技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

MTシステムおよび機械学習を活用した生産現場における異常診断技術の基礎と適用事例解説

MTシステムおよび機械学習を活用した生産現場における異常診断技術の基礎と適用事例解説

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、自社の課題に有効な手法を選択・活用できるようになることを主眼に、異常診断技術の本質や考え方、異常診断に活用される機械学習手法とMTシステムの基礎と応用、異常診断技術の適用事例などを解説いたします。

開催日

  • 2021年10月15日(金) 11時00分 16時00分

修得知識

  • 異常診断技術の枠組み
  • 自身の課題に対する有効なアプローチの選択
  • MTシステムや機械学習を用いた異常診断手法の流れ

プログラム

 AI・IoT技術の進展に伴い、製造業においても多くの企業で技術導入に向けた取り組みが活発です。実際に手を動かしている方は痛感していることが多いかと思いますが、AI技術に対して過度な期待や誤解も多く、データを蓄積し機械学習を適用すれば、劇的な改善が期待できると考えておられる方も少なくありません。
 実際の現場において、AI技術を活用するためには最新の優れた手法のみに着目するのではなく、課題の整理、適切なセンシング・データ採取、必要十分な解析手法の選択・適用といった基本的なアプローチこそが重要となります。
 そこで、本セミナーでは異常検知の分野において、長年の実績を有するMTシステムや機械学習 (深層学習) 手法をJuter Notebookを使いながら基礎からビジュアルに解説し、各手法の長所・短所に関して基本的な理解を深めていただきます。また、適用事例としてAE (Acoustic Emission) センサを用いた回転機械の状態モニタリングおよび異常診断について紹介いたします。

  1. 異常診断技術の考え方
    1. 異常診断とは
    2. 異常診断が対象とする様々な問題
    3. 異常診断の基本的なアプローチ
  2. 異常診断でのデータサイエンスの活用
    1. データサイエンスの基礎
    2. データ採取における注意点
    3. 可視化の重要性
  3. MTシステムの基本的な考えと異常診断への応用
    1. MTシステムとは
    2. MTシステムの本質的な考え方
    3. MTシステムの体系
      • MT法
      • MTA法
      • T法 (1)
      • T法 (2)
      • T法 (3) 等
    4. 各手法の狙いと処理の流れ
  4. 学習手法の基本的な考えと異常診断への応用
    1. 機械学習の歴史とその体系
    2. 異常診断で活用される機械学習手法
    3. 各手法の狙いと処理の流れ
  5. 異常診断技術の適用事例紹介
    1. 振動センサ (AEセンサ) を用いた状態モニタリング
    2. 回転機械に対する異常診断技術の活用
    3. 事例1:MTシステムと産業用組込みコントローラによる軸受け装置の異常検知
    4. 事例2:機械学習を用いた真空ポンプの異常検知

講師

  • 石田 秀一
    国立研究開発法人 産業技術総合研究所 センシングシステム研究センター 生産プロセス評価研究チーム
    主任研究員

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,000円 (税別) / 50,600円 (税込)
1口
: 56,000円 (税別) / 61,600円 (税込) (3名まで受講可)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/10/25 AI (機械学習) に対する品質の考え方と検証技術、品質保証への取り組み オンライン
2021/10/25 中国工場における不良品・トラブルをなくす "3つのアプローチ" と具体的・実践的ノウハウ オンライン
2021/10/25 形骸化したFMEAを改善した実践演習セミナー (問題発見 + 問題解決) オンライン
2021/10/25 形骸化したFMEAを改善した実践演習セミナー (問題発見) オンライン
2021/10/26 マルチモーダル情報に基づく人間の内部状態の推定・モデル化 オンライン
2021/10/26 AIを用いた革新的実験計画法 「Multi-Sigma」とその活用 オンライン
2021/10/26 画像認識技術およびディープラーニングの基礎・入門と応用展開 オンライン
2021/10/26 CNNのディープラーニングで飛躍的に進化した顔画像識別技術 オンライン
2021/10/27 機械学習/Deep Learningの画像データ前処理に活用できる画像フィルタリングの基本と最新動向 オンライン
2021/10/27 統計的機械学習モデルの基礎 オンライン
2021/10/27 機械学習の基礎と業務活用のための問題設計 オンライン
2021/10/28 エンジニアのための実験計画法&Excel上で構築可能な人工知能を併用する非線形実験計画法入門 オンライン
2021/10/28 医薬品の外観目視検査における要求品質の明確化と異物低減対策 オンライン
2021/10/28 機械学習による先行技術・技術動向調査と特許実務へのAI利用の現状及び課題・展望 オンライン
2021/10/28 マテリアルズ・インフォマティクスにおける機械学習技術の活用 オンライン
2021/10/29 暗黙知の見える化によるカンタン技能伝承セミナー オンライン
2021/10/29 アレニウス式による加速試験の基礎とデータの解析方法 オンライン
2021/10/29 形骸化したFMEAを改善した実践演習セミナー (問題解決) オンライン
2021/10/29 管理図 オンライン
2021/11/2 自動車の自動運転におけるセンシング技術と移動物追跡技術 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/7/30 マテリアルズインフォマティクスのためのデータ作成とその解析、応用事例
2021/6/30 人工知能を用いた五感・認知機能の可視化とメカニズム解明
2020/11/6 QC工程表・作業手順書の作り方
2020/8/11 化学・素材業界におけるデジタルトランスフォーメーションの最新調査レポート
2020/7/31 生体情報センシングと人の状態推定への応用
2020/4/30 生体情報計測による感情の可視化技術
2020/3/24 リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -
2019/8/30 ヒューマンエラーの発生要因と削減・再発防止策
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/5/31 “人工知能”の導入による生産性、効率性の向上、新製品開発への活用
2015/10/22 FMEA・DRBFMの基礎と効果的実践手法
2013/8/29 長期信頼性・高耐久性を得るための接着/接合における試験評価技術と寿命予測
2013/6/21 機械学習によるパターン識別と画像認識への応用
2013/6/3 プラスチックのタフニングと強度設計
2013/2/1 患者情報の安全管理と法的にみた診療記録のあり方
2013/1/31 ヒューマンエラー対策 事例集
2010/10/28 薬物動態(「ヘ」項)試験におけるデータ・試験の信頼性確保・保証とQC・QA手法/タイミング
2006/3/10 信頼性抜取り試験・加速試験とデータ解析
1998/6/15 電子機器・部品の複合加速試験と信頼性評価技術
1993/4/1 はんだ接続の高信頼性化技術とその評価