題の変遷
    2. 自動車業界の事例
    3. ごみ処理とサプライチェーン
    4. 世界動向と日本の事情、課題
  3. 高分子材料のRenewable
    1. 高分子材料とは
    2. 高分子材料のプロセシング
      1. 小型家電の回収から高分子再生材までのプロセス
      2. コンパウンディング技術の重要性
    3. 再生高分子材料の物性と評価技術
      1. 評価技術概論
      2. 事例:半導体ベルトのLCA
      3. 再生材の難燃化技術
        1. 難燃化技術概論
        2. 事例1:溶融型UL94-V2合格再生PET樹脂
        3. 事例2:炭化促進型UL94-5Vb合格再生PC/ABS
      4. 再生材の耐久性と劣化の考え方
  4. 高分子の再資源化と品質管理
    1. 各種環境規制について
    2. データサイエンスと信頼性工学の導入
  5. オイルリファイナリーからバイオリファイナリーへの転換と高分子の再資源化
    1. 概略動向
    2. ミドリムシプラスチック
    3. パルプ・樹脂複合材料
    4. サプライチェーンから見た高分子再生材の見直し
    5. ケミカルリサイクル
  6. まとめ

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

シーエムシーリサーチからの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。
また、2名様以上同時申込で全員案内登録をしていただいた場合、1名様あたり半額の 22,500円(税別) / 24,750円(税込)となります。

  • Eメール案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • Eメール案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 24,000円(税別) / 26,400円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/12/12 溶融混練によるポリマーブレンド・アロイ化のポイント オンライン
2022/12/12 中空粒子の合成、構造制御と応用展開 オンライン
2022/12/13 生分解、海洋分解性プラスチックにおける分解性試験、認証制度の最新の動き、その手続き、進め方 オンライン
2022/12/13 ポリ乳酸繊維・不織布の本格的実用化時代の到来 オンライン
2022/12/14 低誘電樹脂の技術動向と添加剤による特性改善 オンライン
2022/12/14 生分解性プラスチック材料設計のための基礎講座 オンライン
2022/12/15 押出機内の樹脂挙動および溶融混練の基礎と最適化 オンライン
2022/12/15 高分子の結晶化と結晶高次構造の特徴 オンライン
2022/12/15 チクソ性の基礎、制御、測定・評価と実用系へ活用方法 オンライン
2022/12/16 ポリマー成形加工におけるインフォマティクス活用術 オンライン
2022/12/16 欧州における車載樹脂のリサイクル技術の動向 オンライン
2022/12/19 自動車内装に向けた人工・ 合成皮革の開発トレンドと触感評価 オンライン
2022/12/19 樹脂流動解析の基礎知識と上手に活用するポイント オンライン
2022/12/19 制振、防振、吸音、遮音材料の特性、材料設計と評価技術 オンライン
2022/12/19 循環型プラスチック利用の課題と関係企業が採るべき対応 会場・オンライン
2022/12/20 廃プラスチックのマテリアルリサイクル実践入門講座 オンライン
2022/12/20 ブロック共重合体の分子設計とナノ構造制御 オンライン
2022/12/20 ゴム材料の摩擦摩耗現象の理解と制御 オンライン
2022/12/20 フィラー最密充填構造設計とポリマー系複合材料の高熱伝導化 オンライン
2022/12/20 脂環式エポキシ樹脂における透明性・耐熱性、他高機能特性と応用展開における注意点 オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/12/31 容器包装材料の環境対応とリサイクル技術
2022/10/5 世界のプラスチックリサイクル 最新業界レポート
2022/8/31 ポリイミドの高機能設計と応用技術
2022/6/28 GFRP & CFRPのリサイクル技術の動向・課題と回収材の用途開発
2022/5/31 自動車マルチマテリアルに向けた樹脂複合材料の開発
2022/5/31 樹脂/フィラー複合材料の界面制御と評価
2022/5/30 世界のバイオプラスチック・微生物ポリマー 最新業界レポート
2022/3/30 環境配慮型プラスチック
2022/3/30 環境配慮型プラスチック (製本版 + ebook版)
2021/12/24 動的粘弾性測定とそのデータ解釈事例
2021/9/29 世界のレトルトフィルム・レトルトパウチの市場実態と将来展望 2020-2023 (書籍版 + CD版)
2021/9/29 世界のレトルトフィルム・レトルトパウチの市場実態と将来展望 2020-2023 (PDF版)
2021/9/29 世界のレトルトフィルム・レトルトパウチの市場実態と将来展望 2020-2023 (書籍版)
2021/7/30 水と機能性ポリマーに関する材料設計、最新応用
2021/7/28 プラスチックリサイクル
2021/6/30 日本と海外グローバルブランド40社のSDGs環境戦略
2021/6/29 UV硬化樹脂の開発動向と応用展開
2021/5/31 高分子材料の劣化・変色対策
2021/5/31 重合開始剤、硬化剤、架橋剤の選び方、使い方とその事例
2021/4/30 建築・住宅用高分子材料の要求特性とその開発、性能評価