技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

CFRPのリサイクル技術の動向、課題とLCA

CFRPのリサイクル技術の動向、課題とLCA

オンライン 開催

開催日

  • 2022年7月5日(火) 10時30分 16時30分

修得知識

  • CFRPリサイクル技術の世界的な技術動向
  • CFRPからCFを回収する技術
  • 回収したCFの製品適用技術
  • CF製造時と回収CF製造時のLCA

プログラム

 これまで炭素繊維強化プラスチック (CFRP) は、軽量化による燃費の大幅な向上が期待される航空機に使われてきた。2010年代に入ってからは、様々な電子機器を装備した高級車や、大量の蓄電池を積んだ電気自動車などの軽量化のためにも使われるようになった。その結果、炭素繊維 (CF) は最近5年間で約2倍の生産量となり、それに伴って使用済みCFRPおよびCF生産工程廃材も大幅に増加している。
 また、CFを用いた輸送機器は軽量化でき燃料は節約できるが、CFを製造する際には長時間高温で焼成するため、多量のエネルギーを必要とし、環境影響評価 (LCA) の結果では環境によい材料ではないとされる。長距離を走る商業用輸送機器でのみ効果が得られるという東京大学の高橋らの試算がある。その対策としては、使用済みの輸送機器から回収したCFを、同種の輸送機器に再利用することが最良の方法としている。
 本講座では、国内並びに国外におけるCFRPのリサイクル技術の最新動向並びに各種LCA試算結果を紹介する。

  1. 緒言
    • 炭素繊維強化プラスチック (CFRP) の出荷量
    • CFRPの用途
    • ボーイング787に使われている材料
    • PAN (PolyAcryloNitrile) 系CFの製造法
    • CF廃材の種類
    • CFRP廃材のリサイクルに適用可能な技術
    • 各種CFRPリサイクル技術の比較
  2. 国内のCFRPリサイクル技術
    1. マテリアルリサイクル
      • ACA – 空気流によるCF回収技術
    2. 熱分解法
      • 炭素繊維協会 – 実証プラント
      • 東レ – 省エネルギー熱分解法
      • 三菱レイヨン – 省エネルギー熱分解
      • 三菱ケミカル – 省エネルギー熱分解
      • 高安 – 前処理なし
      • カーボンファイバーリサイクル工業 – 省エネルギー熱分解
      • リーテム,富士加飾 – 自動制御システム
      • ファインセラミックスセンター – 水蒸気分解
    3. 超臨界流体法
      • 静岡大 岡島准教授 – 亜臨界流体
      • 熊本大 (現名大) – 後藤教授 – 亜臨界アルコール
    4. 加溶媒分解法
      • 東京工大 久保内教授 – 硝酸
      • 大阪府立大 – 酸
      • 産総研,東邦テナックス – 液相分解
      • アースリサイクル – グリコール
      • 日立化成 – アルコール
      • アイカーボン – 常温酸アルカリ法
    5. その他の回収技術
      • 八戸高専 杉山教授 – 電解酸化法
      • 成蹊大 – 電解酸化法
      • 信州大 水口特任教授 – 半導体分解法
      • 埼玉産技セ – CFRTPの有機溶剤溶解法
      • ミライ化成 – 溶解法+熱分解法
    6. 易分解性樹脂
      • 物質・材料研究機構 (NIMS) ,新構造材料技術研究組合 (ISMA) – ジスルフィド基の導入
    7. 再利用技術
      • 愛媛大,東レ – コンクリート
      • JAXA – 航空機部品
      • 阿波製紙 株式会社 – CF製紙
      • 三菱重工 – 再生CFRTP評価
  3. 海外のCFRPリサイクル技術
    1. CFリサイクル
      • HADEG Recycling (DE) – CF生産工程廃材
      • Procotex (BE) – CF生産工程廃材
      • Sigmatex (GB) – CF生産工程廃材
      • Hexcel Reinforcements UK Ltd. (GB) – CF生産工程廃材
      • Carbon Fiber Remanufacturing LLC (US) – CF生産工程廃材
    2. マテリアルリサイクル
      • Fiberline Composites (DK) – CFRP工程廃材
      • Airbus (FR) – 航空機
      • ROTH International (DE) – 各種製品
      • Fairmat (FR) – プリプレグ – パネル
    3. 熱分解法
      • Karborek (IT) ,ENEA (IT)
      • ELG Carbon Fibre Ltd. (GB)
      • Carbon Conversions Inc. (US)
      • REFORM (EU) – Re – Fib法
      • Aachen Univ. (DE) – 残留炭素除去
      • Univ. of Concepcion (CL) – CNT付加
      • Alpha Recyclage Composites (FR) , Toulouse Univ. (FR) – 水蒸気分解
    4. 超臨界流体法
      • The Univ. of Nottingham (GB) – 超臨界プロパノール
      • Harbin Inst. of Tech. (CN) – 超臨界水
      • Vartega (US) – 超臨界CO2
      • Cranfield Univ. (GB) – 亜臨界アセトン/水
      • Washington State Univ. (US) – 亜臨界水orエタノール
      • Korea Inst. of Sci. & Tech. (KR) – 超臨界水
    5. 加溶媒分解法
      • Adherent Technologies, Inc. (US) – 溶媒不明
      • Advanced Plastics Technologies, Ltd. (GB) – 酸,塩基
      • Siemens (DE) – アミン
      • 寧波材料技術與工程研究所 (CN) – DMF/H2O2
      • 中国科学院大学 (CN) – AlCl3/酢酸
      • The Boeing Company (US) – 各種溶媒
      • Shocker Composites (US) – プリプレグ,インライン
      • Indian Inst. of Tech. Madras (IN) – 酢酸/H2O2
      • Global Fiberglass Solutions (US) , Washington State Univ. (US) – エタノール,水
      • Nuremberg Inst. of Tech. (DE) – NMP→H2O2
      • Catack – H (KR) – 水+?
      • Korea Inst. of Sci. and Tech. (KR) – 水
      • Korea Inst. of Sci. and Tech. (KR) – 水+界面活性剤
    6. その他の回収技術
      • Vetrotex France S.A. (FR) – 溶媒洗浄法
      • DaimlerChrysler AG, (DE) – 高周波分解法
      • Shenzhen Univ. (CN) – 電気分解法
      • Shenzhen Univ. (CN) , Univ. of Manchester (GB) – 電気分解法
      • Kunming Univ. of Sci. and Tech. (CN) – 高周波分解法
      • Fraunhofer Institut fur Chemische Technologie ICT (DE) – 高周波分解法
    7. 易分解樹脂
      • オランダ応用科学研究機関 (TNO) (NL) – Diels – Alder反応を利用した樹脂
      • Connora Technologies (US) – Recyclamine
      • Adesso Advanced Materials (CN) – Cleavamine
      • Adesso Advanced Materials (CN) , Connora Technologies (US)
      • Connora Technologies (US) , Aditya Birla Chemicals (TH)
      • Mallinda (US) /Univ. Colorado Boulder (US) – 新規ポリイミン
    8. 再利用技術
      • Imperial College London (GB) – 評価技術
      • North Carolina State Univ. (US) – 評価技術
      • CFK Valley (DE) – 航空機部品
      • SGL ACF/BMW (DE) – 自動車部品
      • Triumph Composites Systems (US) ,Washington State Univ. (US) – 航空機部品
      • Steelhead (US) , Vartega (US) , Michelman (US) – 圧力容器
      • Composite Recycling Technology Center (US) – パドル
      • Composite Recycling Technology Center (US) – ベンチ
      • Composite Recycling Technology Center (US) – 合板
      • Composite Recycling Technology Center (US) ,ELG Carbon Fibre Ltd. (GB) ,Inst. for Advanced Composite Manufacturing Innovation (US) – シートバック
      • Dell (US) , SABIC (SA) – ノートPC筐体
      • Boeing (US) , ELG Carbon Fibre (GB) – ノートPC筐体
      • Boeing (US) , ELG Carbon Fibre (GB) – 航空機部品
      • Adesso Advanced Materials Wuhu Co., Ltd. (CN) – 自動車部品
      • Vartega (US) , Janicki Industries (US) – 航空機部品
      • Composite Technology Center (DE) ,Airbus (FR)
      • Alchemy Bicycle Co (US) , Vartega Inc. (US)
      • Fraunhofer ICT (DE) – 電池セパレータ
      • Vartega (US) , Braskem (BR) – CF強化PP3Dフィラメント
      • CarloRatti Associatti,Italo Rota (IT) – MAE Museum
      • IPC/CReCoF (FR) – 複合材料リサイクルガイドブック
  4. CFRPリサイクル技術のLCA
    1. CF製造時のLCA
    2. リサイクルしたCFのLCA
  5. 結言
    1. 結論
    2. 今後の課題
    • 質疑応答

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 45,000円(税別) / 49,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方
  • 支払名義が企業の場合は対象外とさせていただきます。
  • 企業に属し、大学、公的機関に派遣または出向されている方は対象外とさせていただきます。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/7/8 ゴムの配合設計力向上のための技術と情報 東京都 会場・オンライン
2022/7/11 車載用プラスチックの基礎と最新動向 オンライン
2022/7/11 日本のPETボトルリサイクル / PETボトルリサイクルビジネス オンライン
2022/7/12 分子シミュレーションの基礎と高分子材料開発の効率化への展開 オンライン
2022/7/13 二酸化炭素・二硫化炭素をもちいる高分子材料の合成 オンライン
2022/7/14 シランカップリング剤の効果的活用法 オンライン
2022/7/14 生分解性プラスチック入門講座 オンライン
2022/7/15 プラスチック用添加剤の作用機構と使い方 オンライン
2022/7/15 ポリマーアロイにおける分散構造、界面構造、モルフォロジーの観察・解析手法 オンライン
2022/7/15 プラスチック用添加剤の基礎と活用のポイント オンライン
2022/7/15 微生物により合成する生分解性プラスチック材料の基礎 オンライン
2022/7/19 ヒートシールの基礎、接合のメカニズムと品質管理・不具合対策 オンライン
2022/7/19 エポキシ樹脂の耐熱性向上と機能性両立への分子デザイン設計および用途展開における最新動向 オンライン
2022/7/19 ゴムの配合設計力向上のための技術と情報 東京都 オンライン
2022/7/19 発泡成形技術の基礎と発泡剤の使い方 オンライン
2022/7/19 高分子結晶化の基礎と高次構造制御 オンライン
2022/7/20 熱分析による高分子材料の測定ノウハウと分析・解析事例 オンライン
2022/7/20 乳化重合・ソープフリー乳化重合によるポリマー微粒子の合成と粒子径・形状制御 オンライン
2022/7/20 LCAの基礎と応用 オンライン
2022/7/21 マテリアルズ・プロセスインフォマティクスの基礎とポリマー材料設計への応用 オンライン

関連する出版物