技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

廃プラスチックの最新リサイクル技術の動向

廃プラスチックの最新リサイクル技術の動向

~持続可能な社会におけるプラスチックの使い方~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、マイクロプラスチックによる生態系への影響、二酸化炭素の排出削減、資源の循環利用を考慮したプラスチックの使用法とリサイクル技術・評価まで詳解いたします。

開催日

  • 2022年5月26日(木) 12時30分 16時30分

修得知識

  • 資源循環に関わる世界の動向
  • 廃プラスチック問題の現状
  • 廃プラスチックのリサイクルに関する最新技術
  • 持続可能な社会におけるプラスチックの使い方

プログラム

 プラスチックは丈夫で軽く、工業材料として優れた物性を有しているため、容器包装から電子機器や自動車などに使用され年間4億トンが生産されている。一方、大量に生産されたプラスチックは大量に廃棄され、その一部が海洋に流出し生態系に深刻な影響を与えている可能性が指摘され、廃プラスチックは最も重要な地球環境の問題の一つとなった。
 本セミナーでは、廃プラスチックチックの現状と問題点を解説し、炭素循環を前提とした持続可能な社会におけるプラスチックのリサイクル技術や使い方を検討する。

  1. 地球環境に関わる世界の動向
  2. 日本国内における資源循環の最新動向
  3. 廃プラスチック問題とは?
  4. プラスチック循環利用促進法で何か変わるのか?
  5. プラスチックや金属の循環利用の特徴
  6. マイクロプラスチックの現状
  7. プラスチックのリサイクル技術の概要
    1. 選別技術
    2. マテリアルリサイクル
    3. ケミカルリサイクル
    4. PETボトルのリサイクル
    5. エネルギー回収
    6. 評価法
  8. 電気電子機器に使用されているプラスチックのリサイクル
  9. 自動車に使用されているプラスチックのリサイクル
  10. 炭素繊維強化プラスチックのリサイクル
  11. バイオプラスチックへの期待と課題
  12. 炭素循環を前提とした資源循環の未来

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 42,000円(税別) / 46,200円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/7/8 ゴムの配合設計力向上のための技術と情報 東京都 会場・オンライン
2022/7/11 車載用プラスチックの基礎と最新動向 オンライン
2022/7/11 日本のPETボトルリサイクル / PETボトルリサイクルビジネス オンライン
2022/7/12 分子シミュレーションの基礎と高分子材料開発の効率化への展開 オンライン
2022/7/12 プラスチック容器包装のリサイクル及びプラスチック資源循環政策の最新動向 オンライン
2022/7/13 二酸化炭素・二硫化炭素をもちいる高分子材料の合成 オンライン
2022/7/14 生分解性プラスチック入門講座 オンライン
2022/7/14 国外規制をふまえたE&L評価基準の考え方と分析・評価方法 オンライン
2022/7/14 シランカップリング剤の効果的活用法 オンライン
2022/7/15 プラスチック用添加剤の作用機構と使い方 オンライン
2022/7/15 ポリマーアロイにおける分散構造、界面構造、モルフォロジーの観察・解析手法 オンライン
2022/7/15 プラスチック用添加剤の基礎と活用のポイント オンライン
2022/7/15 微生物により合成する生分解性プラスチック材料の基礎 オンライン
2022/7/19 エポキシ樹脂の耐熱性向上と機能性両立への分子デザイン設計および用途展開における最新動向 オンライン
2022/7/19 ヒートシールの基礎、接合のメカニズムと品質管理・不具合対策 オンライン
2022/7/19 ゴムの配合設計力向上のための技術と情報 東京都 オンライン
2022/7/19 発泡成形技術の基礎と発泡剤の使い方 オンライン
2022/7/19 高分子結晶化の基礎と高次構造制御 オンライン
2022/7/20 熱分析による高分子材料の測定ノウハウと分析・解析事例 オンライン
2022/7/20 生分解性微粒子/ビーズの作製・構造・応用展開 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/12/24 動的粘弾性測定とそのデータ解釈事例
2021/9/29 世界のレトルトフィルム・レトルトパウチの市場実態と将来展望 2020-2023 (PDF版)
2021/9/29 世界のレトルトフィルム・レトルトパウチの市場実態と将来展望 2020-2023 (書籍版)
2021/9/29 世界のレトルトフィルム・レトルトパウチの市場実態と将来展望 2020-2023 (書籍版 + CD版)
2021/7/30 水と機能性ポリマーに関する材料設計、最新応用
2021/7/28 プラスチックリサイクル
2021/7/16 2021年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2021/6/30 日本と海外グローバルブランド40社のSDGs環境戦略
2021/6/29 UV硬化樹脂の開発動向と応用展開
2021/5/31 重合開始剤、硬化剤、架橋剤の選び方、使い方とその事例
2021/5/31 高分子材料の劣化・変色対策
2021/4/30 建築・住宅用高分子材料の要求特性とその開発、性能評価
2021/2/10 食品包装産業を取り巻くマイクロプラスチック問題
2021/1/29 高分子材料の絶縁破壊・劣化メカニズムとその対策
2020/11/30 高分子の延伸による分子配向・結晶化メカニズムと評価方法
2020/11/30 高分子の成分・添加剤分析
2020/10/30 ポリウレタンを上手に使うための合成・構造制御・トラブル対策及び応用技術
2020/9/30 食品容器包装の新しいニーズ、規制とその対応
2020/9/10 生分解性プラスチック入門
2020/5/22 2020年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望