技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

厄介な分散系を手懐けるコツ

厄介な分散系を手懐けるコツ

~濃厚/非水/多成分系における微粒子/ナノ粒子の分散・凝集制御技術~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、「濃厚系」「非水系」「多成分系」の分散の諸問題の解決のために表面自由エネルギー、SP値・HSP値に基づくぬれ・分散化の考え方、静電反発力および立体反発力による安定化理論をどのように適用すれば問題を解決できるか、基礎から分かりやすく説明いたします。

開催日

  • 2021年8月25日(水) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 微粒子分散に関連する技術者、開発者、研究者
    • 粉体
    • 高分子
    • 塗料
    • インク
    • 機能性材料
    • 接着剤
    • エラストマー
    • 医薬品
    • 化粧品食品
    • サプリメント など

修得知識

  • 溶解度パラメータ/表面エネルギー/酸塩基度の新しい測定法
  • 溶媒/樹脂による粒子表面のぬれ性の考え方と評価例
  • ナノ粒子/濃厚系に適したポリマーブラシによる立体反発安定化作用
  • 分散剤/チキソ剤の最適選択および表面修飾とその評価例

プログラム

 濃厚/非水/多成分系は微粒子分散系の中でもとりわけ厄介ですから、分散・凝集の制御だけとっても一筋縄ではいきません。このような系では、様々な添加剤の溶解性/吸着性、分散液の乾燥性および粒子の表面酸化/イオン溶出の防止などの観点から、たいてい非水溶媒が採用されます。ただ非水濃厚系では、隣接微粒子群間の多体効果のため静電反発安定化は難しく、また粒子間距離も極端に短くなるため、分散剤の選択には一層の注意が欠かせません。厄介な分散系を手懐けるコツは、化合物の溶解度パラメータ (Solubility Parameter、SP) と粒子の分散度パラメータ (Dispersibility Parameter、DP) の活用にありますが、分散・凝集の制御は、SP・DPだけで説明できるほど簡単ではありません。
 そこでSP・DPと表裏一体の関係にある表面張力/表面エネルギーや酸塩基度を加え三本の矢として、トレードオフ関係にある分散剤の吸着性とぬれ性のバランスの取り方、塗布工程における密着性やレベリング性、および表面調整剤やチキソ剤の選択法などについて、基礎から分かりやすく説明します。

  1. 微粒子分散系の調製と課題
    1. 微粒子分散系の調製工程
    2. 濃厚/非水/多成分系における諸課題
  2. HSP・HDP (3D, 4D) の基礎とぬれ性/密着性への活用
    1. 化合物のSPとHansenのSP (3D,4D) の基礎と求め方
      1. 原子団寄与法とソフトウェアHSPiPの利用
      2. 溶解・膨潤法とHansen球/ダブルHansen球の利用
      3. インバースガスクロマトグラフィー (IGC) 法の原理と測定例
    2. 粒子表面のDPとHansenのDP (3D,4D) の基礎と測定法
      1. 多架遠心沈降法によるスクリーニング
      2. IGC法
      3. 低磁場パルスNMR法の原理と測定例
    3. ぬれ性改善のための良溶媒の選択法
      • Hansen距離
      • Teas線図
    4. 密着性/接着性改善のための樹脂の選択と表面修飾法
  3. 表面自由エネルギーの基礎とぬれ性/塗布性への活用
    1. 溶媒の表面張力の基礎と測定法
      1. 表面張力の成分項と測定法
      2. 付着仕事と界面張力
    2. 粒子の表面エネルギーの成分項と測定法
      1. 接触角法
        • 圧縮ペレット法
        • 両面接着テープ法
        • 薄層浸透法
      2. IGC法による成分項と表面不均一性の測定
    3. ぬれの形態とギブスエネルギー
      1. wetting envelopeによる拡張ぬれの評価と溶媒選択
      2. ギブスエネルギーによる浸漬ぬれの評価と表面修飾例
    4. 塗布工程におけるマランゴニ対流とレベリング性の制御
      1. 表面張力に由来する様々な現象
      2. マランゴニ対流とレベリング流動、薄膜エッジ、額縁現象
  4. 静電反発作用と分散剤の立体反発作用による安定化
    1. van der Waals力と有効Hamaker定数
    2. 静電反発作用とDLVO理論
    3. 立体反発作用における浸透圧効果と体積制限効果
    4. 相互作用パラメータによる溶解性の評価と良溶媒の選択
    5. ポリマーブラシによる立体反発安定化
  5. 高分子分散剤の選択指針
    1. 分散剤構造と吸着形態および応用例
      1. ランダム、ブロックおよび櫛型分散剤
      2. 星型分散剤の開発と応用例
      3. 強化静電立体反発型分散剤
    2. 吸着特性と分散剤/粒子表面の酸塩基特性の基礎
      1. 吸着等温線と最適添加量
      2. IGC法による測定と酸塩基相互作用パラメータの応用例
      3. 滴定法による測定 (酸価・アミン価、電荷0点など)
  6. 粒子の表面修飾法と評価例
    1. 界面活性剤の働きと選択指針
      1. HLB値とその求め方
      2. 界面活性剤の吸着形態と分散安定化への応用例
    2. カップリング法による表面修飾とその評価例
    3. グラフト反応法による表面修飾とその評価例
  7. 粒子分散液の流動特性/安定性
    1. 分散液の種類と流動曲線
    2. 動的粘弾性による安定性評価
  8. チキソ剤の働きと選択指針
    1. チキソ剤の働き
    2. 非水系チキソ剤の種類と選択
    3. 水系チキソ剤の種類と選択
  9. まとめ
    • 質疑応答

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,400円 (税別) / 33,440円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 30,400円(税別) / 33,440円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/9/24 細胞培養の基礎と三次元培養法および細胞シート作製法を応用した組織再生研究の現状 オンライン
2021/9/27 押出成形のトラブル対策 Q&A講座 オンライン
2021/9/27 ブリードアウト・ブルーム現象の理解とその制御技術 オンライン
2021/9/27 エポキシ樹脂の基礎、硬化剤との反応および副資材による機能化と耐熱衝撃性評価 オンライン
2021/9/27 ポリ乳酸 (PLA) の最新動向と高性能化 オンライン
2021/9/28 プラスチック・ゴム製品の破壊メカニズム・破面解析・破損対策・寿命予測 オンライン
2021/9/29 シリコーンの構造、物性、選び方、使い方、安全性と法規制対応 オンライン
2021/9/29 複屈折の基礎と制御方法 オンライン
2021/9/30 持続可能な社会を実現するためのプラスチックリサイクル技術総論 オンライン
2021/9/30 高分子延伸の分子配向メカニズムと物性制御、その評価 オンライン
2021/9/30 一日で学ぶポリイミド入門講座 オンライン
2021/9/30 高分子技術者のためのレオロジー入門 オンライン
2021/9/30 天然植物繊維を強化材とする複合材料の基礎と応用 オンライン
2021/9/30 二酸化炭素・二硫化炭素を原料とする高分子材料の合成技術と応用 オンライン
2021/9/30 人工皮革・合成皮革の入門講座 オンライン
2021/10/4 高分子の耐久性向上のための分子設計、劣化度評価と寿命予測 オンライン
2021/10/4 接着制御・メカニズム解析の考え方と分析評価法 オンライン
2021/10/4 プラスチックの基礎から成形加工の実務まで (入門編) オンライン
2021/10/5 銅ナノ粒子の合成とインク・ペースト化、低温焼成化 オンライン
2021/10/5 高分子成形加工技術の基礎とマイクロ・ナノ構造制御への展開 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/7/30 水と機能性ポリマーに関する材料設計、最新応用
2021/5/31 高分子材料の劣化・変色対策
2021/5/31 重合開始剤、硬化剤、架橋剤の選び方、使い方とその事例
2021/4/30 建築・住宅用高分子材料の要求特性とその開発、性能評価
2021/1/29 高分子材料の絶縁破壊・劣化メカニズムとその対策
2020/11/30 高分子の延伸による分子配向・結晶化メカニズムと評価方法
2020/10/30 ポリウレタンを上手に使うための合成・構造制御・トラブル対策及び応用技術
2020/1/31 溶解度パラメータ (SP値・HSP値) の求め方と微粒子の分散安定化への活用術
2020/1/31 添加剤の最適使用法
2019/12/20 高分子の表面処理・改質と接着性向上
2019/10/31 UV硬化技術の基礎と硬化不良対策
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2018/3/19 射出成形機〔2018年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2018/3/18 射出成形機〔2018年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2018/2/28 顔料分散の基礎講座
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集