技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

CO2の燃料資源への変換技術、その高効率化、市場性と可能性

CO2の燃料資源への変換技術、その高効率化、市場性と可能性

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、二酸化炭素の回収・濃縮・触媒選択・変換・プラント設計・LCAなどの技術課題、メタン、アルコール、自動車燃料やジェット燃料などの製造・実用化への可能性について詳解いたします。

開催日

  • 2022年1月27日(木) 10時00分 17時00分

修得知識

  • メタン、アルコール、自動車燃料やジェット燃料などの製造・実用化への可能性
  • 二酸化炭素の回収・濃縮・触媒選択・変換・プラント設計・LCAなどの技術課題

プログラム

第1部 CCU技術の現状・課題・展望

(2022年1月27日 10:00〜11:45)

 CO2-メタネーションは、CO2の有効資源化技術、所謂CCU技術として、再生可能エネルギー (再エネ) 由来の電力を用いて水素を生産し (再エネ由来水素) 、その水素を利用してIGCC等から分離・回収された高濃度CO2とメタネーションを行うことにより、合成メタン (再エネ由来CH4) の生産を可能とする。
 本セミナーではCCUの概説とNEDO事業の成果の一部、INPEXでの取組みについて解説する。

  1. INPEX再電本部について
  2. CCUに係る政策について
  3. CCUに係る現状と課題について
  4. NEDO – CO2有効利用技術開発 事業について
  5. INPEXでの取組みと今後の展開
    • 質疑応答

第2部 CO2光燃料化 (人工光合成) によるメタン合成とその可能性

(2022年1月27日 12:45〜14:00)

 光エネルギーのみでCO2をメタンに変換するニッケル – 酸化ジルコニウム触媒につ いて、反応経路と光触媒中のサイトと光が果たす役割について解説する。

  1. カーボンニュートラルサイクルについて
    1. 拝見
    2. 本研究の目的
  2. Ni-ZrO2光触媒による13CO2還元反応
    1. GC-MS
    2. 13CO2交換反応
    3. 反応機構 (吸着過程)
  3. ZrO2の役割と反応機構
    1. FTIR
    2. 反応機構 (光による)
  4. Niの役割と反応機構
    1. FTIR
    2. EXAFS
    3. 反応機構 (光エネルギーが転化した熱による)
  5. 反応機構のまとめと展望
    1. 反応機構のまとめ
    2. 展望
    • 質疑応答

第3部 グラフェンを用いたCO2の「ギ酸」変換とその応用について

(2022年1月27日 14:15〜15:30)

 酸化還元グラフェンとスズを組み合わせた、二酸化炭素還元のための複合触媒の設計と触媒メカニズムについて解説する。

  1. 導入
    1. カーボンニュートラル
    2. 二酸化炭素の化学的固定化
    3. 電気化学還元による固定化
  2. 酸化還元グラフェンを用いた二酸化炭素のギ酸変換
    1. 酸化還元グラフェンの性質
    2. 触媒反応のメカニズム
    3. スズ/酸化グラフェン複合触媒の作製と電気化学測定
    4. 触媒活性評価に必要な理論計算
    5. 計算結果とメカニズムの考察
    6. その場電気化学観察による検証
  3. ギ酸変換触媒の発展
  4. まとめ
    • 質疑応答

第4部 再生可能エネルギーを用いた電解によるCO2資源化

~Power to Chemicals~

(2022年1月27日 15:45〜17:00)

 カーボンニュートラルの実現に向けて、CO2有効利用技術の早期実用化が期待されている。東芝では再生可能エネルギーを用いて電気化学的に二酸化炭素 (CO2) を有価物へと変換することで、CO2を削減するPower to Chemicals (P2C) 技術の開発に取り組んでいる。
 本講演では、CO2から燃料原料となる一酸化炭素 (CO) に変換するCO2電解還元技術を中心として、東芝の研究成果を交えて紹介する。

  1. 地球温暖化問題の現状
  2. CO2電解還元技術
  3. 東芝の取り組み Power to Chemicals (P2C)
  4. 早期社会実装に向けて
    • 質疑応答

講師

  • 若山 樹
    国際石油開発帝石株式会社 再生可能エネルギー・新分野事業本部
    プロジェクトジェネラルマネージャー
  • 泉 康雄
    千葉大学 大学院 理学研究院 化学研究部門
    教授
  • 大戸 達彦
    大阪大学 大学院 基礎工学研究科 物質創成専攻 未来物質領域
    助教
  • 北川 良太
    株式会社 東芝 研究開発センター ナノ材料・フロンティア研究所 トランスデューサ技術ラボラトリー
    上席研究員

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 66,000円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 55,000円(税別) / 60,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 121,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 181,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/5/24 地熱発電の最新動向と課題および普及拡大に向けた取り組みと技術開発 オンライン
2022/5/25 CO2分離回収技術動向と直接空気回収 (DAC) の可能性 オンライン
2022/5/26 CO2分離回収技術に関連したプロセスおよびコスト計算の基礎と実例 オンライン
2022/5/27 基礎・入門として学ぶ、サーマルデバイス技術 オンライン
2022/5/31 二酸化炭素・二硫化炭素をもちいる高分子材料の合成 オンライン
2022/6/2 バイオガスから新エネルギー オンライン
2022/6/3 炭素制約下社会というビジネス環境の変化におけるビジネスのヒント オンライン
2022/6/3 微生物を利用した二酸化炭素資源化技術の現状、および新技術の概要や展望 オンライン
2022/6/10 CO2分離回収プロセスの物質収支、エネルギー収支、コスト計算 オンライン
2022/6/13 メタネーションの基礎と現状、課題、最新動向 オンライン
2022/6/14 CO2分離回収へ向けたアミンの活用と劣化対策 オンライン
2022/6/14 二酸化炭素を利用した樹脂接合法の基本原理と産業利用 オンライン
2022/6/15 CO2分離回収技術の進展と実用化への展望 オンライン
2022/6/16 洋上風力発電における設備や部材の設計、騒音対策、国内外実用化の動き オンライン
2022/6/17 CCUS (CO2分離回収・有効利用・貯留) の基礎知識および各種課題点と今後の展望 オンライン
2022/6/20 化学吸収法によるCO2の分離回収技術の最前線 オンライン
2022/6/22 微細藻類を用いたカーボンリサイクルプロセスと微細藻類産業の構築に向けて オンライン
2022/6/23 脱炭素におけるバイオマスの最新動向と今後のビジネス・チャンス オンライン
2022/6/23 化学吸収法によるCO2の分離回収技術 オンライン
2022/6/24 水素キャリアおよび脱炭素燃料としてのアンモニア オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/1/21 2022年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2021/12/16 カーボンニュートラルに向けた中低温産業排熱の最新利用技術と実践例
2021/9/21 世界のCCU・カーボンリサイクル 最新業界レポート
2021/9/17 2021年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2021/7/16 2021年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2021/7/15 世界のCCS・CO2分離回収技術 最新業界レポート
2021/4/30 世界の燃料電池・水素産業 最新業界レポート
2021/4/20 触媒からみる炭素循環 (カーボンリサイクル) 技術 2021
2021/1/22 2021年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2020/5/22 2020年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2020/3/19 2020年版 スマート住宅市場・技術の実態と将来展望
2020/1/24 2020年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2019/4/19 2019年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2019/1/25 2019年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2018/3/30 熱利用技術の基礎と最新動向
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2017/9/29 触媒からみるメタン戦略・二酸化炭素戦略
2017/9/22 2017年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2017/7/21 2017年版 スマートコミュニティ市場の実態と将来展望
2017/5/26 2017年版 HEMS市場・関連機器の実態と将来展望