技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

半導体パッケージ・実装技術の最新動向と技術課題・今後の展望

半導体パッケージ・実装技術の最新動向と技術課題・今後の展望

~FOWLP、3Dパッケージング、チップレット等の先端技術の現状と課題 / AMD,Intel,TSMC,Huawei,Samsung/Baidu等の各社事例 / 5G本格化・6Gを見据えた国の施策、半導体・関連企業の取り組みの現状・課題まで~
オンライン 開催

開催日

  • 2022年1月18日(火) 10時30分 16時30分

プログラム

 第1部では、5G時代の本格的到来の中、高速・大容量通信が求められるモバイル機器の実装技術に焦点を当て、その現状と課題を探る。実装技術の変遷、5G時代に求められるコアテクノロジー、FOWLPや2.5Dなどの新しいパッケージング技術の事例を紹介しながら解説する。
 第2部では、飛躍的に増大するデータ・情報量に対応すべく、HPC (High Performance Computing) やAI対応のソリューションとして注目を集めている、Multi-Die Solution/Chip-letに焦点を当て、その現状と課題を探る。半導体の微細化/ムーア則の限界が議論される現在、Chip-letへの期待が高まっている。System Integrationの本命はSoC (ワンチップ化) か、Multi-Dieか。Silicon-Dieの分割/小形化、Chip-letの採用で期待される効果などを解説し、事例を紹介しながら課題について考察する。
 第3部では、5Gの本格化、さらには6G時代の到来を見据え、加速する『デジタル化社会』における我が国 (日本) の取り組みと現状に焦点を当て、半導体および関連産業の重要性について考える。爆発的に増大する情報量に対して、効果的に処理し有効な情報を得るための半導体の潤沢な確保が危惧されている。デジタル駆動型社会における半導体確保の成否は国家の存亡にもかかわると議論されている現在、世界中が国を挙げて半導体の安定供給のための対策を打ち出している。我が国も政府が積極的にリーダーシップを取り、国内に残されたインフラストラクチャーへのテコ入れ、海外有力企業への誘致など、積極策を打ち出している。国の施策、海外企業の日本拠点設置の状況などを紹介し、半導体、関連企業の取り組みの現状や課題について考える。
 我が国 (日本) の半導体産業が衰退した現在、残された日本の強みである装置産業や材料技術を維持継続できるラストチャンスが今だと言っても過言ではない。そのような状況の中で、半導体の重要性が再認識され始めている。現在の日本においては、Global (世界的) な視野での現状把握が望まれる。半導体・実装技術および関連技術の現状を認識し、課題解決のためのSolutionの提案として、日本の強みである材料や装置で何ができるか、何を求められているか、を考えるための情報を共有する。
 現在の最先端の取り組みを認識し、『10年後 (6G) 時代には何が求められるか、』について考えるための情報をシェアする。

  1. 第1部:5G対応実装技術の現状と課題
    1. 背景
      1. 5G時代の到来
      2. ムーアの法則は継続できるのか
    2. エレクトロニクス業界の現状
      1. 実装技術の変遷と現状
      2. System Integrationとは
      3. 業界の現状、水平分業化の加速
    3. 新しい実装技術の潮流、現状と課題
      1. Fan-Out Package
      2. Embedded Technology
      3. 2.1/2.3/2.5/3D Package
      4. 5Gが求める実装技術
  2. 第2部:『チップレット』の現状と課題
    1. 背景
      1. ムーアの法則の現状
      2. 5Gとデータ爆発
    2. SoC (ワンチップ化) かChip-let (マルチダイ) か
      1. SoCとは
      2. Chip-letとは
      3. ダイの小形化とチップレットの効果
    3. 事例にみるマルチダイ・ソリューションの現状
      1. AMD
      2. Intel
      3. TSMC
      4. Others (Huawei,Samsung/Baidu,Fujitsu)
    4. チップレットの課題
      1. どのように付けるか (Inter-connection)
      2. どのように繋ぐか (Wiring/Net-working)
      3. 実用・量産 (アッセンブリなど) のための課題は
  3. 第3部:日本のBiyond5G (6G) に向けた『半導体/デジタル戦略』と取り組み
    1. 政府が考える『半導体・デジタル化背略』の背景/骨子と課題
    2. 次世代半導体・実装技術に対する取り組みの現状
    3. 海外関連企業との連携、海外企業の日本拠点設置の現状と課題
    4. まとめ
    • 質疑応答

講師

  • 西田 秀行
    NEP Tech. S&S ニシダエレクトロニクス実装技術支援
    代表

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,400円 (税別) / 33,440円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 30,400円(税別) / 33,440円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/1/26 EVシフト・カーボンニュートラルに向けたSi・SiC・GaNパワーデバイス技術ロードマップと業界展望 オンライン
2022/1/26 グラフェンの合成とセンサを中心にした機能性デバイスの開発 オンライン
2022/1/28 半導体技術におけるウェットプロセスの基礎、制御とトラブル対策 オンライン
2022/1/28 半導体過剰投資による価格大暴落&大不況への警鐘とその対策の羅針盤 オンライン
2022/1/31 半導体実装の各種材料・プロセスの基礎ならびにポイントから最近の技術動向 オンライン
2022/2/1 測定技術 実測を通して学ぶパワエレ回路・デバイス・計測技術 オンライン
2022/2/10 半導体洗浄のメカニズムと微小パーティクルの除去、清浄度評価 オンライン
2022/2/16 半導体洗浄の工学的基礎と要点、トラブル対策の視点 オンライン
2022/2/22 電子機器の熱設計と放熱技術 オンライン
2022/2/24 機能水洗浄のメカニズムと進め方、機能水の選定、不純物分析 オンライン
2022/2/24 通信用半導体のパッケージング技術動向 オンライン
2022/2/25 半導体 (ドライ/ウェット) エッチングの基礎とプロセス制御・最新技術 オンライン
2022/3/3 3D成形品内部・表面への回路・配線の直接形成技術 オンライン
2022/3/3 5G・次世代自動車に対応するSiC/GaNパワーデバイスの技術動向と課題 オンライン
2022/3/9 光半導体のパッケージング、封止技術と今後の技術要求 オンライン
2022/3/25 半導体製造におけるシリコンウェーハ表面のクリーン化技術および洗浄・乾燥技術 東京都 会場・オンライン
2022/5/23 パワーデバイス 半導体物性・デバイス特性・回路応用をつなげて学ぶ オンライン
2022/6/24 測定技術 実測を通して学ぶパワエレ回路・デバイス・計測技術 オンライン
2022/9/2 パワーデバイス 半導体物性・デバイス特性・回路応用をつなげて学ぶ オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/6/18 2021年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2020/7/17 2020年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2019/7/19 2019年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2018/3/20 レジスト材料・プロセスの使い方ノウハウとトラブル解決
2018/1/10 SiC/GaNパワーエレクトロニクス普及のポイント
2014/10/31 炭化ケイ素半導体 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/10/31 炭化ケイ素半導体 技術開発実態分析調査報告書
2013/12/15 パワー半導体 技術開発実態分析調査報告書
2013/12/15 パワー半導体 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/2/10 酸化物半導体 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/2/10 酸化物半導体 技術開発実態分析調査報告書
2012/6/15 半導体・液晶パネル製造装置9社 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/6/15 半導体・液晶パネル製造装置9社 技術開発実態分析調査報告書
2012/4/15 Intel 【米国特許版】 技術開発実態分析調査報告書
2011/11/15 半導体露光装置 技術開発実態分析調査報告書
2010/6/5 半導体技術10社 技術開発実態分析調査報告書
2008/9/1 半導体製造用炭化ケイ素 技術開発実態分析調査報告書 (PDF版)
2008/9/1 半導体製造用炭化ケイ素 技術開発実態分析調査報告書
2005/5/13 BGA・CSP・フリップチップはんだ接合部の加速試験と信頼性評価法
1999/10/29 DRAM混載システムLSI技術