技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

EVとEV電池におけるサプライ・チェーンSCの課題と対応

EVとEV電池におけるサプライ・チェーンSCの課題と対応

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、EV電池の化学系、金属系と樹脂系それぞれの原材料の、サプライ・チェーン上の課題や、主要メーカーの動向を解説いたします。
また、講師の経験を交えて、電池製造において原材料の選定幅や、製造工程の柔軟性を拡げ、積極的にサプライ・チェーンの制約をクリアするスキームなども提案いたします。

開催日

  • 2022年1月25日(火) 10時30分 16時30分

プログラム

 本セミナーではリチウムイオン電池を構成する、原材料と部材の供給網、いわゆるサプライ・チェーンに関して考えてみたい。2021年の現在、このサプライチェーンの問題が予期せぬ問題として、自動車産業始め多くの製造業に深刻な影響を及ぼしている。
 サプライ・チェーン、及びその マネジメントの重要性は、今に始まったことではない。トヨタの「カンバン方式」などはその典型であり、高い生産性と品質は、技術のみならず時間とコストの中での、合理化を突き詰めた成果である。
 今回このサプライチェーンがクローズアップされたのは、予期せぬ新型コロナウイルス感染に伴う、経済社会の混乱がメインである。更には半導体工場の火災や、幾つかの国家の政治的な混乱なども含まれる。我が国の場合は更に、地震、津波、台風、豪雨と心配の種は尽きない。
 現在進行中の自動車の脱炭素=非ガソリン化と、それに伴う3桁GWh総量の電池生産において、このサプライチェーンの問題は短時間の内に、大きな壁となってEV化の行く手を阻むであろう。EVにとっては電池のサプライチェーンが、電池にとっては原材料と部材のサプライチェーンが相当する。
 本セミナーにおいては、EV電池の化学系、金属系と樹脂系それぞれの原材料の、サプライチェーン上の課題や、主要メーカーの動向を解説する。更には筆者の経験の範囲で、電池製造において原材料の選定幅や、製造工程の柔軟性を拡げ、積極的にサプライチェーンの制約をクリアするスキームなども提案したい。

  1. EVなど電動化の現状と代替スキーム
    1. 2020コロナ禍から2021現状、欧米、中国と日本
    2. EV (zEVとNEV) の比率の急増と推移
    3. 2030年 vs. 2035年スキーム (国、地域と各社)
    4. EV発火事故、リコールなどの課題
  2. EVの拡大と電池総量GWhの推移
    1. 電池容量kWhパラメーターと総容量GWh
    2. 電池コスト\/kWhパラメーターと市場規模
    3. 2021年以降の電池製造計画
      • 欧州
      • 米国
      • 中国
  3. リチウムイオン電池の元素資源 (Co、Ni、Li)
    1. 電池の総GWhに対する正極材の主要量
    2. 元素資源リサイクルの必要性
    3. 関連事項
  4. リチウムイオン電池製造のサプライチェーン (原材料と部材)
    1. 正・負極材など化学系材料
    2. セパレータ、集電箔とバインダーなど非化学系材料
    3. 原材料と部材のサプライチェーンと基盤産業との関係
    4. サプライチェーン課題への対応策、セル設計幅と工程の許容範囲
  5. まとめ
    • 電池製造の合理化と全固体電池への移行

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,364円 (税別) / 51,000円 (税込)
複数名
: 23,182円 (税別) / 25,500円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

S&T出版からの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。
また、4名様以上同時申込で全員案内登録をしていただいた場合、3名様受講料 + 3名様を超える人数 × 20,000円(税込)でご受講いただけます。

  • Eメール案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 36,000円(税別) / 39,600円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,364円(税別) / 51,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 66,364円(税別) / 73,000円(税込)
    • 4名様でお申し込みの場合 : 4名で 84,545円(税別) / 93,000円(税込)
    • 5名様でお申し込みの場合 : 5名で 102,727円(税別) / 113,000円(税込)
  • Eメール案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,364円(税別) / 51,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,728円(税別) / 102,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 139,092円(税別) / 153,000円(税込)
    • 4名様でお申し込みの場合 : 4名で 185,456円(税別) / 204,000円(税込)
    • 5名様でお申し込みの場合 : 5名で 231,820円(税別) / 255,000円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/11/29 バッテリマネジメント、及びセルバランス技術の基礎と応用 オンライン
2021/11/29 磁性材料を活用した新しい熱電応用と今後の展望 オンライン
2021/11/30 炭素循環 (カーボンリサイクル) 技術 オンライン
2021/12/2 EV用リチウムイオン電池のリユース、リサイクル オンライン
2021/12/3 CO2有効利用技術の現状と今後の展望 オンライン
2021/12/6 フレキシブル熱電変換デバイスの基礎と有機系熱電変換材料/デバイス研究の最新動向 オンライン
2021/12/6 HEV/EVにおけるエネルギー・マネジメント技術 オンライン
2021/12/7 二酸化炭素 (CO2) の吸収・回収及び吸収材技術 オンライン
2021/12/8 汎用リチウムイオン電池の性能・劣化・寿命評価 オンライン
2021/12/8 リチウムイオン二次電池特性の測定・評価・推定法 オンライン
2021/12/9 バイオガスから新エネルギー オンライン
2021/12/10 バッテリーマネジメント用リチウムイオン電池のインピーダンス測定の考え方 オンライン
2021/12/10 リチウムイオンニ次電池・次世代電池の課題を解決する新規な電池理論 オンライン
2021/12/13 燃料アンモニア製造技術と将来展望 オンライン
2021/12/14 全固体リチウム二次電池の開発状況と展望 オンライン
2021/12/14 水素貯蔵材料の基礎と今後の展望 オンライン
2021/12/15 パワーデバイス 半導体物性・デバイス特性・回路応用をつなげて学ぶ オンライン
2021/12/15 リチウムイオン電池生産工程における安全対策 オンライン
2021/12/16 カルマンフィルタ/逐次最小二乗法によるリチウムイオン蓄電池の残量と劣化状態推定法 オンライン
2021/12/16 ペロブスカイト太陽電池の基礎から開発・市場動向・実用化展望まで オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/9/17 2021年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2021/8/20 2021年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2021/7/16 2021年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2021/6/28 AI・MI・計算科学を活用した蓄電池研究開発動向
2021/6/22 EV用リチウムイオン電池のリユース・リサイクル2021
2021/4/30 世界の燃料電池・水素産業 最新業界レポート
2021/4/26 全固体リチウムイオン電池の実用化と新たな材料市場
2021/4/26 全固体リチウムイオン電池の実用化と新たな材料市場 (書籍版 + CD版)
2021/4/16 2021年版 蓄電池・蓄電部品市場の実態と将来展望
2021/3/19 2021年版 モビリティ市場・技術の実態と将来展望
2021/2/19 2021年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2021/1/22 2021年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2020/12/11 2021年版 スマートデバイス市場の実態と将来展望
2020/12/1 リチウムイオン電池の安全性確保と関連する規制・規格と表示ルール 2021
2020/11/13 2021年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2020/9/18 2020年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2020/8/21 2020年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2020/5/22 2020年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2020/4/17 2020年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2020/3/19 低炭素社会とバッテリーアグリゲーション