技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

廃プラスチックのリサイクルの基本と最新動向

廃プラスチックのリサイクルの基本と最新動向

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、廃プラスチックリサイクルの基本と最新の世界的動向、ビジネスチャンスと技術課題、今後の進歩予測について解説いたします。

開催日

  • 2021年10月20日(水) 13時30分 16時30分

受講対象者

  • プラスチックの循環経済 (サーキュラーエコノミー) やサステイナビリティのテーマに興味をもつ企業 (化学会社、プラスチック加工・容器包装会社、エンジニアリング会社、商社) の技術者、研究者、経営計画責任者など
  • リサイクル技術の研究に興味をもつ公的研究所や大学の研究者・技術者

修得知識

  • ケミカルリサイクル (CR) とメカニカルリサイクル (MR) に関する技術・ビジネスの基本
  • ケミカルリサイクル (CR) とメカニカルリサイクル (MR) の最近の世界的動向
  • ケミカルリサイクル (CR) とメカニカルリサイクル (MR) の技術課題やビジネスチャンスの可能性
  • ケミカルリサイクル (CR) とメカニカルリサイクル (MR) 技術の今後の進歩予測

プログラム

 欧州が先駆的に進めるサーキュラーエコノミー (循環経済) の波が日本に到来し、廃プラスチックのリサイクルを本格的に取り組む時代に入った。特にPETのメカニカル&ケミカルリサイクルおよび混合廃プラ (PE・PP・PS) のケミカルリサイクルが世界的に注目され、技術開発と工業化 (スケールアップ) の世界的大競争になっている。セミナーではリサイクルの基本と最新動向を知り、ビジネスチャンスと技術課題を探る。

  1. リサイクルの基本
    1. 廃プラの収集、選別、洗浄、造粒のリサイクルフロー
    2. メカニカルリサイクル、ケミカルリサイクル、溶媒ベース精製法の概要と比較評価
    3. バイオPE・PP・PETのリサイクル
  2. ケミカルリサイクル (CR) の技術と事業 (日本と海外)
    • CRの種類、原理、特徴と比較、工業化計画
      • 熱分解法 (PE・PP・PS 混合廃プラ)
      • 解重合法 (PET、PA、PC)
      • 解重合法 (PS、PMMA)
      • ガス化法 (混合廃プラ)
      • コークス炉化学原料化法
      • 高炉還元剤法
  3. メカニカルリサイクル (MR) の技術と事業 (日本と海外)
    1. 日本が進んでいるPET (ボトル) のMR
    2. 日本のPE・PP・PSのMR
    3. 欧米が進んでいるPE・PPのMR

講師

  • 府川 伊三郎
    株式会社 旭リサーチセンター
    シニアリサーチャー

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 40,000円 (税別) / 44,000円 (税込)
複数名
: 18,000円 (税別) / 19,800円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

シーエムシーリサーチからの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。
また、2名様以上同時申込で全員案内登録をしていただいた場合、1名様あたり半額の 18,000円(税別) / 19,800円(税込)となります。

  • Eメール案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 36,000円(税別) / 39,600円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 36,000円(税別) / 39,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 54,000円(税別) / 59,400円(税込)
  • Eメール案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 80,000円(税別) / 88,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 120,000円(税別) / 132,000円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 24,000円(税別) / 26,400円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/12/7 熱分解分析法 オンライン
2021/12/7 ポリウレタン樹脂原料の基礎と最新動向 オンライン
2021/12/8 高分子材料の劣化反応メカニズムの基礎と分析方法 オンライン
2021/12/9 マテリアルリサイクルのためのモノマテリアル化およびポリマーブレンドの技術ポイント オンライン
2021/12/10 SDGsを踏まえた高分子分野の新規開発テーマ 東京都 会場・オンライン
2021/12/13 リサイクル樹脂の改質技術 オンライン
2021/12/13 注目の新規バイオプラスチック素材・技術・市場開発最前線 オンライン
2021/12/13 高分子の結晶化と結晶高次構造の特徴 オンライン
2021/12/14 ナノフィラーの分散・充填技術、コンポジット材料の開発動向 オンライン
2021/12/14 流動場での、高分子の結晶化挙動の基礎と成形プロセス中の結晶化解析事例 オンライン
2021/12/14 高分子・ポリマー材料の合成、重合反応の基礎とそのプロセス及び工業化・実用化の総合知識 オンライン
2021/12/14 共重合体の構造制御と機能創出 オンライン
2021/12/14 高屈折率材料の基礎と技術応用 オンライン
2021/12/15 振動・騒音対策のための材料技術と評価・設計手法 オンライン
2021/12/15 二酸化炭素・二硫化炭素を用いる高分子材料の合成 オンライン
2021/12/16 プラスチックの力学特性と複合化による耐衝撃性の向上 オンライン
2021/12/16 5G高度化と6Gに対応する低誘電特性樹脂・高分子材料の開発と技術動向 オンライン
2021/12/16 フィルム成形過程での内部/表面・界面変化挙動と条件最適化に向けたポイント オンライン
2021/12/16 チクソ性 (チキソ性) の基礎、制御、測定・評価と実用系への活用方法 オンライン
2021/12/17 プラスチックのブリードアウト不良の原因と対策 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/9/29 世界のレトルトフィルム・レトルトパウチの市場実態と将来展望 2020-2023 (書籍版)
2021/9/29 世界のレトルトフィルム・レトルトパウチの市場実態と将来展望 2020-2023 (書籍版 + CD版)
2021/9/29 世界のレトルトフィルム・レトルトパウチの市場実態と将来展望 2020-2023 (PDF版)
2021/7/30 水と機能性ポリマーに関する材料設計、最新応用
2021/7/28 プラスチックリサイクル
2021/6/30 日本と海外グローバルブランド40社のSDGs環境戦略
2021/6/29 UV硬化樹脂の開発動向と応用展開
2021/5/31 高分子材料の劣化・変色対策
2021/5/31 重合開始剤、硬化剤、架橋剤の選び方、使い方とその事例
2021/4/30 建築・住宅用高分子材料の要求特性とその開発、性能評価
2021/2/10 食品包装産業を取り巻くマイクロプラスチック問題
2021/1/29 高分子材料の絶縁破壊・劣化メカニズムとその対策
2020/11/30 高分子の成分・添加剤分析
2020/11/30 高分子の延伸による分子配向・結晶化メカニズムと評価方法
2020/10/30 ポリウレタンを上手に使うための合成・構造制御・トラブル対策及び応用技術
2020/1/31 添加剤の最適使用法
2020/1/17 最新プラスチック加飾技術の動向と今後の展望
2019/12/20 高分子の表面処理・改質と接着性向上
2019/10/31 UV硬化技術の基礎と硬化不良対策
2019/4/24 日・欧・米における食品容器包装規制と制度の比較2019