技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

高分子の寿命予測と加速試験ノウハウ

高分子の寿命予測と加速試験ノウハウ

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、高分子の寿命予測と加速試験について取り上げ、具体的な条件設定や試験の進め方、実条件との相関など豊富な評価事例とともに解説いたします。

開催日

  • 2022年10月18日(火) 10時00分 17時00分

修得知識

  • 高分子材料が劣化する因子
  • 全体の劣化に各劣化因子は如何に影響しているか定量的に把握できるようになる
  • ある地点での劣化状況を定量的に予測する式が一旦出来れば
    他の地点の劣化状況はその地点の気象データを使うことによって、正確に予測することができる。
  • シールに使用されるゴムOリングのJISB2401 (Oリング) に準じた材料選定及び材料設計

プログラム

第1部 高分子材料の劣化と多変量解析法による寿命予測

(2022年10月18日 10:00〜11:30)

 プラスチックは金属に比べると、屋外の太陽光、熱、水分、オゾンなどによって劣化し易いことが大きな問題になっている。これをいかに予測するかということは、プラスチック使用において大きな課題である。実際には屋外暴露試験やハロゲンやキセノンランプの照射などによる促進暴露試験を行って、耐久性を予測している。しかし、このような手法によるあらゆる環境下での予測は手間暇がかかり大変な費用と時間がかかる。
 そこでここでは、数値解析的手法によって、プラスチックの力学的性質の低下を定量的に予測しようと試みたものである。結果はかなりの成功を収めていると自負している。

  1. プラスチックの劣化
    1. 太陽光
    2. 劣化させる主な因子
    3. プラスチックの力学的性質
  2. 多変量解析
    1. 統計学的処理
    2. 線形代数
    3. デジタル化
    4. 劣化モデル
  3. プラスチックの耐候性評価への応用例
    1. ポリ塩化ビニルフィルム
      1. 引張強度
      2. 弾性率
      3. 破断強度
      4. 破断伸び
    2. 誘導式の検証・信頼性評価
    3. 芳香族ポリミドフィルム
      1. 引張強度
      2. 弾性率
      3. 誘導式の普遍性
    4. 直鎖状低密度ポリエチレン
      1. 引張強度
      2. 弾性率
      3. 誘導式の普遍性
  4. おわりに
    • 質疑応答

第2部 プラスチックの劣化メカニズムと加速試験・分析

(2022年10月18日 12:10〜13:40)

 プラスチック・ゴムなどの高分子材料についての劣化は使用環境や材料の種類によって大きく異なり、マッチングできていないと重大なトラブルにつながるものである。またガス、水道管などのインフラ設備に使用されている場合には、数十年以上の長期耐久性の評価は重要であり、リサイクルやリユースも推進されることが予想されることから長期の使用における劣化状態の把握と寿命を推察することのニーズが高まると考えられる。
 本講義においては高分子材料の劣化分析評価にとって有用な分析手法や耐久試験方法の紹介を行い、ガス管や温水用の配管に用いられるPEを実例として耐久試験と分子構造分析を相関させた評価例を紹介する。

  1. プラスチック劣化分析と耐久性評価
    1. 耐久試験と試験品の劣化状態分析
    2. 劣化分析手法とその注意点
    3. 耐久試験方法の考え方
  2. プラスチックの耐久性と分子構造 (ガス管用ポリエチレンを事例として)
    1. 長期耐久試験方法の変遷
    2. 各種ポリエチレンの耐久試験結果
    3. 耐久性と分子構造の相関解析
  3. プラスチックの耐久性評価と劣化メカニズム (温水用ポリエチレンを事例として)
    1. 大気放置と温水浸漬による3,5万時間耐久試験
    2. 60~110°Cの浸漬温度による物性変化と分子構造解析
    3. 銅イオンと空気加圧による劣化加速解析と短時間での耐久性評価
    • 質疑応答

第3部 ゴムOリングの材料設計と寿命予測評価法

(2022年10月18日 13:50〜15:20)

 Oリングシールにおける寿命予測評価法について従来からのもの及び新しく検討されているものを紹介します。

  1. シールとは
  2. シール分類とゴムOリング
  3. ゴムOリングの材料設計
    1. ゴムOリングに用いる材料
    2. JISB2401規定ゴム材料の耐熱性と耐油性位置づけ
    3. ゴム材料の配合設計
  4. シール性の評価
    1. 圧縮永久歪性
    2. 圧縮永久歪性と圧縮寿命
    3. 従来からの圧縮永久歪性を用いたシール寿命
  5. 新しいシール性評価 (Oリング圧縮反力荷重値測定) 方法やらの寿命予測
    1. 深堀理論より
    2. Oリングの圧縮反力荷重値測定方法
    3. Oリング長期塩素水浸漬試験による圧縮永久歪と圧縮反力荷重値測定
    4. Oリング水圧印加時におけるシール漏れ測定方法 (新規アプローチ)
  6. 参考文献
    • 質疑応答

第4部 湿熱環境下におけるPC/ABS樹脂の耐加水分解性と加速試験評価

(2022年10月18日 15:30〜17:00)

  1. PC/ABS樹脂の耐加水分解性評価
    1. PCの加水分解
    2. 市販のPC/ABS樹脂グレードの耐加水分解性の比較
  2. 難燃PC/ABS樹脂の組成と耐加水分解性評価
    1. ABS樹脂の製造プロセスの違い
    2. 難燃剤とABS樹脂種の影響
      1. 評価試料
      2. 動的粘弾性による相溶性評価
      3. 耐加水分解性評価
    • 質疑応答

講師

  • 小川 俊夫
    金沢工業大学
    名誉教授
  • 本間 秀和
    株式会社KRI 解析研究センター
    副センター長
  • 堀田 透
    藤倉コンポジット株式会社
    技術顧問
  • 藤井 宣行
    三菱電機 株式会社 先端技術総合研究所 環境・分析評価技術部
    主席研究員

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 66,000円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 55,000円(税別) / 60,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 121,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 181,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方
  • 支払名義が企業の場合は対象外とさせていただきます。
  • 企業に属し、大学、公的機関に派遣または出向されている方は対象外とさせていただきます。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/12/12 溶融混練によるポリマーブレンド・アロイ化のポイント オンライン
2022/12/12 中空粒子の合成、構造制御と応用展開 オンライン
2022/12/13 生分解、海洋分解性プラスチックにおける分解性試験、認証制度の最新の動き、その手続き、進め方 オンライン
2022/12/13 ポリ乳酸繊維・不織布の本格的実用化時代の到来 オンライン
2022/12/14 低誘電樹脂の技術動向と添加剤による特性改善 オンライン
2022/12/14 生分解性プラスチック材料設計のための基礎講座 オンライン
2022/12/15 押出機内の樹脂挙動および溶融混練の基礎と最適化 オンライン
2022/12/15 高分子の結晶化と結晶高次構造の特徴 オンライン
2022/12/15 チクソ性の基礎、制御、測定・評価と実用系へ活用方法 オンライン
2022/12/16 ポリマー成形加工におけるインフォマティクス活用術 オンライン
2022/12/16 形骸化したFMEAを改善した実践演習セミナー (問題発見 + 問題解決) オンライン
2022/12/16 形骸化したFMEAを改善した実践演習セミナー (問題発見) オンライン
2022/12/16 欧州における車載樹脂のリサイクル技術の動向 オンライン
2022/12/19 樹脂流動解析の基礎知識と上手に活用するポイント オンライン
2022/12/19 自動車内装に向けた人工・ 合成皮革の開発トレンドと触感評価 オンライン
2022/12/19 実験計画法の最適化と材料開発への応用 オンライン
2022/12/19 制振、防振、吸音、遮音材料の特性、材料設計と評価技術 オンライン
2022/12/19 形骸化したFMEAを改善した実践演習セミナー (問題解決) オンライン
2022/12/19 循環型プラスチック利用の課題と関係企業が採るべき対応 会場・オンライン
2022/12/20 廃プラスチックのマテリアルリサイクル実践入門講座 オンライン

関連する出版物